« S.H.フィギュアーツ カズマ | トップページ | Robot魂 エルガイムMk-2 »

2011年1月27日 (木)

Robot魂 デスティニーガンダム

今年のロボ魂一発目はおなじみSide−MSと新勢力Side−HMからのリリース。
Side−MSからは、作品タイトルの一部を関しているにもかかわらず主役機の座を追われた悲しき機体、デスティニーガンダムでございます。

いかにもロボ魂らしい落としこみ方で仕上げられたこのアイテム、不満点もそりゃありますがおおむね納得の出来に落ち着いたのは
やっぱりストフリの後のデスティニーだからなんでしょうかね。

 

パッケージ

1_32_33_3

パケはロボ魂おなじみのタイプ。
デフォルトでスタンドが付属しているってのはホントいいですねぇ・・・。

 

ZGMF-X42S デスティニーガンダム

4_25_2

BBは別としても、1/100・HG・MG・MIAと様々な立体化が試みられてきた機体だけに、プロポーションや
フォルムについては各個のイメージとそぐわない部分もあるかもしれませんが、個人的にはアリなほうです。

背中の荷物で重心はやや後方。足首の可動が優秀なので、腰と膝でしっかりバランスとってやれば倒れることはまずないかと。

6_27_28

可動部位は首三重・肩二重・上腕ロール・肘・手首・腹・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首二重・爪先
特筆すべきはほぼ真上まで向ける首の可動と、HGダブルオーに近い仕組みで可動性に優れた足首。
反面、スカートアーマーを取り付けるボール軸受けの阻害もあって、せっかく前後スイング軸まで仕込んだ股関節が
あまり動かないのがにんともかんとも・・・踏ん張りがきいたポーズがとれないのはちょっと辛いかも。

Photo_3

背中の羽は根元と前後の二点可動。開くも閉じるも全手動。
アロンダイトと長距離ビーム砲のマウント部もバックパックから二箇所ボール可動のアームでつながっており、
それぞれ使用部位に動かす際のストレスはなし。ミゾにはめ込む形で固定するので、ひっくり返しても振っても
乗せたものがポロリしないのは非常にありがたいところです。

01_42_4

差し替え手首はパルマ兼用平手・持ち手・ビームブーメラン用持ち手が左右
付属品は軟質アンテナ・ビームライフル・シールド・ビームシールド・ビームブーメラン用ビーム刃3種・アロンダイト用ビーム刃・光の翼・スタンド
スタンドはおおむね魂Stage Act5と同じもの。おなじみの挟み込み固定ではなく、先端部に
アタッチメントを取り付けて
バックパック下部のミゾにはめ込む形での固定になります。

ビームライフルにはサイトとフォアグリップの可動が備わっており、腰背面の凹に取り付けておくことも出来ます。

3_44_35_3

付属品いろいろポージング。
付属品画像でお察しのとおり、手首の交換の際には篭手パーツも交換。軸が細いので腕に手首を取り付けてから
手首が動かないように支えつつ篭手をはめることをお勧めします。
ビームシールドを篭手に取り付けるときには、裏面から精密ドライバー+など細いもので軸を押し出してやるのが一番いいかと。
ここの軸も細いので、下手に表から爪引っ掛けて外そうとすると軸が折れる可能性があります。
実体シールドは下半分を付け替えることで伸縮を再現しています。
ビームブーメランはビームサーベル兼用ということで、根元に噴出エフェクトを取り付けた後、短い刃をつけてブーメラン、
長い刃をつけてビームサーベルとなります。

左背面の長距離ビーム砲は、伸ばしきった位置でロックがかかったりということがないので、
間接部位で微妙に下に曲がるのがちょっぴり残念ではあります。
アロンダイトはビーム刃を取り付けることで曲がらないように出来るので、ロックがないのは問題なし。

6_3

光の翼をとりつければ、けっこうなボリュームに。
Pet樹脂製のビームシールドと違い、こちらはV2AB同様のクリア素材で出来ています。
・・・まぁ、EBMのヤツと比べちゃいかんのはわかってるんですが、素晴らしい出来のアレの後だけに
せめてラメくらい入れてくれよと思ってしまうのは贅沢でしょうかね・・・。

 
 
 
 

Photo_4

最後はうろ覚えEBMパケっぽい感じで平手のパルマ面を見せつつ〆。
本日はこのあとエルガイムMk-2も予定しております。

ロボ魂もいろいろなSideが増えてきましたが、全体的に高水準のSideもあれば浮き沈みの激しいSideもあるのは
どうなんでしょうかね・・・少なくとも、素人目にもわかるような手抜きはしてほしくないところです。

|

« S.H.フィギュアーツ カズマ | トップページ | Robot魂 エルガイムMk-2 »

コメント

単に事実上の主役交代が起こったことを指しての事なんですけどね。

ウチに限らず、ブログのコメント欄は議論や言い争いを
するための場じゃないので、各々言いたいことは
あるでしょうが程々にしてくださいね。

投稿: ひまじん(管理) | 2011年1月29日 (土) 09時38分

ここにホビーと関係ない話をする君が相当バカですね(^^)

投稿: | 2011年1月29日 (土) 07時01分

いや、ここのレビュー主ってバカだなーと思っただけ

投稿: | 2011年1月29日 (土) 01時22分

ストフリ&キラ信者って何処にでも出てくるんだな

投稿: | 2011年1月29日 (土) 01時22分

いや理解は出来てるよ
監督自身の言葉だしそれが正しいんだろうけどここでそんな事言って何の意味があるの?

投稿: | 2011年1月29日 (土) 01時04分

これで理解できないのなら相当のアホだと思うよ君は

投稿: | 2011年1月28日 (金) 20時05分

何言ってんの?

投稿: | 2011年1月28日 (金) 00時54分

作中で「未来を作るのは運命じゃない」って言われてるんだから、主役じゃなくて当たり前と思うけどな

投稿: | 2011年1月27日 (木) 19時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« S.H.フィギュアーツ カズマ | トップページ | Robot魂 エルガイムMk-2 »