« 武装神姫 ケンタウロス型MMS プロキシマ  テンタクルス型MMS マリーセレス | トップページ | Robot魂 デスティニーガンダム »

2011年1月27日 (木)

S.H.フィギュアーツ カズマ

今年のフィギュアーツは新路線からのスタート。
黒田節全開でファンを魅了したアニメ「スクライド」より、主役カズマが初期アルターバージョンでリリース。
当時は望むべくもなかったフルアクションフィギュアとしての立体化に、第一報は大いに震えたのを覚えています。
当時の熱さを思い返したい方には是非手に取っていただきたいアイテムです。

 

パッケージ

123

パケはおおむねいつもどおりのSHF装丁。
初回生産分にはスタンドに貼るシールが封入された旨記載されたオビがくっ付いています。

45

特典シールはこんな感じ。
アニメのタイトルロゴと台詞5つのうち共通のAとB~Eのうちひとつがプリントされたシールを
魂Stageの土台部分に貼り付ける形となっています。自分のものはAとDでした。

 

カズマ

67

初期バージョンのアルターを発動した状態での立体化。非発動状態への換装は出来ません。
第二形態は本体部分流用だろうから期待はできそう。第三形態はどうなるか・・・出てほしいところですが。

アルター部分はメタリック塗装仕上げ。他部位とは違う仕上げ方が異質感を際立たせています。

080910

可動部位は首三重・首付け根・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首二重・爪先
背中の羽もボールショイント接続で動かしたり取り外したりできるようになっています。
足首の可動と接地性はそこそこに優秀。非ダイキャスト脚部のライダーもこのくらい動けばいいんですがねぇ・・・。

1_22_23_2

すでに見ていただいたものもありますが、付属品はこんな感じ。
差し替え手首は右用・左用とも平手のみ。
差し替えフェイスは叫び顔と食いしばり顔の2種類。
付属品は展開状態の右前腕部と、各ブリッド発動時に羽が砕けてエネルギーが噴出した状態を再現するエフェクトパーツの2つとなっています。
エフェクトパーツもボールジョイント接続。どの羽とも交換できるので、羽の数を調整することで、
衝撃のファースト、撃滅のセカンド、抹殺のラストのいずれも再現できます。

 
 
 
 
 

Photo_2

今年最初の商品の発売直前にクーガー兄貴がシンケン水木共々商店送りという事態で幕を開けた今年のフィギュアーツ。
最近シリーズの中でも目立つキャラをひとつふたつだけ出してあとは商店ってのが多いなぁ・・・。
この手の立体化の機会に恵まれなかった時代が掘り起こされるのはいいことではあるんですがねぇ。

|

« 武装神姫 ケンタウロス型MMS プロキシマ  テンタクルス型MMS マリーセレス | トップページ | Robot魂 デスティニーガンダム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。