« スーパーロボット超合金 シンケンオー | トップページ | D-Arts オメガモン »

2011年2月17日 (木)

HG エクストリームガンダム

今月のHG新作は、絶賛稼働中のACゲーム「機動戦士ガンダム Extreme VS」の最終ステージに登場する
ゲームオリジナルMSエクストリームガンダム。
ゲーム中では砲撃フレームや近接戦フレームを装備して戦うことになっておりますが、HGではまず中の人からリリースとなりました。
それにあわせてプラモオリジナル武装が追加され、単品で十分楽しめるアイテムになっています。

パッケージ

123

パケはHGUCっぽい感じ。初版分にはオマケ封入のシールが貼られています。

4

どういうものかはよく知らないんですが、モバイルサイトに登録してプレイしている人向けの特典がもらえる
シリアルカードが初版特典として封入されています。
箱が開けられるお店でこれだけもっていかれないように、という配慮で、ランナーが入っている袋の中に納まっています。
ついでに封入されているEXVSの紹介チラシには、ガンダム的にはクロスボーンガンダムの作者である長谷川裕一氏のマンガが載っております。

 

エクストリームガンダム

56

全身各所にちりばめられたクリアブルーがなんといっても特徴的。
追加フレームに収まるような変形は出来ないようなので、それはまぁ別の機会に、ということなのでしょう。
ちなみに、後頭部に隠された第二の顔も、アンテナやフタの開閉は出来ないものの中の顔には
カメラアイのモールドが彫られています。

789

可動部位は首二箇所・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・腹・腰・股関節二重・膝二重・足首二箇所
概ね昨今のHGUCと同程度の可動といったところでしょうか。足首はかなりよく動くので接地性も問題なし。

01_22_2

差し替え手首はBR持ち右手と左平手
付属品はギター型ビームライフル、ギターケース型シールド、ビームサーベル
ランナーの配置的にすぐ隣がクリアパーツなんだから、ビームサーベルもクリアパーツの側に含めてあげればいいのに・・・。
ビームライフルはシールドの中に収納することができるようになっています。

3_24_25_2

シールドはグリップと前腕に固定してシールド持ちも可能・・・なんですが、このとき前腕部分のクリアパーツを外さないといけなくて
外したクリアパーツの行き場がないというのが困りもの。シールド裏面のあまり部分にでもセットできればよかったんですがねぇ・・・。
ビームライフルはメイングリップ・フォアグリップ・サイトが可動式。メイングリップの可動は基本的にシールドから取り出すときに
ツマミとして用いる際に使います。もちろんポージングの補助としても使えます。
BR保持用手首との相性については、ピン固定なので問題なし。

 
 
 
 

Photo_2

カルネージフェイズとタキオンフェイズ、けっこうデカい機体となりますが、果たして出る機会はあるんでしょうか・・・?

今月はHGやMGの再販もけっこうあるので、卓上でEXVS他VSシリーズを再現してみるのも一興かと。

|

« スーパーロボット超合金 シンケンオー | トップページ | D-Arts オメガモン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。