« Robot魂 エルガイム | トップページ | MG ガンダムデスサイズヘル(EW) »

2011年2月24日 (木)

Variable Action リューニンジャマスター 爆烈丸

久しぶりとなるメガ家のヴァリアブルアクション新作は、ロードゼファーに引き続き初の立体化商品となる、
リューニンジャ爆烈丸のクラスチェンジ体であるリューニンジャマスター。
初の立体化にも関わらず相変わらずのハイクオリティで攻めてくるあたり、メガ家の恐ろしさが良く分かります。
ロードゼファーは読めてもここまでは読めなかった未知の領域からの一作目、とくとご覧頂きましょう。

 

パッケージ

1_32_44_4

パケは毎度おなじみ初回限定スリーブパッケージ仕様となっております。

 

リューニンジャマスター 爆烈丸

5_46_4

つや消し黒をメインに、随所のメタリックレッドが映える仕上がり。
背面コクピット部のみクリアイエローが使われています。
マフラーはPVC製なので、温めてクセをつけてやるとポージングに勢いが出るかも。

7_38_29

可動部は首三箇所・肩三重・上腕ロール・肘・手首・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首・爪先
足首関節は銀色のアンクルガードの上ではなく中にあるので注意。膝は樽状の膝当ての切り欠き部分の位置と
大腿・脛をあわせてやると大きく曲げられるようになっています。
肩周りはVAリューナイトシリーズおなじみの構造となっています。
手甲部分は引き出し式の軸を備えており、手前側に引き出せるようになっています。得物を持たせることを考えると
肘側にも引き出せたほうが取り回しやすかったのですが・・・。

01_4

差し替え手首は平手と持ち手が左右
付属品は背中にも取り付けられるクナイが二本と忍者刀・闇風に、パールホワイトに手裏剣と鎖鎌のマークをあしらった
毎度おなじみのスタンドが付属しています。
クナイの取り付けは、柄尻を外して背中の穴に通して柄尻をはめ直す、というニンジャ爆烈丸と同じ方式。

ちなみに・・・ニンジャ爆烈丸の持ち手は親指と人差し指がつながっていて、闇風は柄尻や柄が本体から取り外せないので、
指を切り離すかニンマス爆烈丸の手首を色が違うのには目をつぶって使いまわさないとニンジャ爆烈丸は闇風を装備できません。
画像では後者の方法で持たせています。

2_53_44_5

ポージングを少々。
トサカや兜飾り、クナイや闇風の先端部など容赦なく鋭い部分がいくつもあるので取り扱い注意。
・・・なんというか、クラスチェンジ後リューがロードゼファー以外にも出たというだけで十分だというのに
このレベルの出来となればもう感無量という他ありません、というのが正直なところです。

 
 
 
 

Photo_3

リューナイトシリーズからはシャインバラムとルーンナイトシュテルが新作としてアップに入っているほか
OVA「アデューレジェンド」版リューナイトが来月予定となっております。
カイゼルファイヤーやグランゾードといった80~90年代ファンタジーロボ路線を網羅しはじめつつあるVAに
直撃世代としては今後とも頑張って頂きたいところです。

|

« Robot魂 エルガイム | トップページ | MG ガンダムデスサイズヘル(EW) »

コメント

>TOM様

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

特に寒い時期になると、PVCで出来た差し替え手首などは冷えることで僅かながらに固くなり
夏ではスムーズだった差し替え交換もかなりきつく、最悪軸がねじ切れることも。
それに加えてVAリューナイトシリーズはどいつもこいつも手首がかなり固いため
平時でも交換はかなり苦労させられます。
こういうときはドライヤーの熱風を少し浴びせたり火傷や熱変形が起きない程度の熱湯に漬けてやって
柔らかくしてから差し替える、というのが常套手段。
接着剤や塗膜により関節が癒着したときや、一部の好事家にはフィギュアの本来剥けない服パーツを
剥く際にも使える手ですので、一度お試しあれ。

投稿: | 2012年12月 7日 (金) 22時19分

はじめまして。TOMと申します。私も先日ニンジャマスター爆烈丸とルーンナイトシュテルを購入しました。予想以上の出来に満足しています。ただ、持ち手がかたくて外せません。無理矢理引き抜くと折れてしまうんではないかと心配になります。うまく外すコツみたいなものはありますでしょうか?せっかくなので武器を持たせてみたいのです。いきなりの質問でごめんなさいm(_ _)m

投稿: TOM | 2012年12月 7日 (金) 00時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« Robot魂 エルガイム | トップページ | MG ガンダムデスサイズヘル(EW) »