« アニメイト池袋店 figma展に行って来ました | トップページ | MGフィギュアライズ 仮面ライダーアクセル »

2011年3月 3日 (木)

BB戦士 真・豪華 翔烈帝 龍装 劉備ガンダム

バンダイ年度末大攻勢の先鋒を務めるはBB戦士。
昨年8月に紹介した真・豪華 龍装劉備と1月に紹介した翔烈帝龍装劉備の相の子となる、真・豪華 翔烈帝龍装劉備でございます。

大型キット、一軍の大将、BB戦士とくれば思い起こされるのは歴代大将軍。過去のあらゆるプラ装飾技術を駆使して
作成された豪華大将軍にも勝るとも劣らぬ、豪華の冠に恥じない出来となっています。

 

パッケージ

123
45

パケは豪華龍装備と同じサイズ。
側面を見て頂ければお分かりのとおり、イラストはあっても的盧や基本形態用以外の龍輝宝は付属しておりません。

 

翔烈帝 龍装 劉備ガンダム<豪華版> (演者:RX-78ガンダム/フルアーマーガンダム/パーフェクトガンダム)

67

まずは軽装から。
基本的には切り替える目線のシールと脛が翔烈帝仕様になっている点以外豪華龍装劉備と同じなので、
こちらのレビューを参照していただければと思います。

080910

頭部の瞳回転と口の可動ギミックは健在。目線は通常と睨みになっています。
脛部分は組み立ての都合上、新造型の脛のみを取り付け。
フル装備では豪華龍装劉備より重量が増す分を踏まえ、豪華龍装のものよりしっかり固定できる
アクションベース対応アタッチメントを取り付けるために、股関節パーツも若干形状が変化しています。

1_22_2

豪華翔烈帝に用意されている鎧は以上のとおり。
追加バックパックには通常翔烈帝龍装と同じく側面に4箇所ポリ受けが・・・使わないんですけどね。
龍装バックパックの赤マント連動可動ギミックは今回分にも組み込まれています。 

3_24_25_2

一式装備させて翔烈帝へ。
通常版のような多量の金メッキがもたらすゴージャス感は薄らいでおりますが、その分大迫力。
背中の翔龍翼は根元に二箇所可動が仕込まれていまして、翼を収納状態と展開状態に変形させることが
できるようになっています。

89

付属武器は真赤龍翔斬刀と真青龍烈斬刀に天翔龍帝剣。
赤青についてはジョイントパーツを介してバックパックに取り付けておくことも出来ます。
豪華龍装で付属していた鎧展示スタンドは今回分には付属しておりません。

7_29_2

ポージング少々。
肩鎧の龍の装飾は口の開閉と仰角の変更もできるので、基部の角度調整と合わせれば表情付けの幅はかなり広がります。
肩の引き出し軸によって天翔龍帝剣の両手持ちができるというのは、やっぱりいいものです。

Photo

通常版と比較するとこんな感じ。
この巨大なキットがBB武者の1シリーズの締めとして登場するというのは実に久々のこと。
通常翔烈帝と合わせて、三国伝シリーズがどれほど好調なシリーズだったのかというのが良く分かるというものです。

 
 
 
 

Photo_2

あとは通常翔烈帝&天玉鎧とアニメBD-Box付属のキュベレイでおしまい、なんでしょうかね・・・。
旧第三部相当のストーリーはBBWでは取り扱わないようなので、それも仕方ないことなのでしょうか。
07年6月に旧編第一作の劉備・関羽・張飛がリリースされて三年半強、BB戦士の1シリーズとしては
最長期間の展開となったわけですが、その間それまでのバンダイでは考えられない展開を幾度も見せてくれただけに、
終わってしまうのもなんだかさびしいものです・・・。

|

« アニメイト池袋店 figma展に行って来ました | トップページ | MGフィギュアライズ 仮面ライダーアクセル »

コメント

アニメ1年を振り返れば確かに寂しいですね…

投稿: | 2011年3月 9日 (水) 20時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« アニメイト池袋店 figma展に行って来ました | トップページ | MGフィギュアライズ 仮面ライダーアクセル »