« 震災に伴う更新停止 | トップページ | Robot魂 タウバーン »

2011年3月23日 (水)

スーパーロボット超合金 GEAR戦士 電童&騎士GEAR 凰牙

年度末大攻勢は今週末が本番。
その先駆けとして、スーパーロボット超合金より二体のコンビがリリース。
「GEAR戦士 電童」より、主役機電童とライバルでもあり相棒でもある凰牙でございます。

格闘戦主体のロボということもあり可動面には特にこだわって作られているようで、劇中の様々なアクションシーンを再現できるほか、
付属品で再現性を高める工夫が凝らされています。

 

パッケージ

234
56

パケはいつもの集中線の隙間の窓に効果があるのか分からないパッケージ。

 

GEAR戦士 電童

D7D8

四肢のタービンが印象的なこの機体。タービンは回転させることができます。
機体メインカラーであるブルーの部分や胸部の金部分などはメタリック仕上げで良い艶してます。

D09D10D11

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・肘下ロール・手首・胸・腰・股関節三重・膝二重・足首三重
胸・腰には引き出し機構、股関節は下方向へのスライド可動が仕込まれており、可動性がさらに高まるようになっています。
腰の入った気合十分なポージングの要となる股関節はスライド可動と合わせてかなりの柔軟性を持つほか、
すさまじく可動域と接地性に優れる足首可動のおかげで、とにかくポージングが楽しい仕上がりになっています。

D12D19D20

差し替え手首は平手と貫手が左右
付属品はカバー閉じヘッド、差し替え表情、腕部タービン回転エフェクトパーツ、地面衝撃エフェクトパーツ、
展開時用バックパックパーツ、ユニコーンドリル(装着形態)となっています。
バックパックを軽く開いてやるとハイパーデンドーデンチのモールドがしっかり刻まれている側面部が露出するほか、
上面のパーツを差し替えることで閃光雷神撃やファイナルアタックを用いる際のオーバーブースト状態を再現できるようになっています。

D3D4D5

頭部のフェイスカバーについては、造形面での再現性を高めるために差し替えにしたとのこと。
カバー閉じ顔もスリットの奥に目が見えるようになっています。
差し替え表情は劇中でも印象的な食い縛り顔となっています。

D6D7_2D8_2

付属品いろいろポージング。
電童といえばこれ、脛のタービンを接地させて回転力で高速移動するポーズもバッチリ再現可能。
エフェクトパーツが疾走感を演出してくれます。
タービン回転パーツとユニコーンドリルはどちらも前腕部のガードアーム部を利用して位置固定をしているので
片腕に両方装備させることはできません。
ユニコーンドリルにはドリル回転ギミックはありませんのであしからず。

 

騎士GEAR 凰牙

O1O2

凰牙はメインカラーの黒はマット仕上げ。胸部やフェイスカバーのメタリック塗装が一層際立つ対比的なカラーリングとなっています。

O3O4O5

本体部分は同一のものなので、電童と可動面の違いやバックパックのギミックは同じ。
肩アーマーと側頭部のトゲが干渉しやすいので取り扱い注意。

O6
O7O8O9

こちらも差し替え手首は平手と貫手が左右。
付属品はカバー開放頭部、差し替え表情、腕部タービン回転エフェクトパーツ、地面衝撃エフェクトパーツ、展開時用バックパックパーツ、
バイパーウィップ、延長リード線パーツとなっています。
データウェポン以外の付属品構成は電童と同じですが、地面衝撃エフェクトパーツが電童のものとは対象形になっています。
こちらの差し替え表情も食い縛り顔となっています。

O0O1_2O2_2

付属品いろいろポージング。
バイパーウィップはリード線パーツを頭部と本体の間に挟みこむことでファイナルアタックで頭が飛んでいくところを再現可能。
口が開閉するようにもなっています。

・・・そういえば、ユニコーンドリルもバイパーウィップもアルテア戦線離脱以降北斗の持分となっているので、
データウェポン装備的な意味では、北斗と銀河が分かれて搭乗しての共闘を再現しようとすると
電童はデータウェポンを装備できないことに・・・めでたくデータウェポンセットの商店販売が決まったので一安心、でしょうか。

 
 
 
 

Photo

模型誌にてデータウェポンセットの内訳として公開された中には輝刃・フェニックスエール・アカツキの大太刀・雲噛&海槌が入っていないので
こちらも何らかの形でのリリースを期待したいところ。機体的には・・・ベクターゼロ来ますかね?

・・・そういや装備箇所が被るせいでハブられがちなブルホーン、今回のユニコ・バイパーの取り付け方からすると
データウェポンフルバーストアタックの際にはどこにつける事になるんでしょうかねぇ・・・。

|

« 震災に伴う更新停止 | トップページ | Robot魂 タウバーン »

コメント

ご覧頂きありがとうございます。
バイパーはブルに増設アームを取りつけて腕を両側から挟むように装備するみたいですね。
これであとはフェニックスエールが出てくれれば全データウェポン同時装備ができるってもんです。
パーツセットの受注も今日から始まったようですので早速注文しておきました。

投稿: ひまじん(管理) | 2011年3月28日 (月) 22時54分

初めまして!

ブルホーンはヴァイパーにジョイントパーツを

つけることによって同時に腕に装着が可能らしいですよ~

投稿: gundamMk7 | 2011年3月25日 (金) 16時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« 震災に伴う更新停止 | トップページ | Robot魂 タウバーン »