« Robot魂 タウバーン | トップページ | S.H.フィギュアーツ シンケンゴールド »

2011年3月24日 (木)

Ultra Act ウルトラマンティガ&キリエロイド

久しぶりのウルトラアクトからは、ウルトラマンティガ勢連続リリースの一発目として、ティガの基本形態マルチタイプと
敵役にキリエロイドがリリースとなりました。
さすがに人型となればかなりの数をこなしているだけあって、どちらも可動面は優秀。劇中の激闘を
早速再現できるという、うれしい二体リリースとなっています。

 

パッケージ・オマケ

1_32_33_3
4_35_36_3

パケはいつものウルアク装丁。

Photo_2
282930

今回はティガ勢連続リリース・UMNガッツウィング一号発売記念として、先着購入特典にウルアクと同縮尺の
ガッツウィング一号が外付け特典としてもらえるようになっています。
オマケながら上面の塗装はかなりのもの。底面は無塗装ですが。
底面の穴に支柱の凸を差し込んで、魂Stageで展示することもできるようになっています。

 

ウルトラマンティガ マルチタイプ

T8T9

さすがにシリーズの中核たるウルトラマンだけあって、造形や可動は従来どおりの安心の出来。

T0T1T2

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首・爪先
初代マンから順当にリリースを続けてきたウルトラマン系。可動面はそのままに安定感が増していくのは
技術蓄積の賜物、といったところでしょうか。

T3T4

差し替え手首は平手・貫手2種・握手右手・ハンドスラッシュ右手
付属品は赤カラータイマー・ゼペリオン光線エフェクトパーツ・ウルトラシールドエフェクトパーツ&スタンドとなっています。
光線エフェクトと手首がついに完全分離となりまして、ブレスレットの要領で前腕に取り付ける形になります。

T5T6T7

付属品いろいろポージング。
ウルトラシールドはPet樹脂製のシートに虹色のグラデーションがかかっておりイメージを損なわない出来になっています。

T

握手手首と初代マンを用意すれば、劇中で一度だけ共闘した後の握手シーンを再現できるようになっています。
他の手首が銀色のウルトラ兄弟とも共用できそう。

 

キリエロイド

K19K20

さすがの星人系、ザムシャー同様に各部の造形にはかなり気合が入っています。

K1K2K3

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首・爪先
可動部位は概ねウルトラ系と同じですが、各部が太いのと骨のような装甲の形状の都合もあり
若干肘膝の可動域が狭まっているのは仕方がないとして、肩の可動軸部にボールジョイント接続されている
肩アーマーの可動に遊びがあまり取られていないので、肩を大きく動かすと肩アーマーが外れてしまうのが
ちょっと困りどころではあります。

K4K5K6

差し替え手首は表情違いの平手が左右と獄炎弾発射右手の3つ。
このほかの付属品は一切ございません。
シンプルな構成ですが、そこはアクション性でカバー、といったところでしょうか。

・・・でもティガより定価高いんですよね・・・本体に金かかってるんでしょうな。

 
 
 
 

Photo_3

来月にはティガ・スカイとティガダークがリリース予定で、これにも先着特典が付くとのこと。
続くリリースにはレオなどが決まっており、順当なリリース頻度は継続されるようです。
(3/24 23:05追記:2chウルトラ玩具スレにてタロウとレオ勘違いしてるんじゃね?との指摘を頂いたので、情報再確認の上修正。ご指摘ありがとうございます)

|

« Robot魂 タウバーン | トップページ | S.H.フィギュアーツ シンケンゴールド »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。