« D-Arts エックス | トップページ | SIC極魂 仮面ライダーアギト グランドフォーム »

2011年4月27日 (水)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーNew電王 トリロジーVer

4月週刊フィギュアーツの〆として、フィギュアーツのブランド確立間もない頃に受注販売を行っていたNew電王が
各部の改修とトリロジーEp.Blueでの装備を加えたVer.2としてリリース。
昨今のアーツ技術を盛り込んで柔軟かつダイナミックに遊べるアイテムとなったほか、各種付属品で
さらに遊び心地を盛り上げてくれるようになっています。

 

パッケージ

1_22_23_2

パケはいつものアーツ装丁・・・なんですが、オーズの連発もあってか、なんか久しぶりな気がします。

 

仮面ライダーNew電王

4_25

両肩の翼状のアーマーとつりあがった電仮面が特徴的なNew電王。
パケによるとグリッドスキャンアイというそうですが、電仮面の目の部分は内部にキラシールのような加工がされていて
モールド複眼とはまた違ったテカリ方を見せてくれます。
肩の翼状アーマーは、外側にあるほうは胸側の付け根部分で可動します。動かなくても腕の可動に
さほど影響はしないのですが、腕を真上に振り上げたり大上段でマチェーテディを構えたりする時には役に立つかと。

6_27_28_2

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
股関節には下方向への引き出し軸あり。
足首は手首と似たような構造になっており、接地性は良好。この足首関節もっと使えばいいのに・・・特にオーズとか。

09_210_211_2
12_213_214

差替え手首は平手と持ち手が左右に、右だけキンタオノ保持用と指パッチンの手が付属
付属品はライダーパス・マチェーテディ・キンタオノ・ウラタザオ・デンガッシャーソードモード・マチェーテディホルダー・
デンガッシャーなしホルダー左右となっています。

マチェーテディホルダーは背中に縦に走っている線路と差替えで装着。マチェーテディ固定部はボールジョイント接続になっています。
マチェーテディには特段ギミックなし。口の開閉もできないようです 開閉できるようになってるという話があったので
もう一度見直してみたら、テディ頭部の下側ではなく上側が上下にスライド可動するようになっていました。(4/28 17:36訂正)
デンガッシャーは分解・ソードとも、劇中ろくに使ってないからと割り切ったのか、本体部分は無塗装・・・どうなのよこれ・・・。
キンタオノは柄が太すぎて保持用手首でもロクに保持できないので、肩に担ぐか両手で支えて持たせてやるしかないかと。
ウラタザオは釣り針が自由可動になっているので、分解して染色した釣り糸を結びつけてEp.Blue劇中にて
ムチのように振るって敵を打ち据えるシーンを再現するのも面白いかも。

 
 
 

Photo_3

オーズ敵方2名の受注が現時点ではまだ受付中のようなので、こちらもお忘れの無いようお気をつけください。
来月は555ブラスターとタジャドルがリリース予定。フィギュアーツもだいぶ先まで予定が立っているようなので
随時リリースを楽しみに待つとしましょう。

|

« D-Arts エックス | トップページ | SIC極魂 仮面ライダーアギト グランドフォーム »

コメント

なかなかいいですね。
古い方どうしよう…

投稿: | 2011年4月27日 (水) 22時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« D-Arts エックス | トップページ | SIC極魂 仮面ライダーアギト グランドフォーム »