« Metal Build ダブルオーガンダム セブンソード | トップページ | Robot魂 レーバテイン »

2011年4月 7日 (木)

S.I.C. Vol.57 仮面ライダーW サイクロンジョーカー

4月もバンダイは毎週新商品リリースというすさまじい大攻勢なわけですが、その一発目は先月からずれ込んだSIC。
公開中のライダー劇場版でも出番のあるWが、エクストリームへの換装はもとより、なかなか再現の機会に恵まれなかった
サイクロンジョーカーの必殺技「ジョーカーエクストリーム」も再現できるという、なかなかに太っ腹なアイテムとなっています。

 

パッケージ

12
345

パケは黒メインに緑と紫のラインが走る、CJカラーのパッケージ。
来月のヒートメタル&ルナトリガーセットはさらに色味が増すのでしょうな。

 

仮面ライダーW サイクロンジョーカー/サイクロンジョーカーエクストリーム

67

イマジネイティヴ分はさほど強くはないのですが、それでも右肩の竜巻をイメージしたレリーフや
明らかにオーバーサイズなマフラーにイマジネイティヴが感じられます。
マフラーはストロンガー・タックルのものと同様、可動軸付きジョイントで接続されています。

080910

可動部位は首2箇所・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・腹・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
CJXともどもブレスレットとアンクレットの形状的な問題で若干手首・足首の可動が制限されるほかは
SICとしては優秀な可動となっています。
股関節回りはカブト勢やキバ勢同様に関節隠しに軟質素材を用いて可動の阻害にならないようになっています。

1_2

差し替え手首はCJX用持ち手・平手・変身他ポーズ手が左右に、表情違いのポーズ手が左右に付属。
付属品はサイクロン・ジョーカー・ヒート・ルナ・プリズムのメモリとエクストリームメモリ(鳥形態)となっています。
画像ではサイクロンとジョーカーのメモリは本体のドライバーに装填してあるので省略しています。

2_23_24_2

ダブルドライバーにはメモリ装填と左右への展開をギミックとして搭載。
右腰のマキシマクスロットにメモリを装填することもできます。

5_26_28

ポージング少々。
可動もいい感じの仕上がりなので、グリグリ動かして楽しめるのはいいことです。
また、詳しくは後ほど触れますがスタンドも付属しているので、単品で空中ポーズも決められるのは実にありがたいことです。

1920

必殺技「ジョーカーエクストリーム」再現のためには、徹底的に本体をバラしてから再現用半分胴体パーツに付け直すことに。
頭部・胸部中央・背部中央・腰中央・ベルト(マキシマムスロット以外)・胸部内部パーツ・腰部内部パーツが余剰として残ります。

1_3

スタンドに専用アタッチメントを取り付けて半分胴体を取り付けてやれば、ジョーカーエクストリームの再現となります。
アタッチメントの取り付け角度を変えてやれば別れ具合を調整することもできます。

2223

中身超きめぇ!な切断面と付属スタンド。
スタンドは挟み込み式アタッチメントとジョーカーエクストリーム用アタッチメントの差し替え式。
アタッチメント部以外はロボ魂デスティニーに入っているのと同じものです。

X4X5

CJXへの換装は、胸内部パーツと腰内部パーツにCJX用各種パーツを取り付け。
ぶっちゃけた話、肩の関節隠しパーツとマキシマムスロットを気にしないのであれば、CJXと必殺技真っ最中のCJを両方作れることになります。
エクストリームメモリについては、EXメモリ装填用ダブルドライバーに鳥形態の後ろ半分を分解して装填することに。
鳥形態からメモリ形態への変形はできないようになっています。
本体をCJのままCJX状態のドライバーに付け替えてやれば、分け目に手をかけて中身を出すシーンの再現もできます。

X6X7

SICではお約束な肩アーマー巨大化のほかは概ねそのまんまなCJX。
センター部クリスタルサーバーは光にかざすと七色に偏光反射するステキ仕様となっています。

X8X9

可動面はいい面も悪い面もCJから変化なし。
肩アーマーは大きくなりましたが、跳ね上げられるのであまり邪魔にはなりません。

X0X1X2

プリズムビッカーはこれまたSICのお約束でかなりの大型化。
抜刀・納刀も再現可能で、プリズムソードは根元部分が透明クリアで先のほうが黄緑クリア、X字の装飾にも
クリア素材を使っているなどかなり豪華な仕上がりになっています。

X3

プリズムソードの柄尻とビッカーシールドの4箇所にあるスロットに付属メモリをそれぞれ装填可能となっています。
他のメモリスロットともども、はまり具合は若干きつかったりゆるかったりが激しいので、適宜調整してやるか
いっそ装填は手元でいじるときに限るのが宜しいかと。

X5_2X6_2

ポージング少々。
やはりというかなんというか、ビッカーシールドがけっこうな重量で、関節は耐えられるのですが
重量を踏まえたポーズにしないと倒れやすいのが気になるところ。
そんなときのためにスタンドを使いたい・・・ところですが、付属スタンドに余剰パーツを集結させて作った
ジョーカーエクストリームをセットしてあると結局使えないんですよね・・・。

 
 
 
 

Photo

再来月には早速ヒートメタル&ルナトリガーセットが出るということで、組み換えで基本9形態は全て再現できるようになります。
あとはFJ、CJGX、CAXあたりはどうするのか・・・アクセル三形態やエターナル二形態なんかも
どうリリースしてくるのか気になるところです。

|

« Metal Build ダブルオーガンダム セブンソード | トップページ | Robot魂 レーバテイン »

コメント

×間接
○関節
日本語は正確に。

投稿: | 2011年4月11日 (月) 19時27分

( ゚∀゚)o彡°DANMEN!DANMEN!

投稿: | 2011年4月 9日 (土) 07時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« Metal Build ダブルオーガンダム セブンソード | トップページ | Robot魂 レーバテイン »