« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ | トップページ | コンポジットVer.Ka 蜃気楼 »

2011年5月26日 (木)

GARO極魂 暗黒騎士 キバ

久方ぶり(といっても弾は少ないのですが)のGARO極魂より、TVシリーズ1期の敵方であり鋼牙・零両名にとって
因縁の相手でもある暗黒騎士キバ。

E&P譲りの脅威のディティールとSIC極魂譲りの小さいながらもフレキシブルな可動、そしてGARO極魂伝統の
あとちょっと足りない感を備えた、相変わらず出来のいい一品となっています。

 

パッケージ

1_42_3

パケはいつもの極魂装丁ですが、マント装着しての封入ということもあり、従来の極魂の2倍近い奥行きがあります。

 

暗黒騎士 キバ

3_34_25_2

本家譲りの微細ディティールは今作も健在。スタイルとカラーリングが「悪役」にピッタリ。
マントは背中のプレートに直刺し。開いた穴を埋めるような飾りはありません。
マントの一番下の来る部分は直立させても地面に付くくらいの位置にあるので、マント装着時は転倒防止も兼ねて
両足とマント裾の三点設置で安定させてやるのがいいでしょう。

6_27_28_2

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重
大腿装甲部と腰との干渉により、脚部全体を大きく振り上げてのポージングはできません。
また、足首関節は極魂おなじみの可動軸関節なんですが、靴側が垂直に刺さる構造なので、
前後に振るか左右に振るかの二択のみ。
どうして斜めに差し込まなかった・・・踝の部分にトゲの造形があるから無理、ってんならボールジョイントで良かったのでは・・・?

09_210_211

差替え手首は平手と持ち手が左右
付属品は暗黒斬(ポールアックス)と黒炎剣に、最初に紹介したマントとなっています。
武器はどちらも、刃部分と柄部分を分離させて持ち手の穴に通すようになっています。
黒炎剣の保持はそこそこですが、暗黒斬に対しては微妙。刃部分を体側に傾くように持たせてやると安定します。

 
 
 
 

Photo_2

来月にはお待ちかねの轟天がスタンバイ。フィギュア王誌上通販のガロ大河Verにしか斬馬剣が付かないのか?と思いきや
轟天にも付属するということで、買い逃した方も一安心といったところ。

それよりも何よりも・・・TVシリーズ2期決定とは!
1期ではE&Pというラインナップとクオリティの双方で凄まじいまでの反響を読んだシリーズを生んだだけに、
2期でも勝ち馬に乗ったリリース展開をして欲しいものです。今度こそ銀牙いけるか・・・!?

|

« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ | トップページ | コンポジットVer.Ka 蜃気楼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。