« 完全変形 VF-19 改 ファイヤーバルキリー | トップページ | 超合金 ホイホイさん »

2011年5月19日 (木)

Robot魂 ガンダムアヴァランチエクシア

今月のロボ魂は久方ぶりのOO1期関連より、OOMSVの先駆け的存在であるアヴァランチエクシア。

柔軟な可動性と豊富な武装で近接格闘機としての魅力を存分に感じられるとともに、発売済みの素エクシアや
エクシアR2などと並べて発展の系譜を机上再現するという楽しみ方も得られるアイテムとなっています。

なお、HG版アヴァランチエクシアダッシュが装着していた脚部ダッシュユニットは付属しませんので、その点はお間違いなく。

 

パッケージ

1_22_23_2

パケはいつものロボ魂装丁。

 

GN-001/hs-A01 ガンダムアヴァランチエクシア

4_25_2
67

上半身は全域にわたりアヴァランチユニットに覆われるものの、脚部は脹脛の追加ブースターだけというトップヘビー体型。
肩後ろと背面にセブンソード7本全てをマウントしておくことができるようになっています。
なお、GNソードは右、GNブレイドマウントは左の背面ジョイントにしか取りつけ出来ないようになっているのでご注意を。

080910

可動部は首2箇所・肩2箇所・上腕ロール・肘二重・手首・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首二重
PG版OOライザー以外の刹那搭乗機同様、可動性はかなりのもの。
背部ユニットとリアスカートが軟質素材のケーブルで繋がっている都合上腰や胸の可動がやや制限されるのと
前腕部追加武装で肘可動にも若干制限がかかるのがちょっとだけ残念。

1_3
2_33_34_3

差替え手首は持ち手と平手が左右
付属品はGNソード・GNショートブレイド・GNロングブレイド・GNビームサーベル4本・GNシールド・ブレイドジョイント・
ビーム刃長短2本ずつ・軟質素材アンテナ・魂Stage対応アタッチメントとなっています。
肩アーマーのブースターユニットは根元にボールジョイントを備えているほか、装甲下部を可動させて
排出口を露出させるギミックを備えております。
背面ユニットには肩アーマーとの干渉を避けるため、根元のGNドライブのところで左右に振れるように
なっているほか、マウントラック部自体も後方に可動するようになっています。

5_36_27_2

ポージング少々。
前腕部追加装備の都合でGNソードを持たせた時の配置が素エクシアやR2と違いますが、もうこれは仕方のないこと。
手首の保持力と前腕部の軸受けの2箇所でしっかり保持させることができます。

 
 
 
 
 

Photo_2

ロボ魂注目の新ラインナップは・・・ドラっすか・・・いやまぁ確かにロボだけどさ。
他にもようやく登場のSide Yoroi先鋒ダン・オブ・サーズディとエールストライクがリリース予定に入っております。
また、ストライク用のランチャー&ソードパックセットが商店売りになりましたが・・・サンライズパース専用対艦刀って・・・
どんだけバカ(いい意味で)なんだ一体!?

|

« 完全変形 VF-19 改 ファイヤーバルキリー | トップページ | 超合金 ホイホイさん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。