« S.H.フィギュアーツ シャドームーン&キュアサンシャイン | トップページ | S,I,C Vol.58 仮面ライダーW ヒートメタル&ルナトリガー »

2011年6月 9日 (木)

BB戦士No.366 ウイングガンダム(EW)

三国伝以来久方ぶりとなる通常ラインのBB戦士として、MGでも最近大プッシュしているガンダムWより
EW版ウイングガンダム通称アーリーウイングが登場となりました。

アーリーウイングといえばとにかくカラフルという印象ですが、BB戦士ながらもパーツとシールでかなりのレベルまで
彩色を再現しており、さらに今作以後採用予定となる新型ポリキャップにより上半身の可動性が向上、
そしていかにもBB戦士なギミックも搭載しており、注目点の数多いキットとなっております。

 

パッケージ

2_2
3_24_25_2

パケ絵はここ最近MGが先にリリースされているMSのBB化では恒例の、MG版パケ絵のBBアレンジとなっています。

1_2

そしてこれが新型ポリキャップ。
一番上が肘+手首、2・3段目左が肩、2段目右が首、3段目右が腰、4~6段目が上腕・股関節・足首に
配置されることとなります。

 

XXXG-01W ウイングガンダム(EW)

6_27

BB戦士の小さなボディでありながら、成型色とシールだけでここまでカラーリングを再現。
この色分けも今だからできることですね。  ・・・キング2世今更出せとは言わないけど。

080910

可動部位は首二重・肩二重・上腕・肘・手首・腰二重・股関節・足首
下半身は三国伝とほぼ同等の可動性ですが、上半身については、首の二重可動・肩の引き出し軸・
肘と手首両方ポリ関節化という新たな可能性を引き出す新ポリキャップのポテンシャルを感じられます。

1112

付属品はバスターライフル・シールド・エネルギーカードリッジ(ホルダー付)2個・スタンド。
スタンドは攻城戦セットに付属していたスタンドと同型のもので、先端部を差し替えることでMSモードと
バードモード両方に対応できるようになっています。

3_34_3

上半身の動きが向上していることもあって、ポージングの幅もまた広がっています。
昔のBBからじゃ考えられないほどに進化してますなぁ・・・。

5_36_3

バードモードへの変形はこんな感じ。
取り外すことになるシールドのアタッチメントは腕に取り付けてしまえば余剰になりません。
最後にライフルとシールドを組み合わせたパーツを後頭部に取り付ければ完成。

7_289

バードモードだからといって特段ギミックはなし。まぁ寝るだけ変形なので・・・。
スタンドのお陰で浮かせての展示も可能となっています。

02_3

BB戦士オリジナルギミックとして、グリップを90度倒したバスターライフルを芯にシールドとウイングを取り付けた
バスターソード形態への組み換えが可能。
いかにもBBらしい大味さがなんだか久しぶりに感じられます。

 
 
 
 
 

Photo_2

新型ポリキャップ導入で、今後さらに可動性の向上が予想されるBB戦士。
手を加えなくてもBB戦士がこれだけ動いてくれるとは、いい世の中になったもんです。

|

« S.H.フィギュアーツ シャドームーン&キュアサンシャイン | トップページ | S,I,C Vol.58 仮面ライダーW ヒートメタル&ルナトリガー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。