« Robot魂 コダール | トップページ | Variable Action リューチーフ シャインバラム »

2011年6月23日 (木)

GARO極魂 魔戒馬 轟天

E&Pですさまじい迫力と圧倒的ボリューム感を見せ付けてくれたガロの愛馬轟天がついにGARO極魂にも
極魂ブランド史上現時点で最大級のボリュームにて登場となりました。

模型誌上通販だった大河ガロに斬馬剣が付属していたため本品ではどうなるかというところに一時期疑問が集まりましたが
結局は「オリジナルとは違うデザイナーカラーVerが付くよ!」ということで大河ガロ買い逃した人も安心ということに。

それでは四半期末攻勢第四弾、とくとご覧あれ。

 

パッケージ

1_72_8

極魂にしては大きめサイズのキバを横に2個並べたくらいの、現時点で極魂最大級サイズのパッケージ。
針金固定が古き良きSIC・E&Pを思い起こさせます。

 

魔戒馬 轟天

1_82_93_8
4_85_86_6

極魂といえばSIC・E&Pをそのままダウンサイジングしたかのような緻密なディティールが最大のウリですが
この轟天でもそれは健在。
さすがに頭部の冠を外したりというギミックはなくなりましたが、クリア成型の鬣と尻尾の艶やかさと
ディティールの両立や各部余すところなく込められた意匠は驚嘆の一言に尽きます。
手綱は軟質素材ではなく縒り糸で出来ています。
前足付け根の上あたりに、E&P同様に翼人ガロ付属の翼を取り付けるための穴が開いています。

・・・あとはこれで関節がまともだったら言うことなかったんですけどね・・・。

09_310_311_2

両足とも付け根から4箇所で可動し、首も胴側と頭側両方の付け根部分にボールジョイントあり。口も開閉します。
・・・四肢すべて生まれたばかりの小鹿のごとくに関節保持力が貧弱なのは、個体差なんですよね?
ご覧頂いた皆様のお手元には関節が丈夫な轟天が届くことをを願うばかりです。

12

とはいえ、がんばれば跳ね足二足立ち(尻尾使って三点接地)は可能なレベルの保持力はあります。

3_94_9

付属品は牙狼斬馬剣 Artist Color Editionのみ。
黒基調のオリジナルカラーに対し、こちらは金基調のカラーリング。
黄金騎士が黄金の魔戒馬に乗って振るう、ということをイメージして色を金に寄せたんでしょうかね?
オリジナルカラーだったら斬馬剣目当てに大河ガロ買った人から苦情が来るから?そうかもしれません・・・。

 
 
 
 

Photo_6

あとは翼人ガロがリリースされてGARO極魂もひと段落、といったところでしょうかね。さすがに心滅は出ないだろうし・・・。
あとはフィギュアーツ大河ガロの受注開始を待ちつつ、TVシリーズ第二期に合わせてどんな商品展開をしてくるのか
期待するとしましょうか。

|

« Robot魂 コダール | トップページ | Variable Action リューチーフ シャインバラム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。