« D-Arts ベルゼブモン | トップページ | Robot魂 コダール »

2011年6月23日 (木)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバース&ツナシ・タクト

四半期末ラッシュレビュー第二弾はフィギュアーツより、オーズの相棒バースと「Star Driver 導きのタクト」主役である
ツナシ・タクトがゼロ時間内で愛機タウバーンに乗り込む際の銀河美少年コスVerのご紹介。

バースは毎度おなじみライダー系らしい堅実的な作りとCLAWs装備を踏まえてか新規造形ライダーとしては
久々となるダイキャスト足首で安定感もバッチリ。
タクトはロボ魂タウバーンをお持ちの方や原作ファンにはちょうどいいファンアイテムとして仕上がり充分なアイテムになっています。

 

パッケージ

1_32_33_3
4_35_36_2

バースのパケは黒メインに緑のアクセント。オーズと同装丁ですが名称欄がリセプタクルオーブを模っています。
タクトのパケはカラフルさが特徴。間違っちゃいないんだけど、颯爽登場が先のほうが・・・。

 

仮面ライダーバース

7_28_2

全身各所のリセプタクルオーブやバックル中央部はクリア成型。意匠も細かくかなり手が込んでいることが伺えます。

091011

可動部位は首二箇所・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
久方ぶりのダイキャスト足首の安定感は昔からのフィギュアーツ収集家ならご存知の通り。
可動を阻害する要素もないのでぐりぐりいじって楽しめます。

2_43_44_4

差し替え手首は平手と持ち手が左右
付属品はUフラッシャー(複眼部)発光頭部とバースバスターとなっています。
バックル部分は取り外せますが・・・中央部分の中身はベルト側に造形されているのではずせるのはガワ部分だけです。

5_46_37_3

バースバスターはセルバレットポットを三箇所に差し替え可能。
差込部はT字型になっているので向きを間違える心配もなし。
持ち手との相性もいいというのがまたうれしいところ。

 

Photo_2

 
 
 
 

ツナシ・タクト

1920

まさに貴公子、銀河美少年!といった鮮やかな姿。
肩の飾りは襟元にボールジョイント接続。
大きく広がるコートは軟質素材製で、腰の固定部分で大きく広げることができるようになっています。

1_42_53_5

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首三重・腰・股関節・大腿ロール二箇所・膝二重・足首三重・爪先
股関節の構造はライダー系を踏襲してもよかった気がしますが・・・大腿部については赤銅色の
装甲部の中にもロール軸があり、股関節側のロールが形状的に大きく動かせない分のフォローが出来るようになっています。
腕を動かすときに肩の飾りを外さないように注意したいところ。

4_55_56_4
7_48_3

差し替え手首は平手・貫手・持ち手が左右に「綺羅星!」右手
差し替え表情は叫びと笑い
付属品としてスターソード・エムロード、スターソード・サフィール、剣(抜刀不可)、スタンドが付属。
スタンドはロボ魂タウバーンと同じ赤クリアの星型土台となっています。

「綺羅星!」右手はまぁファンサービスというやつでしょうな。
スターソードはロボ魂タウバーンと同じくクリア成型。持ち手との相性は良好そのもの。
可動面も総じて悪くなく、タウバーンとポーズをシンクロさせて飾って雰囲気増量、という手も充分可能です。

 

Photo_3

 
 
 
 
 

Photo_4

ちなみに今週はパーマン一号も出ます。
バースについてはCLAWsの受注を本日時点で受付中なので、購入を検討されている方はお忘れなきようお気を付けください。

それはともかく、模型誌からのリリース情報がまた凄い事になってるようですね・・・毎月末こんなじゃ予算工面が辛いっす・・・。

|

« D-Arts ベルゼブモン | トップページ | Robot魂 コダール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。