« 超合金魂 宇宙大帝ゴッドシグマ その1 | トップページ | SIC極魂 仮面ライダーアギト トリニティフォーム »

2011年7月29日 (金)

超合金魂 宇宙大帝ゴッドシグマ その2

金魂ゴッドシグマのレビューその2は、合体工程とゴッドシグマのご紹介。
前編はこちらからご覧ください。

 

シグマフォーメーション!

というわけでここからは合体工程の紹介。まずは空雷王から。

K1_2K2_2K3_2

まずは肩を根元から上にえいやっと持ち上げて内部の拡幅パーツを引き出したら腕だけ位置を戻し、
足をアキレス腱の可動部で後方に動かしたら足内部のゴッドシグマ前腕部を取り外し、脹脛にある
脱落防止スイッチを押しながら各部内部フレームを引き抜きます。
ショルダーロッドと頭部の干渉を避けるため、頭は真横を向けておくとやりやすいかと。

K4_2K5_2

脚部を外側に開きつつ持ち上げ脇腹の溝に大腿部をはめ込み、膝関節部のフックで腰裏と接続。
空雷王前腕部に拳を引き出したゴッドシグマ前腕部をはめ込んだら空雷王の合体準備完了となります。

1_42_33_3

足担当はまったく同じ構成なのでまとめて紹介。
まず両足をくっつけてロックをかけたら、手首を全て握りに交換します。しなくても出来るかもしれませんが。
腕全体を外側にまっすぐ開いたら、大腿側面・腰側面・脇腹の順番にカバーを開き、出来た空間に
肩の根元ごと腕全体を動かし埋め込み、腰と大腿側面のカバーを閉じます。
肘が少しでも曲がっていると腰部分のカバーがしまりにくくなるので、きちんとまっすぐになっているか確認しておくといいでしょう。

4_35_36_3

上半身を押し込み大腿部を脛内に完全に収納したら、背中のジョイントカバーを持ち上げ、
胸部カバーを開いて、うなじの部分にある可動軸(合体後の膝関節)を少し浮かせて胸内部のジョイントカバーを引き出し
胸カバーを閉じて前後のジョイントカバーで頭部を挟み込んだら脚部の合体準備完了。
最初のうちは首基部の可動軸がそうとう硬いので、胸内部のジョイントカバーを引き出すのにちょっと苦労するかも。

Photo_2

ビッグウィングの変形は至極簡単。
下半分の胸部装甲板と翼部分を繋ぐフレームを伸びきるまで伸ばし、胸部装甲板裏面腰中央にあるロックピンを倒したら
羽をV字になる位置に移動させれば準備完了。

1_52_43_4

脚部担当の頭部+ジョイントカバーを空雷王の脛に差込、ビッグウィングをかぶせて腰側面の前側ロックと
腰後ろの背面ロックをそれぞれかければ合体工程完了となります。
海鳴王を差し込むとき、空雷王の脛側面にあるスリットにしっかりアンテナが通っているかを確認しないと
変な曲がり方をしてしまうことになります。

 

ゴッドシグマ

2_53_54_4

内蔵パーツで拡幅したこともあって、バランスはまずまず整ってると言えるのではないでしょうか。
拳については、後述の見栄え重視用握り拳にすることでふた回りほど大きくなります。
空雷王の足は下に引き抜くだけで簡単に外せる楽チン仕様。完全変形派も見栄え重視派もどっちもイケるクチなのです。

胸部装甲のクリアパーツは、光にあてるとキラキラと反射する加工を内部に施されていて、見た目にかなり綺麗。
コレに惚れ込んで購入を決意したといっても過言じゃありません。

5_46_47_3

可動部位は首・肩二重・肘・手首・股関節・膝・足首
金魂ビッグボディ組をいじり慣れているなら「まぁこんなもんだろうなぁ」と素直に思える脚部可動。
ですが、頭部ブロックがまるまる膝関節になるという発想はなかなかのものです。

8_29

差し替え手首は握り・持ち手・平手が左右
付属品は無双剣と懸架用アタッチメントとなっています。

0_2

懸架用アタッチメントを取り付けて背面ウィングをまっすぐ伸ばし、無双剣をセットしてやれば
無双剣抜刀シーンを再現することができます。

1_6

・・・翼内部への収納なんてできない以上、裏から見るとこんな感じになるんですけどね。
ゴッドシールドは取り外しても外さなくても無双剣はセットできますし、例は少ないながらも披露した
下側からの抜刀も再現できます。

2_66_5

無双剣も空雷剣同様に刀身はメッキ仕上げ。
肩の関節構造と胸回りの構造的な部分でちょっとキツいですが両手持ちもOK。
胸の前で拳を付き合わせるより、振り上げて切りかかるポーズのほうが両手持ちはさせやすいです。

3_64_55_5

ビッグウィング天板のゴッドシールは取り外してグリップを引き出し、手に持たせてやる事が出来るようになっています。
翼の両端に備え付けられたシグマブレストは旧超合金では再現されなかった要素。
設定どおりに一部分離メカの装備を融通することもできますが、どうしても持ち手のサイズの違いから
ユルめの保持となってしまいます。脱落注意。

 
 
 
 
 

2_7

次の金魂は最強なんだから仕方が無い最強ロボ、ダイオージャだそうで。
設定上割と無茶目な変形をするそうですが、これをどう再現していくことなるのかに注目したいところです、

|

« 超合金魂 宇宙大帝ゴッドシグマ その1 | トップページ | SIC極魂 仮面ライダーアギト トリニティフォーム »

コメント

当方1970年代にリアルタイムでマジンガーZ以降の作品に触れてきたものとしては、
「超合金魂」というシリーズは大変ありがたい物です。バンダイ(ポピー)から出ていたものの
リニューアルに限らず、当時販売していたメーカーが倒産してしまった作品までフォローしてくれているのは
私にとっては頭が下がる思いです。バンダイさんには今後も頑張って欲しいですね。
どなたかが仰られている(自己の資産も満足に直せない分際で他社版権の製品に次々と手を出すのは…)
というお気持ちは十分理解できるのですが、私としては「出ない」「入手できない(もしくはし辛い)」
という状況を避ける方を優先したいなぁ、と考えています。
やっぱりガレージキットやマイナーメーカー物と違い入手のし易さは格段の違いがあるのと、
当時品で少年時代に満足していた身としては、現代の技術ではもっと出来のいいものが可能だったとしても
「こんなにスゴくなるの?」という思いの方が勝ってしまいますね。
ダイオージャも期待してますし、タカラトミーさんがやってくれないのなら、是非「エルドランシリーズ」
も検討してみて欲しいと思っています。

投稿: debu105 | 2012年4月27日 (金) 04時16分

うーん
自分も金魂の変形ではツッコむことが多くなったけど
そんだけ前開発者が完成度高いものを出してきた過去があるというか。
変形プロセスの解釈や割り切りっていうのは本当にセンスが問われる部分だから
過去の実績が良過ぎると新商品が思わぬところで叩かれるのは止むを得んでしょうね。^^;

最近はダイモスもそうでしたが
完成度の高いものを出せる今に至っても迷いや葛藤がかなりあるんだと感じますね。
技術が追いついていないところをチカラ技でねじ伏せた変形が最近は特に多いです。
それは他社版権の製品に次々と手を出すというより旧版技術者の心残りの憑依だろうと思います。
毎回開発担当の技術レベルを体現したい一心で作っているだけなのでしょう。
だから消費者の意向とズレが生じることもしばしば・・・。
開発ペースが慌しければアニメを把握しきれずに出すものも多いでしょうし。

バンダイには腰を据えて消費者の意向リサーチもじっくりやってもらいたいですね。
コンバトラーのリニューアル見ても分かるようにバンダイ自身も心残りと技術進化を理解してる会社でしょうから。

投稿: むねむね | 2011年8月15日 (月) 02時06分

>えびとろあなご蒸し 様
いつもご覧頂ありがとうございます。

愛があるからこその手厳しい意見ですね。やれることは可能な限りぶち込んでやってほしい、というのはPGでもそうですが
私も感じるところではありますので、共感できます。

よそ様のに手を出す、というのは結局パイの取り合いにしかならんのですよね・・・かといって住み分ければいいものが出るかというと
必ずしもそうでもない、というのが消費者側からすればもどかしいところです。

投稿: ひまじん(管理) | 2011年8月 4日 (木) 22時45分

 相変わらずの金魂テイストには言葉もないですね。何が不満かって言うと主にビッグウイングの翼の処理です。
 後ろも前も同じというのは変です。上面にあたる背面側の翼辺は真っ平らな上に平型のブースターが付いているはずなんですよ。翼端も合体後を意識しすぎて「飛行メカ」である事が全然無視されている。お得意の見栄え用パーツ処理で対応すれば良かったと思うのですが。

 それと胸部プロテクター部分の赤いパーツの傾斜が逆orz ここはむしろ旧超合金の方が良く出来ていたと思います。本体部分の出来がまあいい(特に足ロボに限る)のでいくら本来の設計にないパーツだったからと言ってこれでは余計にやっつけ感が漂いますorz

 相変わらず進化してるんだか退化してるんだか判らない変形解釈ですね…対象年齢高めなんだからRGガンダム並みの極薄素材を使うなりして再現が出来なかったものでしょうかね? ぶっちゃけ言えば空雷王の脚部の処理も不満なんですが。

 自己の資産も満足に直せない分際で他社版権の製品に次々と手を出すのは間違っていると思います。まず、自己資産の錬成、それが出来もしないうちからガレキメーカーみたいに他社資産に手を出すのは製品化権の独占行為と変わりません。

投稿: えびとろあなご蒸し | 2011年8月 3日 (水) 19時07分

>むねむね 様
当サイトをご覧頂ありがとうございます。

ゴッドマーズの場合はシン・ラーを突き刺すためにスフィンクスが偏平足というか筒足という割り切ったデザインでしたからねぇ。
空雷王はしっかりとした脚部で陸海を受け止めることになる以上、足を処理するにはこうせざるを得なかったんでしょうなぁ・・・。

合体することによってガタイに大きな差が出る以上、合体前後共通のパーツがどちらでもバランスよく、というのは
これまた難しい問題でしょうな。あとはイメージやデザインの問題もあるでしょうしね。
やはりあれか、ブライシンクロン理論しか・・・!?

投稿: ひまじん(管理) | 2011年7月31日 (日) 20時15分

超合金魂ダルタニアスの頃からレビュー見て購入の参考にしてます。
このレビューを見ると分かりやすいように空雷王の足首が合体時に収納できないんですよね。
ゴッドマーズみたいなスマート合体を期待したのですが、なかなか難しいようです。
後ろ姿が旧超合金と似てるのは懐かしいんですが、残念な箇所でもあります。
それと海鳴王のアンテナが合体時にヒヤッとしそうです。
空雷王の足をセットしたビッグウィングはガウォークみたいで可愛いです。

ダルタニアスの時も頭や肩のパーツそのままで何とか体裁を保てなかったかと感じましたが
なるべくなら差し替えなしでプロポーション完結できるほうが
超合金魂の名を冠すに相応しいと思いました。

トンデモ合体で有名なダイオージャとかアルベガスに期待します。^^

投稿: むねむね | 2011年7月31日 (日) 06時43分

>たあ坊 様
当サイトをご覧頂きありがとうございます。
 
そう言って頂けると励みになります。今後とも宜しくお願いします。

投稿: ひまじん(管理) | 2011年7月30日 (土) 00時24分

いつも速いレビュー、ありがとうございます。

地方なので、予約していても、商品が届くのが遅いので、

いつも こちらのレビューを見ては、

商品が届くまでの落ち着かない気持ちを、なごませております(笑)

投稿: たあ坊 | 2011年7月29日 (金) 16時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« 超合金魂 宇宙大帝ゴッドシグマ その1 | トップページ | SIC極魂 仮面ライダーアギト トリニティフォーム »