« BRS The Game限定版同梱figma ホワイト・ロック・シューター | トップページ | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカイザ »

2011年8月26日 (金)

S.I.C. Vol.59 仮面ライダーW ファングジョーカー & 仮面ライダースカル

夏の終わりの大攻勢レビューの最後は、SICよりWのファングジョーカーとスカルのビギンズナイトセット。
安心安定のW素体をベースとして、ファングジョーカーには流用だからこそ出来るギミックを、スカルには
スカルクリスタルへの換装を備えており、シリーズで揃えて楽しいだけでなくこの一品だけでも楽しいアイテムとなっています。

 

パッケージオマケ

1_52_53_5

今回はシック、というよりハードボイルドな色合いのパッケージ。

4_55_56_5

共用のオマケアイテムとしては、デンデンセンサーとアタッシュケースが付属。
デンデンセンサーにはギジメモリの挿入と、一部差し替えによるガジェットモードとライブモードの変形機能あり。
アタッシュケースを開くと、Wが用いる6本のメモリとバックルのみのダブルドライバー(展開ギミックなし)を収納可能。
このケースに収納するために、わざわざC・H・L・J・M・Tのメモリ6本が付属しております。

 

仮面ライダーW ファングジョーカー

7_48_3

FJ特有のツンツンフォルムは、SICにしては比較的大人し目のイマジネイティブに収まっているかと。
もっとトゲっちく攻めてくると思ってたんですがねぇ・・・。 

09_210_211

可動面は基本的に既存のW2商品と同じですが、股関節可動についてのみ、大腿部のトゲが臀部と干渉し
スポスポ抜けてしまうのが気になって仕方ないところ。

2_63_64_6

差し替え手首は平手・持ち手・構えが左右に指差し右手
付属品は組み替え用半分ヘッド左右、組み替え用FJ型半分アンテナ、J側用通常型半分アンテナ、組み替え用頭部の芯、
ショルダーセイバー、アームセイバー、マキシマムセイバー、手持ち用ショルダーセイバー、
ファングメモリ(ライブ&メモリ)、ジョーカーメモリ(2本目)
となっています。
ファングメモリのメモリモードには差込状態から差込後の状態への変形とツノのノッキングのギミックがありますが、
ライブモードは非可動モデルとなっています。
なお、本体はHM・LTセット準拠の芯にパーツをはめこむ形となっているため、従来のW同様分解可能。
つまり左半身のトゲっちさは損なわれますが、ファングメタル・ファングトリガーが作れるわけですよ・・・!

5_66_6
7_58_49_2

付属品いろいろポージング。
セイバー各種はそれぞれ発生部位のパーツと差し替え。そのため手首や足首が根元の可動部から取り外せるようになっています。
ちなみに、各セイバーパーツは全てダイキャスト製となっています。

 

仮面ライダースカル/スカルクリスタル

0_21_6

胸周りの逞しさが目立つスカル。マフラーの巨大化はもはやお約束の域。
マフラーはストロンガー&タックルやCJと同じ可動構造での取り付けとなっています。

2_73_74_7

可動部・可動域はCJに準じるので割愛。
違いとしては、マフラーの都合で顎との干渉がある角度があるくらいでしょうかね。

5_76_77_6
8_59_3

差し替え手首は持ち手・平手・ポーズ手2種が左右に指差し右手
付属品はクリスタル頭部、ギミック付胸部、スカルマグナム、スカルキックエフェクト、スカルメモリ、
帽子(傷アリ・ナシの2種。色移り帽子用のキャップ付)となっています。
ロストドライバー及びスカルマグナムにはスカルメモリの装填及び可動ギミックあり。
クリスタル頭部・展開ギミック胸部・スカルキックエフェクトにより劇場版2度目の出演での活躍を再現することもできちゃうのです。
帽子についてはSHFスカルクリスタルと同様の処理にて色移りを防止してますが、そもそも頭の形と
色移り防止キャップの型が合っていない為頭に乗せても安定しないという重大な欠点が・・・。

 
 
 
 

Photo_3

最後は師弟揃ってお前の罪を数えろ!ってな感じで〆。
この後は昭和連発にてスカイライダーとスーパー1がリリース予定。一方で先日より魂売りにて幽汽が換装ギミック付で受注開始。
一般で昭和ライダー補完計画、商店売りでサブライダー・敵ライダーの拡充という路線で今後は暫く行くことになるんでしょうかね?

|

« BRS The Game限定版同梱figma ホワイト・ロック・シューター | トップページ | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカイザ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。