« SIC極魂 仮面ライダーアギト トリニティフォーム | トップページ | S.H.フィギュアーツ キュアムーンライト »

2011年8月 4日 (木)

Ultra Act ウルトラマンティガ パワータイプ

ウルアクのティガ大攻勢もついにこれでラスト、というところでしょうか。
殿を務めますはティガ3形態最後のひとつ、パワフルファイトのパワータイプ。
力強さを出すために、わざわざ使いまわしではなく若干マッシヴなボディを新規に作り起こすという拘り様は
ウルアクへの意気込みの表れとも言えるのではないでしょうか。

お約束の必殺エフェクトも盛りだくさんの内容、ご覧頂きましょう。

 

パッケージ

2_23_24_2

パケはいつものウルアク装丁。
赤銀のオーソドックスなカラーリングのウルトラマンを見るのもなんだかすごい久しぶりな感じがします。

 

ウルトラマンティガ パワータイプ

5_26_2

肉付きがよくなってマッシヴ感溢れるボディ。さすがはパワータイプと名乗るだけのことはあります。

7_289

可動部位は首二箇所・肩・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首
可動面では概ねマルチ他と変わりませんが、胸板が厚くなったせいでゼペリオン光線構えで
左手が右肘まで届かない・・・ここは痛し痒しといったところ。

01_2
2_33_34_3

差し替え手首は平手と抜き手が左右で左にだけ開き手が付属
付属品はゼペリオン光線エフェクト、デラシウム光流掴みエフェクト、デラシウム光流発射エフェクト、赤カラータイマーとなっています。
光流掴みエフェクトからエフェクト部分だけ取り除くのは無理。どうしてもやるなら接着剥がすしかなさそうです。

 
 
 

Photo_2

どうやらガイアV2だけでなくアグルV2も、そしてジャンボットにミラーナイトも発売が決定という
ウルトラファンにはたまらないラインナップが相変わらず続くウルアク。
今月にはゴルザが到着予定でもあり、ティガ展示にいいアクセントとなってくれることでしょう。

ジャンボットはいずれ変形する仕様のも出してくれるよね・・・?

|

« SIC極魂 仮面ライダーアギト トリニティフォーム | トップページ | S.H.フィギュアーツ キュアムーンライト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。