« コトブキヤプラキット ゼロ(Ver.RZ) | トップページ | S.H.フィギュアーツ バーナビー・ブルックス・Jr&ゴーカイブルー »

2011年10月21日 (金)

DX超合金 VF-25F メサイア(早乙女アルト機) リニューアルVer

DX超合金 VF-25がアルト機・オズマ機の同時リリースで発売されたのが3年前、08年3月でございました。
そのときのコレから3年、VF-27、YF-29を経てそして今VF-25メサイアが再び帰ってきました。

大好評・絶賛の呼び声高いYF-29デュランダルをベースとした再設計により、酷い言い方をしてしまうと
3年前のアレは何だったのかというほどに劇的進化を遂げております。
この3年でのバンダイ産マクロストイの進化具合が一番よく分かる機体ではないかと思われるこの一品、とくとご覧あれ。

なお、ご覧頂くにあたってお手元のYF-29現物をご参考頂くと分かりやすいかと思いますが、VF-25旧Verを引き合いに出すと
悲しいことになるので、控えたほうが無難かと思われます。

※注意※
リニューアルにあたり、旧メサイア対応のスーパー・アーマード・トルネードパックはスリムになりすぎた
ボディに対応できず、使用できなくなりました。
どうやら魂Web商店で受注販売するそうなので、情報収集を欠かさないようにしましょう。

 

パッケージ

1_82_8
3_84_75_8

パケのサイズはYF-29と同じサイズ。パケ裏記載の通り、今回も揺れると不安なスタンドが付属しております。

 

スタンド・付属品

6_67_48_3

本体組み込み以外の付属品は、おなじみのスタンドのほか、平手・貫手・持ち手が左右。
また、ボーナスアイテムとしてEXギア装着状態のアルト君が付属しています。
ポーズとパケ裏の紹介画像から察するに、TV版最終決戦にてクランとルカが牽引してきたVF-25を
遠隔操縦してるときのシーンをイメージしてるんだと思いますが、説明書記載のアルト君の来歴は劇場版なんですよね・・・。
ちなみに無色クリアの土台とリード線で接続して浮かせて展示するようになっています。

 

VF-25F メサイア (早乙女アルト機)

F1F2F3
F4F5F6

ファイター6面図はざっとこんな感じ。
ガンポッドの懸架はYF-29同様前腕部でグリップを挟み込む形での固定になります。

F

こんなに薄くなっちゃいました。

F6F7F8

ファイター形態で活用できるのがこのギミックたち。
コクピット開閉、後部座席の展開、エアインテーク蓋脱着の3つでございます。
パイスー姿のアルト君も当然付属しておりますよ。

F

もちろんガンポットを懸架したままスタンドへの設置もOK。スタンドはYF-29付属のものと全く同じです。

 

そしてここからガウォークへの変形。

Fg1Fg2Fg3

機首と両脛のランディングギアを収納したら、主翼の付け根を持ち上げて、脛外側側面のハッチをあけて脚部尾翼を収納します。
そしたら大腿部中央と膝を思いっきり逆関節方向に曲げて、膝下の伸縮部を伸ばし、足首を引き出して足を開きます。

Fg31Fg32

ここで翼を戻せば逆噴射ブレーキ等でおなじみの足だけ展開状態。

Fg4Fg5Fg6

尾部のシールドとガンポッドを取り外し、エアインテークの上あたりにある脚部と主翼基部を繋いでいるロックを
下方向に外して下半身と天板を分離させたら、天板内部から両腕を引き出します。
すると腕があった場所から支持アームが出てくるので、これを引き出します。

Fg7Fg8

エアインテーク上のロックをもう一度かけなおしたら、支持アームを股間部の穴に差し入れて天板を固定。
主翼を水平位置に戻したら、腕の形を整えて変形完了。

G0G1G2

無装備状態のガウォークはこんな感じ。
天板支持アームの途中にあるフックにガンポッドを固定することができるようになっています。
YF-29にもあった機能ですが、ガンポッドのグリップに伸縮ギミックがあり破損の恐れがあるからか、
固定方法が若干異なっています。

G3G4

盾とガンポッドを装備した、おなじみのガウォーク。
今回は膝上のロール軸が保持力十分で、YF-29の問題点のひとつであった、自重で潰れる愛嬌は
無くなってしまいました。いや嬉しいことなんですけどね。
また、天板支持アームの保持力もかなりのもの。力をかけて天板を押し込んでもびくともしません。
これならアーマードパックの重い荷物もサポートアームなしで保持できそうです。

G5G6

正面と側面から見るとこんな感じに収まります。
これだけハの字に開いてしっかり自立できると、やっぱりガウォークは締まりますね。

 

そしてここからバトロイドへの変形。

Gb1Gb2Gb3

主翼と天板尾翼を折りたたんだら、主翼基部を上向きに折り曲げ。ちなみに主翼は三段階固定となっていて、完全展開と
収納状態の真ん中あたりで一度固定されるようになっています。
続いて、天板支持アームを外したらインテーク上のロックを外し、足をまっすぐにします。
なお、膝上の回転軸を回すときには、膝周りの装甲部と大腿の装甲部が干渉することがあるので、
鳥足から足をまっすぐに戻すときは必ず膝上のロールをまっすぐにしてから膝下の伸縮を縮めるようにしましょう。

Gb4Gb5

機首ランディングギアのハッチをあけたら、その隙間めがけて機首先端を折り込み、コクピット後部と下の回転軸を動かして
上下に分割します。

Gb6Gb7_2Gb8

頭部を引き出すスペースを確保するため、天板を下ろしたら肩根元パーツも折り曲げます。
そしたら、頭部を持ってまず機体後方へスライドさせてから引き上げて首基部を露出させます。
この工程もYF-29同様、下側から指を突っ込んで胸部装甲板の裏にあるヒンジを押し込んでやるとスムーズにいきます。 
頭部が引き出せたら胸部を機首に被せて頭部の向きと機銃の向きを整えて、下半身を折り曲げて
足付け根にあるロックを本体側に突き刺して固定すれば変形完了。
下半身のロック部周囲の構造はYF-29と同様になっています。

B1_2B2

バトロイドになると、全体的にかなりスリムになり、劇中スタイルにさらに近くなったことがよく分かります。

B7B8B9

可動部位は首2箇所・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・五指付け根・腰(ロック解除後)・股関節・
大腿中間部・膝上ロール・膝・足首・爪先・踵
変形機構として使う部分も含めて、YF-29同様柔軟な可動ができます。
バトロイドとしての可動性は旧版とはかなり違っています。

B0B1_3B2_2

本体組み込みの付属品はシールド・ナイフ・ガンポッドの3つ。
ナイフはシールドへの収納、ガンポッドには銃身装甲を開いての放射冷却状態にすることもできるようになっています。

 
 
 
 
 

Photo

アルト機ダブル芸子立ちで〆と参りましょう。
年始にはオズマ機リニューアルバージョンがリリース予定ですが、アーマードパックをどう出すかが確定しない限りは
購入は見送るかも・・・やっぱりオズマ機はアーマードパック背負ってないと様にならないと思うので、ね。

しかし、まさかリニューアル版なんてのが今更になって出るとはなぁ・・・。

|

« コトブキヤプラキット ゼロ(Ver.RZ) | トップページ | S.H.フィギュアーツ バーナビー・ブルックス・Jr&ゴーカイブルー »

コメント

>エアウォーカー様 YUU様 MMc様
当サイトをご覧頂ありがとう御座います。返答遅くなり申し訳ありません。
 
25リニュが設計上は先に出来ていた、ですか・・・ということはもっと前からリニューアルの予定はあったってことですな。
リニューアルでルカやミシェルの機体は出るんでしょうかねぇ?
 
旧Verとのレビューは・・・絵面が悲しいことになるのであえて避けました。特にガウォークが歴然の差過ぎて・・・。
 
プラモ版は造形面はかなり優れていると当時から評判だったんですが、何分タイトな設計がプラにはきっついところがあるんですよね。
こうしてハイレベルなリニューアルが出たことで、扱いやすい25が手に入るというのはいいことです。お値段はやっぱり問題ですが・・・。

投稿: ひまじん(管理) | 2011年10月27日 (木) 17時01分

おお、変形手順を画像の上から手書きで書いてくれて有難いです。
変形シークエンスを知らなかったもので。
「複雑な変形をするから一種のパズル」と聞いていましたが、慣れるまで大変そうだ。各形態に移行させるにも時間がかかりそうですし。
プラモの方を買うべきか悩んでましたが、こうして見ると出来の良い超合金の方がいいかもしれませんね。最初から組み立て塗装済みですので。
・・・ただ、その分価格が少々高いのが難点、ですね。

投稿: MMc | 2011年10月24日 (月) 00時10分

更新お疲れ様です~
探してたらここを見つけました~
かなりスタイリッシュになったのかな?
旧との比較画像を希望したいところではありますが^^;

私は初期の超合金には手を出さなかった先見が!(当時は金がなかった)
YF-27、YF-29と買っているのでVF25リニューアルはトルネードやアーマードを持っていない私からすれば出してほしいですね。

では来月発売のYF-29スーパーパックのレビューも楽しみにしております~劇場版の”戦闘シーン”よかったよん~

投稿: YUU | 2011年10月22日 (土) 23時17分

またまたレビュー一番乗りですね。YF29をベースにと製品広告には書いてありましたが、実際はリニュ25の設計が先にあって劇場版にあわせてYF29を作ったらしいですね。
YF29のファイターで背中のキャノン砲を納めるためにわざわざ足を1クリック曲げてるあたりを見ると、リニュ25はスーパーパック付けてもYF29と同じ薄さでスマートなパック装備が期待できますね。他のVFはパック装備だと機体下部がこんもりしてましたら。

投稿: エアウォーカー | 2011年10月21日 (金) 09時38分

この記事へのコメントは終了しました。

« コトブキヤプラキット ゼロ(Ver.RZ) | トップページ | S.H.フィギュアーツ バーナビー・ブルックス・Jr&ゴーカイブルー »