« Robot魂 ヴォルケイン | トップページ | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 クライマックスフォーム & ロックバイソン »

2011年11月29日 (火)

D-スタイル ガオガイガー

今月最後のご紹介は、コトブキヤのSDロボプラモシリーズ「D-スタイル」より、発表当時から
その仕様で話題を呼んでいたガオガイガーでございます。

合体後全高10cm程度のボディながら、一部差し替えはあるものの、ギャレオンからガイガーへの変形、
ガイガーへのドリル&ステルスガオー装備、そしてファイナルフュージョンまでこなせるスグレモノ。
組み立ての手間もそれほどかからないイージーキットでもあるので、お手軽に楽しむには丁度いいアイテムになっています。

パッケージ

678

パケサイズは標準的なBB戦士程度でちょっと厚め。
このパケの迫力と魅力を、ぜひスパロボのパケに分けてあげてください・・・。

どうでもいいことですけど、ガイガー・ガオガイガーの額、ギャレオンの目に相当する
緑クリアのランナーが「G」なのは仕込みすぎでしょう・・・。

 

ギャレオン/ガイガー/ガオーマシン

192021

まずはコアロボであるギャレオン。すんごいちんまりしてます。
こんなナリでも前足2箇所後足2箇所に腰と口が動きます。

23

頭・背中・尻尾のパーツを外して、手足をまっすぐにして腰を反転、ガイガー頭とギャレオン頭をそれぞれセットすれば
ガイガーへの変形完了です。

456

ガイがフュージョンしてのガイガーはこんな感じ。なかなかのイケメンさんなのです。
首・肩・肘・腰・股関節・膝が可動。
合体のためにいろいろと犠牲になっているところはありますが、そこは割り切る方向で。

78
2930
12_23_2

ライナーガオー・ドリルガオー・ステルスガオーは特段ギミックもないので一挙紹介。
ライナーの車窓や濃い青色部分、ステルスの赤ライン・GGGマーク・鬣の赤・後述のメット頬ダクト赤は塗装済みとなっています。

4_25_26_2

ステルスガオーとドリルガオーは、ガイガーにドッキングさせることもできるようになっています。
もちろん両方まとめての装着もOK。
股間にフライングベースや魂Stageの軸を直刺しできる穴が開いているので浮遊展示もいけちゃうのです。

 

ファイナルフュージョン/ガオガイガー

というわけで、ここからは本商品最大のウリとなるファイナルフュージョンとガオガイガーをご紹介。

1_22_33_3

ガイガーから腕・ギャレオン頭・足の爪を取り外したら、腕は背中に差し替え、腰を反転、
胸に上げ底パーツをはめてからギャレオンを胸に再度装着。
ライナーガオーを真ん中で分離させたら、上腕を引き出して本体に取り付けます。

4_35_36_3

ドリルガオーを二つに割ったら、ドリルを起こし、つま先を上げ、ガイガー足を差し込みます。
ステルスガオーから前腕部の樽と鬣を外したら、本体は背中、樽は両腕、鬣は肩のスリットに差し込みます。
最後にフェイスカバーとメットを被せてやれば、ファイナルフュージョン完了!
ちなみに、ごらんのようにフェイスカバーとメットは分かれているので、勇者シリーズ最終回恒例の
フェイスカバー割れ状態も再現できちゃいます。

3_44_4

小さいながらもパワフルさをひしひしと感じるボディがたまりませんな。
スパロボの戦闘画面から出てきた、という表現がピッタリの造形バランスです。

5_46_47_2

可動部位は首・肩・肘・肘下ロール・手首・腰・股関節・膝・膝下ロール・足首
足首の可動性がかなりいいだけに、動かないスカートアーマーとの干渉やまっすぐでないとロールできない膝などが
残念な部分ではあります。
合体ギミックのせいか、全体的にタイトな部分があるので、懐具合と技術的な側面を解決できるのであれば
合体ギミックを楽しむ用と、ガオガイガーとして楽しむために手を入れる用と複数買うのもいいかも知れません。

8_2
495051

差し替え手首はプロテクトシェード左手とヘルアンドヘブン組み手
付属品はディバイディングドライバーのみとなっています。
ヘルアンドヘブン発動構えを再現するための平手がないのが悔やまれるところ。
ディバイディングドライバーは、左手首を外して左前腕の凹にピンを差し込んで固定します。
ヘルアンドヘブンの際には鬣を取り外すことに。まぁこのスタイルならば仕方ないでしょうな・・・。

ちなみに、ドリルガオーをガイガーに装備させたりファイナルフュージョンさせたりするのに足首を起こすとき、
形状的な都合から足を脛から引き抜く必要があるのですが、その際取り残される球体ポリの向きを整えるために
白ランナーに用意されている短いプラ棒(上の画像でディバイディングドライバー先端付近にあるやつ)を
切り出しておくのを忘れずに。まぁなくてもペン先とかで何とかできるものではあるのですが。

 
 
 
 

Photo

最後はオーバーロードエフェクトと一緒で〆。
同シリーズにて、変形・ジェイダー分離・メガフュージョン再現ができるキングジェイダーもリリースされるとのことですが、
変形合体可能な仕様のキングジェイダーが出るのは・・・いつ以来なんだろう?こちらも楽しみです。

ちなみに、本日というか本商品発売日から、コトブキヤ実店舗等で本商品発売を記念して、
Dスタイル購入者に購入商品に対応したプリントを土台にあしらったちっちゃいフライングベースをプレゼントしているとのこと。
興味のある方は、この機会に揃えてみるのもいいかもしれませんね。

|

« Robot魂 ヴォルケイン | トップページ | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 クライマックスフォーム & ロックバイソン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。