« スーパーロボット超合金 デカレンジャーロボ | トップページ | Ultra Act ウルトラマンアグル(V2) »

2011年11月21日 (月)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーナイト&ダークウィングセット

ひと月遅れでようやくの登場となりました、SHF龍騎第二弾、仮面ライダーナイト。
前作龍騎に引き続き、お供のダークウィングを伴ってのリリースでかつお値段据え置きとなっています。

龍騎で既に評判を得ていた可動性はもちろんのこと、ダークウィングと絡めて遊べるプレイバリューの高さはピカイチ。
ダークウィングとの合体によるガードベント、翻るマント、そしてファイナルベント飛翔斬の再現と、ナイトの魅力を
余すところなく手に取れるアイテムとなっています。

 

パッケージ

123
45

一般売りSHF最大級の大きさの箱を誇った龍騎を更に厚みで上回った、かなり大きめのパッケージ。
ダークウィングに翻りマントと飛翔斬マントが入ってる都合上、仕方ないんですがね・・・。

 

仮面ライダーナイト

67

シックな色合いとマット仕上げがマッチした、かなりの好表現。
腕のハードポイントが外れやすいのは個体差でしょうかね?ナイト自体には腕のハードポイントを
使用する装備はないので、接着しちゃっても・・・いやでもコピーベント的な遊び方に阻害が出るかも・・・。

080910

可動部位は首2箇所・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
龍騎で高評価を得た可動性はもちろんナイトにも引き継がれており、肩アーマーや前腕アーマーの回転ももちろんそのまま。
・・・まぁダークウィング背負うとのけぞっちゃうのは仕方ないですかね?

アップにすると、スリットの向こうに青の吊り目が見えるのが分かりますでしょうか。
出番の少なかった青目もしっかり再現しています。

1_22_23_2

差し替え手首は平手・開き手・持ち手2種(得物を持たせたときの角度が違います)が左右にアドベントカード持ち右手
背負い物関係以外の付属品は、ダークバイザー・ホルダー・ウィングランサー・ランサー用短い柄・アドベントカード6枚となっています。

ダークバイザーにはもちろん、羽を開いて尻尾を引いてのカードスロット展開ギミックが仕込まれています。
さすがに尻尾を引くと羽が開くギミックまでは仕込めなかったようですが・・・。
ホルダーは左腰のハードポイントと交換で取り付け。
ウィングランサーの短い柄は、折りたたんでダークウィングの尻尾に取り付けるときに使用します。そのまま持たせてもOK。

4_25_26_2

背負い物なしの付属品でポージング。
安定感とポージング幅の両立が計られたダイキャスト足首のおかげもあって、背負い物がなければ
グリグリ自在にポージングが取れてしまうのがいいところ。
長い得物も難なく構えられるので、ポーズ付けも楽しいものです。

7_289_2

そして注目の目玉オプション、ナイトの相棒ダークウィング。
龍騎付属のドラグレッダー同様に気合の入った出来となっておりまして、口の開閉、首2箇所。股関節・膝・足首・
尻尾の付け根の可動・翼は根元の角度付けから4箇所可動、尻尾にウィングランサーの取り付けと
これだけでもけっこう遊べるアイテムになっています。

04_35_3

ダークウィングとの合体の際には、ナイト側は背中のハードポイントを外してジョイントパーツに差し替え、
ウィング側は胸部のパーツを取り外して軸受けを露出させ、これらを繋ぎ合わせる形となります。
さらにダークウィングの本体翼と下半身は下方向に引き抜くことができ、代わりに翻りマントや飛翔斬マントを取り付けることができます。
なお、飛翔斬マントは梱包時点では3パーツに分解されているので、開封後に組み立てることになります。

ナイトに取り付ける背面ジョイントには、魂Stageの軸を差し込める凹が設けられており、付属スタンドを用いて
空中戦や飛翔斬を浮かせての展示と洒落込むことができるようになっています。

111213

まずはダークウィングをそのまま背負った合体から。飛行等での状態として展示できるほか、
翼を胸の前で閉じることでガードベントの再現もできるようになっています。

2122

続いては、ナイトの活躍シーンを思い浮かべると一番出てきてる気がするマント形態。
左右の付け根がボールジョイント接続になっており、表情付けができるようになっています。
また、背面ジョイントには背負ったダークウィングに角度をつけることも出来るのですが、何分重めなので
特にこのマント形態で再現したい方も多いであろう、飛翔斬前フリなどでよくやっていた、低い姿勢でマントを
大きくたなびかせながらダッシュするポーズを再現するのはちょっと厳しいかも・・・。

3132

最後はファイナルベント飛翔斬再現マントを装備。
土台にナイトの紋章が印刷された土台は支柱の差し替えで長さを変えられるようになっており、
地上で立たせるポーズにも、空中戦や飛翔斬にも対応できるようになっています。

 
 
 

Photo

SHF龍騎シリーズ、残念ながらモンスター付属でのリリースは現時点では龍騎とナイトだけのようで、
続く王蛇にはベノスネーカーの付属はないとのこと。まぁつけちゃったらジェノサイダーまでいかないと
嘘になっちゃいますからね・・・。
商店売りででも補完されないかなぁ・・・それとも装着変身対応ミラモンセットを探すか・・・?

で、週末開催の魂ネイション2011晩秋でも、SHFは龍騎ブランク・バーナビー黒Ver・Zeroハンコック白Verと
限定販売されるとのこと。前者二つは受注販売もやるそうなので一安心ですな。

|

« スーパーロボット超合金 デカレンジャーロボ | トップページ | Ultra Act ウルトラマンアグル(V2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。