« S.H.モンスターアーツ ゴジラ | トップページ | S.H.フィギュアーツ ゴーカイグリーン »

2011年11月17日 (木)

Ultra Act ミラーナイト

本日のご紹介は特撮トイ祭りということになりそうな本日更新第二弾は、ウルティメイトフォースゼロの体育座り担当、ミラーナイト。

クリアパーツを使ったディフェンスミラーの再現もウリのひとつではありますが、ベリアルにやられて悪しき憎念に
囚われている際の赤目バージョンの再現とそれに欠かせない岩までついた、キャラクター性から来る売り方の方向性を
よく分かっているとしか思えない内容になっています。

 

パッケージ

1_22_23_3

パケはざっとこんな感じ。
体育座りをウリのひとつとしたアクションフィギュアといえば武装神姫を思い出しますが、ここまで体育座りを
全面に押し出したアクションフィギュアはそうそうないのでは・・・?

 

ミラーナイト

4_35_3

濃紺2パターンの銀をメインに、上半身に緑のラインをあしらった独特のカラーリング。
目・胸・両前腕にはクリアパーツが使われています。

6_37_38_2

可動部位は首2箇所・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
オーソドックスなウルトラ可動そのものですが、プロテクター的なものを胴に纏っていないのは久しぶりかな?

09_210_211_2

差し替え手首は平手・貫手・ディフェンスミラー展開用が左右に、指差し左手、ミラーナイフ射出右手、組み手
付属品は赤目フェイス・岩・ディフェンスミラーエフェクトとなっています。
また、グレンファイヤー以降の流れを汲んで、腰のパーツを外して魂Stageの軸を直刺しできるようになっています。

ディフェンスミラーはパッケージ状態では6つのパーツに分解して梱包されております。
星型の先端はかなり鋭いので取り扱い注意。
コンポジットVer.Ka蜃気楼の絶対守護領域やSDX法術士νの魔法エフェクトと違い、組み方はご覧の1パターンでしか
組みたてられないようです。
組み立てると円弧を描く形になるので、しまうときにはバラしたほうがいいかもしれません。

2_33_44_4

付属品でポージング少々。
体育座り姿勢にした赤目ミラーナイトを岩に座らせれば、劇中の「僕を見ないでくれ・・・」シーンを再現可能。
座りの安定性も抜群というあたり、力のいれどころがおかしい気もしますが・・・。
組み立てたディフェンスミラーエフェクトは、ミラー展開用手首から伸びているピンを裏面の穴に差し込んで固定。
ミラー展開用手首は手首の付け根部分とエフェクト部分が接着されており、差し込むときに力をかけ辛い上に
若干斜め上気味に差し込まないといけないのが困りどころ。冬場はドライヤー必須かもしれません。

 
 
 
 

Photo_2

僕は11年11月19日発売なのさ・・・知らなかったかい?といった感じで〆。
これでウルティメイトフォースゼロは来月のジャンボットを残すのみとなりましたが、その前に来週にも
ウルトラマンアグルV2のリリースが控えております。

モンスターアーツ共々、ウルアクには特撮巨大ヒーロートイを牽引していく役目を今後も担っていただきたいものですなぁ。

|

« S.H.モンスターアーツ ゴジラ | トップページ | S.H.フィギュアーツ ゴーカイグリーン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。