« Variable Action ルーンナイト シュテル | トップページ | S.H.フィギュアーツ ゴーカイシルバー »

2011年12月27日 (火)

聖闘士聖衣神話EX アリエス ムウ

今年最後のレビュー最後の品はゴージャスにゴールデンに参りましょう。
進化した神話、聖闘士聖衣神話EXの第三作目、牡羊座ムウが登場となりました。

可動と造形の両方に拘ったEXは初弾サガ・二弾アイオリアとも既存マイスを超える内容となっておりましたが、
今作も期待を裏切らない内容になっており、また12人集めるのも苦にならないことを十分に実感させてくれます。

 

パッケージ

1_62_73_7

パケは前二作同様、スリーブパッケージにお重積み込み梱包となっています。

4_6

スリーブを外すと聖衣箱になっているのも前二作同様。

 

素体

5_56_47_4

素体は多少の見た目を犠牲に可動面に特化したEX素体。
今回は肩アーマーが胴アーマーではなく肩に取り付けとなる都合上、肩と胴の間にあるくびれを
肩アーマーが隠してくれないので、角の位置を調整してやる必要があります。

 

オブジェ

08_209_410_4
11_21213

無印同様に角はスジなしつんつるてんのアニメ版とスジありの原作版の2種類用意されており、
それぞれでオブジェの頭部分の組み方が異なっています。行き場のないはずのメットが尻担当なのも無印版同様。
スジありの角には2箇所回転軸が設けてあります。
腹アーマーを取り付ける腹部に、予備の手甲を取り付けておくことができるようになっています。

 

聖衣装着

4_75_66_5

聖衣フル装備はこんな感じ。
メットを装着させるときには、一度首の軸を引っこ抜いて、メットに収まらない部分の髪を噛ませて首を戻すことになります。
羊の顔面部分が背中で胴アーマーを固定するパーツとなり、マント装着時には差し替えとなるのですが、
マントにもツノを取り付けるボールジョイントが用意されていますので、ツノも付け替えることになります。

マントはEX用のプラ製展開ギミック付のものです。

7_5
181920

差し替え手首は持ち手と平手と開き手が左右
差し替え表情は通常・微笑・閉眼・叫びの4種
差し替え髪はストレート・纏め・広がり、メット装着用前後の4種
付属品はノミ・鎚・手甲2セット・外観重視用角ジョイント1対となっています。

オブジェや背中取り付けに使う羊の顔面が掘り込まれているパーツのツノ取り付け部は、通常であれば
可動部付のボールジョイントが取り付けられていますが、角ジョイントを非可動金メッキのものに差し替えることで
外観をよりゴールデンにすることができるようになっています。
あまり大きく変わるところではないのですが、オブジェで飾る派向けの配慮といったところでしょうか。

1_72_8

付属品でポージング少々。
ノミと鎚は持ち手でしっかり持てるようになっています。
可動性向上や表情パーツのおかげで、様々なポーズがより再現しやすくなっている、というのは本当にいいことです。

 
 
 

Photo_4

ムウがもし両サイドだったら再現厳しかったろうなぁ・・・と思いつつ〆。
開いた穴に当てはまるミロのEX版が4月に発売決定となり、早くもアテナ軍側アテナエクスクラメーションが
EXにて再現できることに。
無印黄金冥衣サガ・シュラ・カミュとEX対決で飾るという壮大な展示方法も、あと少しで再現できるわけですな!

そのほかには、冥王軍からハーピーのバレンタインが名前どおりの2月にリリース。
・・・三巨頭に双子神やハーデスは順当として、LCのOVA化で輝火が出たのはまだ分かるとして、
なぜ今更兵卒クラスの冥王軍から?というところではありますが、まぁ出せるところはあらかた出たので
敵役の充実、といった感じなんでしょうかね?

|

« Variable Action ルーンナイト シュテル | トップページ | S.H.フィギュアーツ ゴーカイシルバー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。