« スーパーロボット超合金 ソーラーアクエリオン | トップページ | D-Arts イザナギ(P4) »

2011年12月27日 (火)

S,H,フィギュアーツ 仮面ライダー王蛇

きっと本年最後のレビュー一発目は、SHF龍騎シリーズ第三弾、王蛇。

さすがに三作連続でのミラモンセットとはいかなかったのか、今回はライダーのみでのリリースとなっています。
・・・まぁこの人の場合ヘビだけで済ませても文句は出ますし、サイとエイまでくっついたら凄いことになりますしね・・・。
龍騎・ナイトに比べると内容量的なボリューム不足は否めませんが、可動性でも造形面でも評価の高い
龍騎シリーズそのものの魅力を感じ取れる一品となっています。

 

パッケージ

123

パケは従来通りの装丁。名前部分は紫の箔押しになっています。

 

仮面ライダー王蛇

45

紫色が苦手なウチのカメラですが、概ね現物どおりの色が出ているかと。
胴アーマーは胸から背中まですっぽり包んでることもあり、腕を動かすときに上にズレることがありますが、
そんなときは下方向にかちっと鳴るまで動かしてやることで正位置に戻してやることが出来ます。
各ハードポイント部が龍騎・ナイトに比べて外れなくなっているのはイライラしないグッドポイントかと。

678

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
足首は龍騎・ナイト同様にオーソドックスな形状のダイキャスト関節となっていますが、安心と信頼の龍騎素体だけあって可動性は実に良好。
(12/27 19:52 2chSHFスレで指摘受け一部記載修正。ご指摘ありがとうございます)

091011

差し替え手首は平手が右4種左2種、持ち手が左右2種(得物を持たせる角度が違います)・カード持ち手左右
付属品はベノバイザー・ベノサーベル・アドベントカード5種6枚となっています。
右平手のうち、人差し指と中指を突き出してる平手は、伸ばした指にアドベントカードを持たせてやることも出来ます。
ベノバイザーはカードスロット部がスライド可動してカードを収めるギミックの再現が出来ます。
龍騎・ナイトと同じくバックルのカードデッキもスライドで取り外し可能です。

 

2_23_24_2

付属品でポージング少々。
王蛇の魅力をさらに引き出すとなるとやはりお供のベノやジェノが欲しいところですが、
龍騎・ナイトと絡めたり、装着ミラモンからお供を流用してやることで十分補完できるかと。
単体でも、付属品は少ないながら可動で魅せるタイプの面白さが感じられます。

 
 
 

Photo

来年は1月に早くもフォーゼがオプションセット2種類を伴って、フィギュアーツにキター!
2月にはスカイライダーとスカイハイさんがスタンバイ、3月にはフォーゼのエレキステイツ、
その後もFire祭と称してフォーゼ・ファイヤーステイツ、スーパーシンケンレッド、ゾルダが
控えるという充実のラインナップ。
来年のフィギュアーツも凄いことになりそうですな!

|

« スーパーロボット超合金 ソーラーアクエリオン | トップページ | D-Arts イザナギ(P4) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。