« D-Arts イザナギ(P4) | トップページ | 聖闘士聖衣神話EX アリエス ムウ »

2011年12月27日 (火)

Variable Action ルーンナイト シュテル

久々のヴァリアブルアクションのご紹介は、今回もマスプロ初立体化。
TV作中では最終話だけしか出番ってなかったんじゃなかったっけ?という、最後の最後に現れた最強の助っ人、
ダークナイトからルーンナイトへクラスチェンジしたシュテルがついに登場となりました。

ちょっと難点はあるものの、相変わらずのメガ家クオリティは健在。ファン感涙の仕上がりとなっています。

 

パッケージ

1_42_53_5

パケは毎度おなじみ無色プラ箱に初版スリーブパッケージ。
マント装着のまま梱包されている上肩アーマーが横に広いので、全体的にかなり箱は大きめです。

4_4

スリーブを外したパケはこんな感じになります。

 

ルーンナイト シュテル

5_36_37_3

今回はメタリックカラーの使用がほとんど無く、全体的に非常に落ち着いたカラーリング。
首筋から背中に伸びるマントは固定。強引に接着剥がしでもしない限り外せません。
マントが結構重いので、床に直接立たせるときは踵を軽く立ててやると安定します。
背面内部のコクピット部と足首にクリアパーツが使われています。

0809_310_3

可動部位は首三重・肩三重・上腕ロール・肘・手首・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首・踵
マントが首筋を覆っている都合で首がほぼ動かせず、足を振り上げるとスカートアーマーと腹がぶつかるという
デザイン上の可動制約がもったいないところ。他の部位に関しては他のVAリューナイトシリーズ同様よく動いてくれます。

1_52_6

差し替え手首は平手と持ち手が左右に右に角度付き持ち手
付属品は精霊石の剣・盾・スタンドとなっています。スタンドの仕様はいつものVAリューナイト勢と同じです。

3_64_55_4

付属品でポージング。
出してくれただけで感謝すべきレベルのアイテムである以上、若干の可動性の難は気にすべきところではないのかもしれません。
まぁ思いっきり主役機なカラー・デザインでどんなポーズもサマになってしまうので気にならないんですけどね。

 
 
 
 

Photo_3

VAリューナイトの次作として、リューウィザード・マジドーラが検討されているのだとか。
グランゾードシリーズからもスーパーアクアビート・スーパーウインザードの2体がリリースされそうで、
90年代ファンタジーロボ好きにはたまらないラインナップを来年も用意してきそうです。

|

« D-Arts イザナギ(P4) | トップページ | 聖闘士聖衣神話EX アリエス ムウ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。