« Ultra Act ウルトラマンダイナ フラッシュタイプ | トップページ | Robot魂 アーバレスト ラムダ・ドライバ »

2012年2月23日 (木)

MG ガンダムAGE-1 ノーマル

今月デュエルに続きリリースされたMGは、現在第二章アセム編放送中の「機動戦士ガンダムAGE」より、
ガフランのどてっ腹にビームダガー連打という衝撃デビューが印象深い第一章フリット編の主役機ガンダムAGE-1。
今回はノーマルのみでタイタス・スパローへのウェア換装は備えていませんが、シンプルながらも遊びやすい内容と
フレームレス構造の組みやすさで、手に取りやすい内容となっています。

 

パッケージ

123
45

パケはいつものMG装丁。
フレームレス構造と合わせて、目立たないところにワンポイント的な意匠が施されてるアピールが記載されています。

 

AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル

67

ガンダムおなじみのトリコロールカラーかつシンプルな作り。
なお、「フレームレス構造」などと言ってはいますが、結局のところガワ外してフレームを楽しむというギミックがないだけで
芯となるパーツにガワをかぶせるという構成が主体なのはほぼいつも通りで、フレームレスだから
作業工程が短くなった、と言う風にはあまり感じられなかったですね・・・あくまで私見ですが。
なお、今回は目・額・胸のAマークのところについて、MGヒゲのアイカメラのように銀のシールを貼って
反射でテカらせるという処理をすることもできます。

080910

可動部位は首三重・肩二重・上腕ロール・肘二重・肘下ロール・手首三重・親指2ヶ所・胸・腰・股関節二重・
大腿ロール・膝二重・足首二重・爪先
股関節は前後にスライドする機構が設けられており、可動域の拡張に役立っています。
肩部分については、ボールジョイントを支点とする二重可動構造を胴側に設けており、ドッズライフル正面構えも
難なくこなせるのですが・・・ノーマルと違ってサイズも大きくスパイクやラリアットのギミックの再現で
パーツも多そうなタイタスの腕だと大丈夫かちょっと心配ではあります。

1_22_23_2

本体ギミックとしてはおなじみのコクピットハッチ開閉ギミック搭載。1/100私服フリットのフィギュアもついております。
フレームレスの代わりの見えないオシャレについては、大腿接続部・肩アーマー内側・上腕接続部・
バックパック接続部に施されています。
また、後日のウェア換装を踏まえて、スカートアーマーの着脱も出来るようになっています。

4_25_2

差し換え指はサーベル持ち手・ライフル持ち手・平手の3種
付属品はドッズライフル・シールド・ビーム刃長短2本ずつ・ビームサーベル(サイドスカートに取付)・
スタンド取付アタッチメントとなっています。

ドッズライフルには先端部着脱・通常モードと精密射撃モードのスイッチ・腰後ろへのマウントのギミックが備わっています。
なお、この腰後ろのドッズライフルを取り付けるパーツのすぐ上のパネルは開くことが出来るようになっていますが
ノーマルでは使いようのないギミックなので紹介は割愛。

7_289

付属品でポージング少々。
肩回り・股関節回りともかなり動きが良く、ポージングで困ることはないかと。
ドッズライフルはデスサイズのビームサイズと同じ要領での固定の上、前腕と連結固定できるので保持感抜群。
連結アームとグリップもボールジョイント接続で、手首可動にある程度追従できるスグレモノ。
ビームサーベルも保持力良好というのはありがたいことです。

 
 
 
 

Photo

既にタイタス・スパローの発売も決定しているというAGE-1。続くAGE-2・3も早期リリースとなるのでしょうか?
また、来月には変形機構に伴う組み立て地獄にさらに追加武装まで変形しちゃう地獄を連れて、
ユニコーンガンダム二号機バンシィがリリース。通常版はOVA仕様ですが、プレバン限定で小説版仕様もリリースされるそうです。
両方買ってミキシングする猛者もいるんでしょうね・・・。

|

« Ultra Act ウルトラマンダイナ フラッシュタイプ | トップページ | Robot魂 アーバレスト ラムダ・ドライバ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。