« figma ミルヒオーレ・F・ビスコッティ | トップページ | 超合金 殲滅指令!コンバットさん »

2012年4月26日 (木)

A.G.P. IS ブルー・ティアーズ×セシリア・オルコット

バンダイが一番得意なメカニック部門とバンダイが壊滅的に苦手なオンナノコ部門が奇跡の融合!
コンポジットVer.Kaハルヒロボシリーズの好調を受けての事なのかはわかりませんが、「女の子にメカ武装って素敵じゃね?」という
コンセプトを基に立ち上げられた新ブランド、その名も「Armor Girls Project」略してAGP。

その新ブランド立ち上げ一発目に選ばれたのが、内容とは全く関係ない所で少し前話題となった
「IS インフィニット・ストラトス」より、「チョココロネ」「ちょろいさん」の愛称で知られるセシリア・オルコットと専用IS「ブルー・ティアーズ」。

気が付いたら7年4か月目にして1000万Hit突破の多謝御礼の気持ちを込めつつ、
バンダイの飽くなき挑戦の第一歩となる今作、早速ご覧いただきましょう。

 

パッケージ

1_82_10
3_94_95_9

パケはメタルビルトより一回り小さいくらいのサイズ。
中は見れない構造なので買ってのお楽しみです。

6_7

ですってよ。

 

セシリア・オルコット with IS ブルー・ティアーズ

7_78_69_3

まずは無装備インナースーツ姿から。
特徴的なチョココロネもしっかり再現。

0_21_92_11

可動部位は首三重・肩・上腕ロール・肘・手首三重・胸・腰(内部)・股関節・膝・足首三重
普段からfigmaを触り慣れている人ならさほど違和感なく扱える構造かと。

3_10

生身用の差し替え手首が握り・平手2種・ポーズ・指差しが左右
IS用差し替え手首が握り・平手・開き手・持ち手・指差しが左右
差し換え表情は正面睨みと左目線叫びの2種
ほか、IS装備用頭髪が付属しています。

Photo_4

IS用装備としてスターライトMk.3が付属しております。

そしてここからIS装着へ。

1_10

まずは装備品一式。
あとこれに背中の羽を支えるためのジョントが加わります。

2_123_11

腕は肘関節から抜いて差し替え。
脚部装備は腰から下半身を引き抜いて、膝下が無くて腿の裏に穴が開いている下半身に差し替えて、
膝関節が刺さる穴と腿裏の穴の2ヶ所にピンを通して固定します。

4_105_10

背中の穴にリアアーマーを取り付けたら、そこから生えてる脇下のプレートとサイドスカートを閉じて胴体に密着させます。
※梱包状態ではサイドスカートと基部は分かれています。

6_87_8

リアアーマーに羽パーツ接続兼スタンドジョイントパーツをはめ込み、左右に伸びるジョイントに羽パーツ2種を
左右とも取り付けて、装着完了。
なお、このはめ込むジョイントパーツが、下半身の脱落を防止するストッパーも兼ねています。

2_133_12

フル装備での立ち姿はこんな仕上がりに。
差し換えではありますが、よくもまぁ三次元に落とし込んだものです。

4_115_11

IS腕は肘二重と手首が可動
IS足は膝二重・足首三重・爪先・踵が可動
膝ガードの可動を使うことで立膝も出来てしまう上、足首可動が賞賛レベルの可動性で接地性は文句ナシ。
欲を言えば、かなり動的なアクションポーズを考えると前髪のチョココロネがすごい邪魔なので
チョココロネだけさらに跳ね上がった前髪とか、神話EXミロみたいに左目線に合わせた配置に
チョココロネを移動させた前髪を用意するなどで解決してほしかったなぁ・・・と。

7_9

IS展示用にスタンドが付属。
また、大ウィングに搭載された誘導兵器「ブルー・ティアーズ」を浮遊展示させるためのジョイントパーツと
スターライトMk.3の保持を支援するアームが付属。
スタンド支柱はメタルビルトのものに似た構造でがっちりしているのですが、本体との接続部が
クリック関節でポーズによってば重量に負けて支えられないので、必要に応じて分解してバネを伸ばしたり交換したり
プラ板を噛ませて圧を上昇させたりするなどして対応するのが宜しいかと。
ただしやりすぎると逆に圧に負けて砕ける可能性もあるので程々に。

6_98_79_4

付属品でポージング少々。
スターライトMk.3補助アームは、グリップ先の穴とサイドスカートのランチャー接続アームの穴とを繋いで
ボールジョイントの角度を調整して使います。
BT浮遊展示ジョイントは、大ウィングからBTを引き抜いて、それぞれの接続部にジョイントを取り付けて固定します。

背中の羽支持アームが特にクセの強い可動で、慣れるまでちょっと戸惑うかも。
しかもいじってる間に基部への接続部が抜けることがあるのが困りもの。ここはちょっと加工してもいいかも。
お得意なメカの領分だけに、IS部分の出来は微妙に惜しいところはありますが良好そのものです。

 
 
 
 
 

Photo_5

シリーズは早くも第2弾・第3弾をストライクウィッチーズからリリースするとのこと。
また、商店売りで「イマドキのムスメカ」を題材とした非可動モデルもリリースするのだとか。

さて、このシリーズでバンダイが他社に大きく水をあけられている「オンナノコ」分野をどこまで伸ばせるのでしょうか・・・?

|

« figma ミルヒオーレ・F・ビスコッティ | トップページ | 超合金 殲滅指令!コンバットさん »

コメント

こういうメカメカしいものに関しては流石バンダイですよね。

色々な作品に手を伸ばすのも良いけれど、同作品の展開に力を入れて欲しいと思うのが人情。
これからも期待したいところです。

投稿: TSUYOSHI | 2012年4月29日 (日) 10時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« figma ミルヒオーレ・F・ビスコッティ | トップページ | 超合金 殲滅指令!コンバットさん »