« Dアーツ ゼロ Type 2 | トップページ | Robot魂 龍王丸 »

2012年5月25日 (金)

魔戒可動 雷鳴騎士バロン

GARO第一期放送中にリリースされ玩具業界にいろいろな意味で激震を走らせたこともある、当サイトの原点Equip&Prop。
その後継たるべく第二期・キバ外伝に合わせて生み出されたのが「魔戒可動」。
鎧召還前の姿とのコンパチ仕様やプロップといったE&Pならではの要素をあえて排し、
「魔戒騎士の可動フィギュア」に特化したこのブランド。
これまでのリリースでは商店売りのライゴウ以外はE&Pに準じたものでしたが、ついに一般売りでも
完全新規アイテムが登場しました。

その大役を担ったのは、第二期にて登場した、四十万ワタルが変身する雷鳴騎士 破狼(バロン)。
メタリックカラーに身を包み、より劇中のスーツっぽさを増した表現が見た目にも造形的にもクールな一品。
ファンならガロ・ゼロ・ダンと並べて飾っておきたいですね。

 


パッケージ

12
345

魔戒可動のパケはいたってシンプル。
最近のSICもこのタイプのパケになることがありますね。

 

雷鳴騎士 バロン

67

全身を包みこむメタリックブルーの煌めきと、E&Pから続く迫力ある造形のマッチングが
素晴らしい仕上がりになっています。

080910

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首・胸・腰・股関節二重・膝二重・足首三重
立ちポーズを決めるのに肝心要となる足首ですが、特に伸ばす可動に優れ良好な接地性を見せてくれるはずなのですが
足の内側を守るべ足親指付け根から生えてるプレートが脛と干渉するためあまり大きくポーズ決めに
貢献できないというのが残念なところ。こういう造形だから仕方ないんですけどね・・・。
あとは股関節引出の追加以外はE&Pってこんなだったよね、という感じの可動です。

なお、E&Pからお約束のオリジナルギミックとして口が開閉できるようになっています。

1_2

付属はシンプルに平手左右と右持ち手、得物の雷鳴剣の以上4点となっています。

2_23_24_2

付属品でポージング少々。
下半身のポージングに制限が出やすいのが困りものではあるのですが、さらに輪をかけて持ち手と
雷鳴剣の相性が芳しくないというのがにんともかんとも・・・といったところ。
造形面では文句のつけようがないだけに、可動面まで求めるのは、という気持でもあるんですが。

 
 
 
 

Photo

第二期も好評のうちに終了となり、これでいよいよ本当にGAROは終わりなんでしょうか・・・
と思ったら、同じく第二期で登場した閃光騎士 狼怒(ロード)も商店売り決定とな!?

でも、また、銀牙出られなかったね・・・最後の望みはGARO極魂に託すとしましょう。

同日に兄貴分ブランドであるSICからギルスとアナザーアギトVer2のセットが発売されますので、
こちらもお忘れなきよう。

|

« Dアーツ ゼロ Type 2 | トップページ | Robot魂 龍王丸 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。