« MGフィギュアライズ ワイルドタイガー | トップページ | S.H.フィギュアーツ アキバレッド&デカレッド »

2012年6月27日 (水)

スーパーロボット超合金 UCR-10/A&拡張武器セット1

久しぶりのスパ超新作は、PS3ソフト「Armored Core V」からAC勢までもが殴り込みを開始。
AC第一弾となりますのはUCR-10/Aモデルに、一発限りの超兵器オーバード・ウェポンの中でも
浪漫武装として名を馳せるグラインドブレード。

先行するコトブキヤのプラキットACVIとの互換性は残念ながらありませんが、合金トイならではの重量感と
バンダイ得意分野だからこそ出来る魅力を詰め込んだ内容になっています。

 

パッケージ

123
456

シックな色合いに金の箔押し商品名が眩しいパッケージ。
「武器セット」と銘打ってはいますが、内容量はグラインドブレード一丁のみです。

 

UCR-10/A+グラインドブレード

78

機能美と重厚感に溢れたフォルムがたまらない一品。
側頭部やコア左後方のアンテナ、両肩のハンガーラック等の取扱いに要注意。
右肩のセンサーとカメラアイはメタリックレッド塗装となっています。

091011

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘二重・手首・胸二重・腰・股関節二重・膝二重・足首二重・爪先・踵・足側面プレート付け根
大腿ロールの代わりに股関節が左右に開くようになっているほか、切れ込みを入れて内側に大きく曲がる足首のおかげで
どっしり構えたポーズは立膝もバッチリ。
逆に上半身は干渉やアンテナの取り扱いで可動が生かし切れていない感も。
首の根元と腹関節は引き出し式になっていて可動域を拡大できるようになっています。

2_2

左足のプレートは展開してシールドとして活用できるようになっています。
開きすぎると下部のシリンダー軸が抜けることがあるので、その点お気を付け下さい。

3_24_2

差し替え手首は各武器専用の持ち手が左右とも2個ずつ
携行武装として
ライフル URF-15 VALDOSTA:右用
バトルライフル KO-2H4/PODENKA:右用
ガトリングガン KO-5K3/LYCAENID:左用
パルスマシンガン UEM-34 MODESTO:左用
の4つが付属。また、魂Stage取付アタッチメントも付属しています。

拡張武器セットは上記の通りグラインドブレード一丁のみ。
取付時の姿勢保持のため補助スタンド(懸架時と起動時で支柱を交換)が付属しています。

1_22_33_3
4_35_26_2

本体内容で武装とポーズ少々。
バトルライフルとパルスマシンガンについては、両肩のハンガーラックに取り付けておくことが可能。
ライフルは薄さのおかげもあってラックに負荷をかけるものの取り付けられますが、ガトリングガンはラックに取り付けることは出来ません。
持ち手と武器グリップの相性は良好ですが、経常的な都合でガトリングガンが持たせにくいのが難点。

手首は軟質素材製で多少のグリップのサイズ誤差には融通が利くため、ACVIから携行武装を融通してやるのも面白いかも。
なお、エクステンションや背部武装は取り付け部位が存在しないため融通できません。

Gb1

グラインドブレードを装着させる際には、上では紹介しておりませんでしたが、バックパックに懸架ジョイントを取り付けます。

Gb2Gb3

グラインドブレード+フル装備はかなりの大ボリューム。
大方の予想通り後ろに仰け反りますが、引き出し関節が見えてしまうのを気にしないのであれば
少し引き出して腹パーツにコアの後ろ側を乗せてやる感じにすると、ある程度仰け反りを防ぐことが出来ます。

Gb4

起動モードにする際には、左腕をジョイントから引き抜いて、GBユニット付属の左アーム先端のクローを
左腕コネクタ部に噛み付かせる位置まで動かします。
クローの噛み付きは添えるだけで、固定されません。

ちなみに、グラインドブレードが浪漫武装と呼ばれる所以の一つがこの左腕パージ。
GBの使用時間が終わっても左腕が戻ってくるわけではないので、左肩や左手の武装もミッション中は
破棄したに等しい状態となってしまい、、戦力低下を覚悟して使わなければならないあたりが「浪漫」なわけです。

なお、ACVIと肩ボールの径や仕様が合わないため、無加工での取付は不可能です。
さらには頭部や腰の分離も出来ないため、ACの魅力のひとつであるアセンブルは、スパ超版では
体感することが出来ないわけです。この点に期待していた人には残念な報告かもしれませんね・・・。

Gb5Gb6Gb7

グラインドブレード起動状態はこんな感じに。
チェーンソーの付け根部分がボールジョント可動で自由な表情が付けられるようになっている点は高評価なのですが、
背部ユニットと本体を繋ぐアームの自由度が低く、ほぼ体の横に配置する形でしか使えないため
ポージングの制限がかなり大きいのが残念なところです。
本体裏面に配置され右腕と固定するクローアームも、右腕パーツに噛みこんで固定されることはなく、単に添えるだけです。

 
 
 
 
 
 

Photo

拡張武器セット「1」と付くからには、シリーズ継続と判断させてもらってもいいんでしょうかね?
さらなるクオリティアップを図っての登場となることを期待しています。

続いては勇者ロボからマイトガインと戦隊ロボから大獣神がリリース確定。
また、超合金仲間であり河森氏繋がりでもあるVF-171EXアルト機も近日リリースされますので、お忘れなきようお願いします。

|

« MGフィギュアライズ ワイルドタイガー | トップページ | S.H.フィギュアーツ アキバレッド&デカレッド »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。