« 超合金 レイキャシール | トップページ | Ultra Act ウルトラマン(Ver.2012) »

2012年7月26日 (木)

S.H.フィギュアーツ アキバブルー・仮面ライダー電王 ソードフォーム・ルナティック

夏の盛りはアーツも熱い!とばかりに怒涛のリリース3連弾。
「非公認戦隊 アキバレンジャー」から二人目アキバブルー、「仮面ライダー電王」から電王ソードフォーム、
そして劇場版も間近な「Tiger & Bunny」よりルナティックの3名が同時リリースとなりました。

三者三様の魅力はどれも注目どころですが、今回は3つまとめてご紹介!
記事当たりの容量ちょっと大きめですが、どうぞご覧あれ。

 

パッケージ

123
456
789

パケはいずれもシリーズを踏まえた装丁。
電王ソードFはエフェクトの都合で厚みマシマシ、ルナティックはさらにマント等の都合で横幅もマシマシです。

 

アキバブルー

A1A2

公認様女性陣を差し置いて戦隊初の女性隊員一般リリースとなったアキバブルー。
ほっそりしたラインと女性らしさのアピールポイントはしっかりと特徴づけられています。

AA2_2A3

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
スカートは軟質素材製で足を上げる妨げになりにくいようになっています。
後頭部のポニテは動かないっぽいので取り扱い注意。

A_2
A1_2A2_3A3_2

差し替え手首は平手・開き手・貫手・持ち手・角度付き持ち手?が左右
付属品はモエモエズギューン(銃形態のみ)とマフラー三種となっています。
レッド同様に付属品は少ないですが、手首と柔軟な可動によって、動かして楽しむタイプとなっています。
マフラーの軸が細いあたりは要注意かも。

 

A_3

怪人にさらされたくまさんプリントも再現されているところをご覧いただいて次へ。

 

仮面ライダー電王 ソードフォーム

D1D2

先に最強形態クライマックスフォームが出てからの基本フォームという変則リリースとなったこともあり、
基本的な部分はクライマックスに準じています。

D1_2D2_2D3

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
ポージングに困ることのない可動性で、マジなポーズも愉快なポーズもお手の物です。
肩アーマーは根元で上側に可動するようになっています。

D1_3D2_3
D1_4D2_4D3_2

差し替え手首は平手と持ち手が左右にライダーパス持ち右手とサムズアップ右手
付属品はデンガッシャー(一体・刃分離状態)・ライダーパス・デンガッシャーホルダー(分離デンガッシャーあり/なし)・
「俺の必殺技」エフェクトパーツとなっています。
エフェクトパーツは封を開けてからの組み立て。
本体と同じくらいの長さがありますが、刃なしデンガッシャーの先端に取り付けて持たせると、重量バランスの都合でちょっと手首が心許ない感じ。
ですが、これだけ派手なエフェクトがあるというのはいかにも「らしさ」があっていいですな。

 

D

直撃寸前のイマジンの視点に立ってもらったところで次へ。

 

ルナティック

L1L2

まずはマント装着姿から。
マントは先週のスコーピオンゾディアーツ同様にプラ製モナカ割り。
先週の園田先生レビュー後にリツイート頂きましたが、プラマントだと癒着がないのがいいですよね。

L3

前側のマントパーツを付け替えることで、右手を出したポージングが出来るようになります。
首や脚部は普通に動かせるので、マント装着でもポージングの幅はそこそこあります。
ボウガンを腰に取り付けたままだと右腕のクリアランスがちょっと辛いところだけが問題といえば問題でしょうか。

L1_2L2_2

マントを脱ぐとこんな感じ。
目の周りはクリアパーツになっています。

L1_3L2_3L3_2

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
上着の裾やズボンの裾は軟質素材製で可動の妨げにならないようになっています。
右腰のボウガンホルダーは二点止めで前後に振ることが出来ないので、若干ながら右足可動の阻害になってしまっています。

L1_4L2_4
L1_5L2_5L3_3

差し替え手首は持ち手が左右に表情違いのポーズ手が左右それぞれに、炎を纏った手が左右2種類
付属品はボウガン2種(収納・装填状態)・ホルダーと矢筒(腰に取り付け)・目から炎が迸る頭部パーツ・スタンドとなっています。
炎付手首パーツの炎は分解可能。付けたままで手首にはめにくい場合はバラして手首を取り付けてから
エフェクト部分をかぶせると良いかも。
怪しげな炎のカラーリングが実に見事です。

 

L

怪しく揺らめく青白き炎の矢が、貴方の購入心理に狙いを定める!といった感じで〆へ。

 
 
 
 
 
 
 

Photo

来月もアーツは戦隊・ライダー・アニメから怒涛の五品目リリース。
戦隊からはアキバイエローとレッドホーク、ライダーからはメテオストームとタイガ、アニメからはシルバークロウがリリースとなります。

そういえばアキバレンジャー、SHF版対応で実際に乗せられる上に完全変形のマシンイタッシャーがリリースされるとか・・・
どんだけ公認に向けて意欲的なんだこいつら・・・!?

|

« 超合金 レイキャシール | トップページ | Ultra Act ウルトラマン(Ver.2012) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。