« Ultra Act ウルトラマンマックス&レッドキング | トップページ | D-Arts ナイトブレイザー »

2012年8月29日 (水)

A.G.P. シュヴァルツェア・レーゲン×ラウラ・ボーデヴィヒ

今月はもっさんもリリースされたAGPがもう一発リリース。
初弾せっしーに続いてのインフィニット・ストラトスより、第5の女ラウラと専用機シュヴァルツェア・レーゲンの登場となりました。

重厚感溢れる黒き装甲、大迫力のレールカノン、各種武装の再現など頑張っている部分が見て取れる反面、
残念な所も正直に言えば出てきてしまう、そんなアイテムになっています。

 

パッケージ

1_22_2
3_24_25_2

パケは初弾セシリア同様の仕様。
スト魔組は中が見えるのにこっちは見えないようになってるのはパケサイズの都合なんでしょうか?

 

ラウラ・ボーデヴィヒ with シュヴァルツェア・レーゲン

6_278

謎の原理でピンと跳ねる前髪アホ毛もしっかり再現されたラウラの素状態。
しっかり背丈も低く作られています。

091011

可動部位は首三重・肩・上腕ロール・肘・手首三重・胸・腰・股関節・膝・足首三重
素体の可動はセシリアとさして差はありません。
あえて言えば、もみあげの分首の可動がいいくらいでしょうか。

2_3

生身部分用の付属品はこちら。
差し替え手首が貫手と平手
差し換え表情が微笑と叫びとなっています。

眼帯なしフェイスがないなら眼帯が外せるかって?
そんなものないよ・・・なんでもっさんで眼帯なしフェイスやったのにこっちで出来ないんでしょうかね?

3_3

ヘッドギアと右腕だけの簡易装備。
せっしー同様前腕接続部が抜けやすいので要加工。

5_3

シュヴァルツェア・レーゲン一式はざっとこんな感じ。
BTに比べるとパーツ数は少ないですが、その代わりにレールカノンがデカいのでお値段的にはトントンということで。

1_32_43_4

装着過程前半。
頭部を分解してヘッドギア付頭部に組み替えたら、前腕を外し装着前腕を装備。
脚部装着用下半身に脚部装甲を装着させたら、腰から引き抜いて素の脚部と装着脚部を交換します。

4_35_46_3

装着過程後半。
腰にスカートアーマーを取り付けてサイドスカートの位置を整えたら、スタンドに
バックパック装備アームを取り付けてリアスカートと連結。
アームにバックパックパーツ4点を取り付けたら、右上バックパックにレールカノンを取り付け、
レールカノン底面にある凹に補助スタンドを取り付けたら装着完了。

1_42_5

黒くて大艦巨砲主義がいかにもドイツというのは偏見でしょうが、黒さが重厚感を引き立てるシュヴァルツェア・レーゲン。
バックパックの重量と、個体差であってほしいと願いたいほどリアスカートと本体腰の接続がスカスカユルユルで
スタンドなしでのフル装備自立のためには手を入れる必要があるかと。
レールカノンに補助スタンドを取り付けなくてもメインスタンドで十分立てるのですが、右上バックパックの取り付け軸が
右にかなり傾くので、クリア素材の強度を考えるとスタンドを付けた方が無難です。

バックパックは上側には角度変更のクリック関節、下側には左右の向きと取り付け角度を変更できる可動部が備わっています。

3_54_4

装甲部分の可動性は肘二重・手首・膝二重・足首二重・爪先・踵二重
ロボ部分の可動性にはめめっぽう強い、いつものバンダイです。

5_66_4

装着用差し替え手首は平手2種と開き手が左右
付属品はプラズマ手刀2本、ワイヤーブレード(上バックパック用4本・下バックパック用2本)、メインスタンド、
レールカノン保持用スタンドとなっています。
メインスタンドはセシリアのものと同形で、角度変更や伸縮が可能となっています。

7_28_29

付属品でポージング少々。
腰と腕の外れやすさが気になるものの、ロボ的な造形面と可動の両立はバンダイのお家芸というのが
再確認できる内容ではあります。

ワイヤーブレードは上バックパック前面の金色十字の左右と下バックパックの金色部分を差し替えで
射出状態を再現。ワイヤーは曲げることで射出にクセを付けることが出来ますが、先端の重みに対して
ワイヤー部分の保持力が弱くてダレてしまうのが困りどころ。

プラズマ手刀は手首根元の6角形の部分にクリアの固定パーツを取り付けて、そこに刃部分を取り付けとなります。

レールカノンは取り付け部位で角度変更が出来る位で他にギミックは特段備わっていません。

 
 
 
 
 
 

Photo_2

今後のAGPリリースとしては、次弾がスト魔よりバルクホルン、その次はGP-03娘となっています。
ウィング娘にはロボ魂ウイング系の羽を使いまわせるという仕込みがありましたが、GP-03娘には
随分前に出たGFF版GP-03のウェポンシステムが流用できたりするんでしょうかね?

で、IS関係はどうなるんでしょうね?いろいろと憶測やら話は聞きますが、はてさて・・・。

|

« Ultra Act ウルトラマンマックス&レッドキング | トップページ | D-Arts ナイトブレイザー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。