« LBX-Z Mode ∑オービス 前編 | トップページ | D-Arts デュークモン »

2012年8月11日 (土)

LBX-Z Mode ∑オービス 後編

パケと分離三機を紹介した前編はこちらになります。
ここからは後編、変異結合型電磁石の力による三機合体と、合体形態∑オービスをご紹介。
バラバラ合体なのでちょっとばかり手が込んでいますが、∑オービスの雄姿をその手で汲み上げたときの達成感はかなりのものです。

 

合体プロセス

12_33_2

まずは各機の合体準備。
ペルセウスは胴体から額当て、頭、背中の蓋、肩リベット、手首、足を分離して目隠しパーツを頭部に装着
エルシオンは胴体から頭、腕、膝下を分離し、腕と脛を伸縮ギミックを使って伸ばして、ペルシウスの額当てを頭に装着させて
トサカの黒ラインから上の部分を後方にスライドさせて、内側の緑色部分を露出させます
(8/11 23:25 トサカ可動について追記。 コメントでのご指摘ありがとうございます。画像修正の対応はしきれないので御容赦下さい)
ミネルバは肩・手首・腰・リボンを分離
エルシオン以外の手首は使用しないため、スタンドの箱に突っ込んでおきましょう。

4_45_26_2

まずはメインボディの作成から。
ペルセウス胴体を取り出し、前腕の手前側装甲を下にスライドさせ、肘関節を上腕と前腕が密着するまで可動させたら、
肩から生えてるオレンジの突起の前半分を開き、前腕部に被さるように動かします。
続いて、肩アーマー後ろに生えている凸を胴体側にある凹に差し込むように両肩を胴側に押し込み、
膝アーマーの位置を正面に向けたまま脛を後ろに曲げて、腰後ろにペルセウス足を、足首の取り付け部に
ミネルバのリボンブースター○を取り付けます。
最後に肩リベットを外した穴にエルシオン腕、膝を曲げて出来た凹にエルシオン膝下、首にペルセウスの額当てを取り付けた
エルシオン頭を乗せて本体部は合体完了。

7_28_29_2

続いてバックパックの組み立て。
エルシオン胴体を取り出し、腰を180度反転、襟のオレンジ部を前方に起こし、大腿を少しリアアーマー側に持ち上げます。
膝部にミネルバのリボンブースター□、股間のスタンド穴にペルセウス頭を取り付け、腕部に
肩アーマーを前腕に付け替えたミネルバ腕を取り付けてバックパック部完成。

A

エルシオン背中の蓋を開けて出てきた穴にエルシオンのマント取付凸を差し込んで連結すれば、
∑オービスの完成となります。

Photo_2C

続いて武装の組み立て。
ミネルバ上半身を取り出し、腕にペルセウス肩リベットを取り付け、胸アーマーを持ち上げバイザーを下ろしたら
胸アーマーの凹みデザインにバイザーの先が収まるように首を頷かせ、腰部と耳にビームシールドエフェクトを取り付てやれば∑ガーダーの完成。

DE

最後に残ったミネルバ下半身を取り出し、脚部の白い部分を膝側にスライド、フロントスカートを一度持ち上げて
股関節で脚部全体を90度前方へ動かし、大腿部の穴とフロントスカートの平ピンがかみ合うように調整しつつ
フロントスカートを下します。
最後にリアスカートを180度動かしてグリップを起こしてやれば、∑ツインブラスターの完成となり、三機合体の全行程終了となります。

 

∑オービス

5_36_3

LBXとしての範疇を大きく超えた三体合体が生み出す迫力のボディはかなりのもの。
ペルセウス股関節やエルシオン脚部に使われているダイキャストのおかげで、ほぼ一体分の重量がある
バックパックを背負っても余裕で自立できてしまうのです。

7_38_39_3

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首
概ねペルセウス・エルシオンの可動部に準じていますが、肩だけはペルセウス肩の固定が緩いと
腕全体が武装の重みで垂れ下がってしまうので注意したいところ。

0

∑オービス用の手首として、武装保持用のプラ製手首が左右
付属品は∑ツインブラスター、∑ガーダー、∑ドライブソードエフェクトとなっています。
ソードエフェクトは、ミネルバ股間のスタンド取付穴と膝内側の穴の三点でガッチリ固定されます。

1_22_43_3

付属品でポージング少々。
各部の連結がカッチリしてるおかげで、合体状態でいじっててもポロリストレスはなし。
肩のクリックのおかげでアタックファンクション再現ポーズで飾っていても肩部から手首までしっかり保持してくれるのも
実に嬉しいところです。

 
 
 
 
 

Photo_3

昨日より世間的にはお盆の間に池袋サンシャインシティにて開催されているダンボール戦記EXPOにて
会場限定リミテッドクリアバージョンのダンプラ各種やプレバン販売品などが売られているほか、
今後の展開として数多くの参考展示とバンとヒロの新たなる愛機となるイカロス兄弟がギミック紹介付で展示。
また、文字情報のみながら新ブランド設立やZ-Modeにてイカロス兄弟セットがリリースという情報もあり、
ダン戦フィーバーはまだまだ続きそうです。

 

それにしても・・・劇場版イナイレVSダン戦とかどういうプレゼンをしたら企画会議通るんだろうか・・・?

|

« LBX-Z Mode ∑オービス 前編 | トップページ | D-Arts デュークモン »

コメント

>ハーティス様
いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。
自分もやっぱり模型誌で初報を見たときにこれだ!と思いましたね。
エキスポは見せ物も売店も好調だそうで。機会があれば自分も覗いてみようと思います。

>匿名様御二方
当サイトをご覧いただきありがとうございます。
また、不備の御指摘ありがとうございます。
変形ミスとは痛恨のうっかり・・・申し訳ありません。

投稿: | 2012年8月11日 (土) 23時30分

エルシオンのトサカにクリスタルっぽいの露出させるスライドギミックありますよ。

投稿: | 2012年8月11日 (土) 21時21分

通りすがりで失礼します

合体時に、エルシオンの鶏冠が展開されていませんよ( ;´Д`)

投稿: | 2012年8月11日 (土) 21時09分

お久しぶりです。
Σオービスは合体出来てこそナンボ…と考えてたので、Zモードでの販売は嬉しい限りでした。

この勢いで(?)ダン戦EXPOにも行ってきます!!

投稿: ハーティス | 2012年8月11日 (土) 07時36分

この記事へのコメントは終了しました。

« LBX-Z Mode ∑オービス 前編 | トップページ | D-Arts デュークモン »