« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム | トップページ | 聖闘士聖衣神話EX ヴァルゴ シャカ »

2012年10月25日 (木)

Ultra Act ウルトラマンエース

今月のウルアクは久々にウルトラ兄弟から、「光線技のエース」の異名を持つウルトラマンエースが登場となりました。
流石に多彩にも程がある光線技とギロチン技の数々を付属品に総て収めるのは無理だったようで、
主要必殺技であるメタリウム光線とインパクト抜群のバーチカルギロチンを収録するに留まっていますが、
その他付属品と合わせて単独で遊んで良し、既発の兄弟や怪獣と絡めて良し、とりあえずメトロン真っ二つにしても良しな
多様性に優れるアイテムとなっています。

 

パッケージ

1_22_23_3

パケはいつものウルアク装丁。ギンギラギンです。

 

ウルトラマンエース

4_35_3

穴の開いたトサカが一番の特徴となるエース。
胸周りはプロテクターに準ずる処理になっています。

6_27_28_2

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
プロテクター処理の都合が毎度の如くある他はゾフィー・マンVer2に準ずる実に優秀な可動となっています。

09_210_2

差し替え手首は平手と貫手が左右に、エースブレード持ち・Vサイン・メタリウム光線右手、バーチカルギロチン両手
付属品はエースブレード、赤カラータイマー、スタンド取付アタッチメントとなっています。
腰後ろのパーツを差し替えることで魂Stageの軸を直刺しで固定できるほか、背中中央のパーツを外すことで
ゾフィー・マンVer.2同様にブラザーズマントを装着させることが出来るようになっています。

1_32_33_4

付属品でポージング少々。
プロテクターに囲まれている都合でカラータイマーの交換がちょいと面倒なところと、
バーチカルギロチンの取り付けがタイトになっているところが玉に傷といったところ。
そうはいっても、かなりグリグリ動くことで、付属品を使っても使わなくてもぞんぶんに楽しめるのは
ウルトラ戦士のバトルスタイルに対するイメージと進化したウルアクの可動性が上手い具合に重なった相乗結果のおかげですな。

 
 
 
 
 

Photo_2

ジャック兄さん、タロウ、見てるー?ってな感じで〆。

どうやら魂ネイション’12冬にはエース最大の語り草であるゴルゴダの丘でのエースキラーとの決闘を再現した
ジオラマなのか本気で出す気なのか分からないブツに、名敵役エースキラーやエースロボットの展示がされているんだとか。
他にもあるであろう展示含めてどこまで本気なのか、気になるところです。

|

« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム | トップページ | 聖闘士聖衣神話EX ヴァルゴ シャカ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。