« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎サバイブ | トップページ | S.H.フィギュアーツ ペガサス 光牙 »

2012年12月20日 (木)

D-Arts ロックマン

めでたく12年12月で25年目を迎えシリーズ設定資料集の増補版「R20+5」も発売、更に海外の同人ゲーム作家とカプコンが
本気で組んで同じく25周年となるストリートファイターとコラボして作ってしまったPC用ゲームである
「Street Fighter × MEGAMAN」の無料ダウンロードもスタートしたばかりというロックマンシリーズから、
総ての原点となるロックマンが今年最後のDアーツとしてリリースされました。

先発となったエックスを受けて調整されたボディは小柄ながらもアクション性が高い仕上がり。
さらにオマケで愛犬ラッシュと敵代表としてメットールが付属しており、作中シーンをイメージした展示も可能なアイテムとなっています。

 

パッケージ

1_32_43_4

パケはアーツ標準サイズ。
メットールが何とも言えない存在感を放っています。

 

ロックマン

4_35_3

身長は10cm程度とかなり小柄な作りですが、シンプルさが逆に引き立てるカッコよさはバッチリ。
耳部分や足底、ロックバスター砲口にクリアパーツが使われています。

6_37_28_2

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘上ロール・肘・手首・胸・腰・股関節二重・膝・足首三重
前腕差し替えの方式変更や股関節をアーツ標準の下方向引き出し付きの構造に変更したことで、
同体型なエックスやゼロより動かしやすくなっています。
肘に関しては、前腕側を引き延ばすことで可動幅を広げられるギミックが備えられています。
曲げた時に露出する肘膝が蛇腹状になっているのも、ロボっぽさがあっていい感じ。

09_210_211_2

差し替え手首は平手左右のみ
差し換え表情は正面叫びと正面食いしばり
付属品はロックバスター(右用・左用あり)、バスターエフェクト、エフェクト取付用銃口
オマケとしてラッシュとメットールが付属しています。
ロックバスターは肘上のロール部から差し替えで、エネルギーランプ部が体の外側に来るように取り付けます。

3_54_45_4
6_47_3

付属品でポージング少々。
大腿か膝上にロールがあればもうちょっとポージングに幅が出そうな所がちょっと惜しいですが、
丈夫でワキワキ動くというのは良いものです。
メットールには何でも弾く安全帽の着脱ギミックを搭載。
ラッシュには首二重・四肢付け根・肘膝・足首・尻尾に可動軸が備えられており、ロックマンと組み合わせて
ポーズを付けて飾れるようになっています。

 
 
 
 
 

Photo_4

最後は同シリーズの後輩と並んで連射!で〆。
来年は3月のアリサ・ミュウツーまでお休みとなるDアーツ。
お休み期間中にどれだけラインナップの充実が報じられるかが来年のDアーツの動向を左右しそう。
秋ごろの各種イベントではフィギュアーツと並んで多方面に手を出す方向性が示されていましたが
果たしてどれだけ実現するやら・・・。

|

« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎サバイブ | トップページ | S.H.フィギュアーツ ペガサス 光牙 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。