« Robot魂 ガンダムエピオン | トップページ | スーパーロボット超合金 グレンラガン&漢のドリルセット »

2012年12月26日 (水)

S.I.C. Vol.65 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ

今年最後のSICは、空前のスマッシュヒットとなり魂ネイションアワード2012ゴールド賞をも獲得してしまった
オーズシリーズから赤色の鳥系メダルを装填して変身するコンボ、タジャドルコンボ。

発表当時から凄まじい反響を呼んでいた本品ですが、そのSICファンの多大なる期待に見事としか言いようのない内容と
ハイクオリティで応えてくれた本作。
細かい付属品やタトバコンボとのミキシングでも楽しめる、本年のSIC総決算と呼ぶにふさわしいアイテムとなっています。

 

パッケージ

123

赤と黒のツートンに金の箔押しが眩しく輝くパッケージ。
巨大な羽は分割梱包されているため、サイズはSIC標準です。

 

仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ

45

まさにイマジネイティブ!としか言いようのない造形は見事の一言に尽きます。
エネルギーラインやタカヘッドブレイブのバイザーはクリアレッド成形となっています。

678

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
基本的にはタトバと同じ可動性ですが、肩アーマーが軟質素材ながら大型化している点と左腕のタジャスピナーと
肩アーマーの干渉がある点で差異があります。

0911

差し替え手首は平手と持ち手が左右にメダル3枚持ち右手
付属品は分解オーラングサークル(クリア成形)、クジャクウィング、発動コンドルレッグ、セルメダル3枚、
コアメダル3×3枚(タカ・クジャク・コンドル)に、ファン泣かせの割れタカメダルと砕けタカメダルに
浮遊展示用スタンド(まぁ魂Stageなんですが)となっています。

2_23_24_2

オーズドライバーのバックル可動、オースキャナー脱着、メダルホルダー可動&蓋開閉はタトバ同様可能。

5_2

左腕のタジャスピナーは、フタを外すことでメダルを7枚装填可能となっています。

6_27_2

クジャクウィングは各羽の根元で2軸可動するほか、羽自体の向きを変えることで表情付けのパターンは豊富。
能力発動コンドルレッグは発動バッタレッグ同様に膝下から差し替え。足首と爪の根元が可動します。
スタンドを使って浮かせてやれば、必殺技プロミネンスドロップでの展示も可能・・・なんですが、
本体重量に対してスタンドの強度が微妙な上腰回りがタイトで掴めないので、スタンドの予備穴にアームを繋いで
姿勢保持の補助をさせてやるのが宜しいかと。

 

1_22_3
01_3

タジャドルの本体もタトバ同様に分解可能で、オーラングサークルは固定用と分割バージョンの差替えが可能なので、
タトバを持っていればタカトラドル・タカジャバの亜種変身を再現できるようになります。
なお、タジャドルの頭部タカヘッドブレイブはタジャドル専用の状態であるため、タトバとタジャドルだけでは
タカトラドルとタカジャバを並べて飾ることは出来ないのでご注意ください。

 
 
 
 
 
 
 

Photo

最後は台紙のオーラングサークルの紋様をバックに〆。
来年には恐竜の力を秘めた禁断の紫メダルによる最強かつ最恐コンボ、プトティラコンボのリリースが確定。
タトバ・タジャドルの流れで来るのであれば期待せざるを得ないというのが人情というもの。
この二作に負けない会心の出来栄えとなることを夢見て来年の続報を待つことにしましょう。

|

« Robot魂 ガンダムエピオン | トップページ | スーパーロボット超合金 グレンラガン&漢のドリルセット »

コメント

ハイパーカッコイイ!さすがオーズ!
プトティラコンボも発売確定なのでハイパー楽しみです!
欲を言えば…アンク完全態とウヴァが欲しいですね!
そろそろカブト勢もコンプリートしたいなぁ…

投稿: アイゼン | 2012年12月27日 (木) 12時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« Robot魂 ガンダムエピオン | トップページ | スーパーロボット超合金 グレンラガン&漢のドリルセット »