« WF2013冬限定figma 渋谷凛&双葉杏 | トップページ | 超合金 セイバー »

2013年2月10日 (日)

WF13冬限定ねんどろいど 雪ミク いちご白無垢Ver

ワンフェスのグッスマブース限定品レビューその2は、ねんどろいど初音ミクの限定バージョンにして
札幌雪まつり応援キャラクターである雪ミクの第四弾。
(正確にはワンフェス限定ではなく札幌雪祭りでも一部販売されたそうですが)
衣装デザインコンペ優勝作品として立体化されたその姿は、日本文化いおける結婚衣装である白無垢をベースにしたもの。
ちょっとの遊び心と高いセンスによって作られており、ねんどろミクファンには見逃せない仕上がりとなっています。

 

パッケージ

0

まずは化粧紙に包まれた状態から。これをえいやっと剥がすとこんな感じに。

1_22_23_2
4_25_26_2

いつものねんどろ装丁とは全く違う、高級和菓子のような装丁。
シュリンクを剥がしてスリーブを外してから、弁当箱のように蓋を引き上げて開封します。

Photo_2

スリーブの下にも商品画像で一枚。
今回は○○系アクションフィギュア!といったおなじみの宣伝文句がありません。

0910

今回は番傘や和盆といった面積を取るアイテムや差し替えパーツの都合から、従来よりも
3方向すべてに大き目。
ブリスターを全部取り出すと、底面にはイチゴの絵が。

 

雪ミク いちご白無垢Ver

1_32_3

まずは綿帽子をかぶった状態から。
前髪を横切っている雪の結晶模様のレースはセロハンを丸めて粘着部で固定したものを乗せているだけ。
うまく頭のサイズに合わせて円を作ってあげないと、すとんと落ちたり被れなかったりとなるのでご注意を。

3_34_35_3

続いて綿帽子とレースを外した姿と可動の紹介。
今作の髪型はおなじみ大ボリュームツインテではなく御団子頭。ぴょろっと伸びてる毛の取り扱いには要注意。
可動部位は首・肩・前腕ロール・手首・胸前後・股関節・大腿ロール
形状からお察しの通り、足は胴体と可動部付の軸で接続されていますがほぼ全く動きません。
腕と頭も特にモミアゲが干渉するので気を付けたいところです。

1_42_43_4
4_45_4

差し替え手首は開き手が左右に、番傘持ち右手と添え左手、三々九度の盃持ち両手(左側接続なし)
差し換え表情は微笑と嬉し泣き
付属品は大ボリュームツインテ後頭部、綿帽子、雪結晶模様レース、番傘、肘曲げ両腕、三々九度用肘曲げ両腕、
座り姿勢用ボディ、楊枝、雪うさぎ、和盆、スタンド土台&専用支柱となっています。
スタンド支柱は両足の間に取り付けて使用します。
お座りボディの腕に刺さっているピンは、接続穴の縮小を防ぐために差し込んであるものとのことです。

綿帽子をぱかっと割ると内側にはいちごの表面のような模様が。
このいちご白無垢ミク自体が苺大福をイメージしているようで、その関連からお盆と楊枝が
付属品として選ばれているようですな。

1_52_5
3_54_55_5

付属品でポージング少々。
従来のミクとは趣の異なる、大人びた感じの表情が艶やかですごくいい感じ。
お座りボディには足が無いので、こちらを使用する際には本体から左足を引き抜いて取り付けてやる必要があります。
お座りポーズの際には重心が後ろに行きがちなので、それを踏まえた手の配置や首の向きを考えてやる必要があります。
おなじみツインテの根元には根元に二軸可動があり、これで表情付けしてやることもできます。
三々九度の手首は右側のみ接続なので、左腕側に隙間が出来ないようにご注意を。

 
 
 

 

Photo_3

今冬限りの雪ミクの可愛らしい姿を思う存分堪能できる、実に素晴らしく上品な趣のある仕上がりになっています。
こちらも先に紹介したfigma凛&杏同様、本日17:00から2/18 21:00までグッスマ通販のWF13冬特設ページにて
受注販売を受け付けておりますので、ご興味がおありの方はウチや他サイト様のレビューをご参考の上、
ご検討されては如何でしょうか。

|

« WF2013冬限定figma 渋谷凛&双葉杏 | トップページ | 超合金 セイバー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。