« ねんどろいど 初音ミク2.0 | トップページ | メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅢ 火神鳴 »

2013年5月28日 (火)

ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer(アルター)

当サイトでは数年ぶりとなる固定フィギュアのご紹介は、ホントに色々な事があった末にいろいろ変わって再始動したらしい
「インフィニット・ストラトス」より、原作4巻にてメイド喫茶で突発アルバイトをしたときに着用したメイド服版のラウラでございます。

いい仕事するアルターからのリリースということで、細やかなディティールや塗装精度は流石の一言。
表情パーツや髪型、手に持たせるアイテムの付け替えによって多彩な表情が楽しめる、一粒で何度もおいしい逸品となっています。

 

パッケージ

1_32_3

パケはすこーんと抜けた青空が印象的ながら、比較的あっさり目の装丁。
説明書が中に入っているので、取り忘れないようご注意を。

 

ラウラ・ボーデヴィッヒ

1_42_4
3_34_2

見返り美人なポージングということで、大きく翻るエプロンとスカート、正面向かって左から覗くと拝める脚線美、
滑らかな曲線を描く銀の長髪等々、見どころ満載の内容です。

Photo_3

土台はシンプルに黒の円形にキャラ名のプリント。

1_52_53_4

気になるポイントをピックアップ。
シルバートレイは親指・中指・薬指の三点で接着止め。
トレイに負荷がかかるとぺきっと取れてしまう可能性が高いので取扱いは要注意。
残念ながら大平原な胸部は、ブラウスのボタン周りを中心に、陰影のグラデが加わり細やかな造形が見て取れます。
スカートの影に隠れて見えませんが、ローアングルから覗くと右大腿にはしっかり待機状態のシュバルツェア・レーゲンを装着済み。

なお、ホワイトとブルーのストライプです。

Photo_4

付属のティーポットとティーカップはシルバートレイに乗せるだけなので自由な配置が可能。
金縁やワンポイントもしっかり塗装・印刷で表現されています。

Photo_5

左目を覆う無骨な眼帯は軟質素材製で、前髪を取り外してやることで着脱可能。
眼帯の下の黄金色の瞳も綺麗に印刷されています。

1_6

左腕を交換することで、付属のオートマチックを持たせてやることも出来ます。

2_63_5

・・・で、このオートマ。
固定の美少女フィギュアに持たせるだけのアイテムのはずなのに、ブローバックやマガジンの着脱が可能となっています。
マガジンの上端に来る弾丸もしっかり本体と弾頭で色分けされたメタリック塗装が施されており、
ブローバックギミックと組み合わせることで装填される次弾がチラ見するところまでうかがえるようになっています。
なぜこんな所にまで力を入れる!?ギミックなくても誰も文句言わないと思うぞ・・・いいぞもっとやれ。

6_27_2

頭部は差替え交換することで、海合宿で披露したツインテールにすることができるようになっています。
また、差し換え表情として照れ顔も付属しています。

8_29_2

照れ顔もアップでご紹介。こちらも眼帯の着脱が可能となっています。

0_21_7

頭部に関しては、眼帯オン/オフ・通常/照れ・ストレート/ツインテで8通りの楽しみ方が可能。
上では眼帯オフ・照れ・ストレートと眼帯オン・通常・ツインテをご紹介。
左手も腕を差し替え持たせるものを変えることで様々な楽しみ方が可能となっています。

なお、上では銃用の手にティーポットを持たせていますが、しっかり保持できるものではないので
試される際はポロリにご注意ください。

 
 
 
 

Photo_6

煽り気味に一枚で〆。
IS再始動ということで、バンダイのAGPよりIS第三弾、2組こと鳳鈴音 with IS甲龍が13年6月末リリースされるほか
出版社や挿絵担当を変えての再出版&続巻リリース、アニメ第二シーズンが放送決定など
11年度アニメ業界を大いに沸かせたあのIS熱が再燃する土壌が出来上がってきている模様。

あとはISという作品が抱える最大の問題点が波紋を呼ばないことを願うばかりです。

|

« ねんどろいど 初音ミク2.0 | トップページ | メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅢ 火神鳴 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。