« S.H.フィギュアーツ マシンウィンガー | トップページ | ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer(アルター) »

2013年5月28日 (火)

ねんどろいど 初音ミク2.0

06年発売のネコアルクから7年、グッスマが送るユルかわ系可動フィギュアの大御所ねんどろいどが、ついにNo.300に至りました。
記念すべきナンバーを飾るにあたりパッケージ装丁も一新してのお目見えとなるのは、初音ミクのVer.2.0。
盛りだくさんの付属品に差替えの表情パーツを使うことで様々なポーズを楽しめる、ねんどろいどの魅力が
ぎゅぎゅっと詰まった一品になっています。

 

パッケージ

123

パケはNo300に至ったここで、これまでの装丁からデザインを一新。
といっても発売順の都合で既に本来なら後続であるはずだったメローナが先に出てしまったのですが・・・。
中の台紙は、飛び出す絵本的なジオラマスペースとして使うことが出来るようになっています。

Photo

糊は付属していないので御注意下さい!!

 

初音ミク

56

ポップでキュートな電子の歌姫をギュッと圧縮したら、こんなにかわいくなりました。
足だけでは自立できないため、ツインテの先端を地に付けて接地点を増やすかスタンドを使って立たせることになります。

78

可動部位はツインテ根元・首三重・肩・上腕ロール(通常腕)・手首ロール・腰・股関節
ツインテ根元・首・腰・股関節はねんどろジョイントでの接続になっています。

9

差し替え手首は持ち手と平手が左右に、ギター用の手が左右それぞれ別表情
差し換え表情は微笑み・ウィンク・絶好調
付属品は差替えツインテ・ネギ二本・マイク・ギター・シンセサイザー・スピーカー・肘曲げ腕・
膝曲げ足一本・ぺたんこ座り用両腕&腰・予備ねんどろジョイント1個(肌色)となっています。
ぺたんこ座り用腰パーツのスカートや腿は、上着の裾を納めるために大きく抉れています。

01_2

下半身と腕を差し換えてぺたんこ座りをさせるとこんな感じに。ツインテもカーブが付いている方に差し替えると
横に広がり過ぎない、いい塩梅に落ち着きます。
元が可愛いこともあって、かなりキュートな姿。無理矢理キックポーズ的にも使え・・・なくもないですが厳しいですな。

2_23_24

まだ使っていない付属品でポージング少々。
ツインテは根元のジョイント、肘曲げ腕は前腕ロール部、膝曲げ足は関節部で差し替え交換。
体躯や造形の都合で、腰をひねったり大きく足を振り上げたりといった派手なポージングは苦手ですが
そういう方向性のフィギュアではないので問題はないでしょう。
どんなポーズをさせてもかわいらしいこのブツ、既に1.0をお持ちの方にもオススメです。

 
 
 
 
 

Photo_2

わたしのお部屋、大公開!な感じで〆。
わざわざ2.0と銘打ってリリースするだけあって、ボリューム感のあるなかなかの内容でした。
2.0商法はミクだから出来るのか、それとも他の既製品でもやるのか、その辺はまだなぞではありますが
お得感マシマシでの再リリースならありがたいことです。

ところで、じわりじわりと伸び続けるミクダヨーさんは果たしていつ発売確定するのか・・・。

|

« S.H.フィギュアーツ マシンウィンガー | トップページ | ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer(アルター) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。