« Robot魂 セプター(三条菊乃機) | トップページ | Ultra Act ウルトラマンタロウ »

2013年6月20日 (木)

S.H.フィギュアーツ 超アキバレッド ドラゴンレンジャー

本日SHFレビュー2点目は戦隊コンビ。
今期放送中の「非公認戦隊 アキバレンジャー シーズン痛」もSHFは徹底応援!ということなのかは分かりませんが
前作に引き続きアキバレンジャー繋がりでの戦隊リリース再始動。
ということで、アキバレッドに新たな力が加わった超アキバレッドと、シーズン痛に登場し、昔から常々言われてきた
北米放送版と日本放送版の違いという領域に踏み込まされた「恐竜戦隊 ジュウレンジャー」のドラゴンレンジャーが
仲良く登場となりました。

超アキバレッドは痛々しい葵たんアーマー装着のフォルムを徹底再現したほか新武器を備え、
唯のリデコとは言わせない内容でのリリース。
ドラゴンレンジャーは劇中の活躍を彷彿とさせる付属品に加え「シーズン痛」にて北米版ことパワフルレンジャーの
グリーンレンジャーとなっていた際の姿を再現する差分パーツも付属。
単品でもうれしい、揃えて劇中再現も楽しいアイテムになっています。

 

パッケージ

1_102_123_11
4_75_86_6
 
超アキバレッドのパケは前作アキバレンジャーやイタッシャーの流れを汲むパケ・・・ですが、
窓部分にさらに痛々しい文言が追加されています。
ドラゴンレンジャーは過去リリースされた戦隊アーツの雰囲気を引き継ぐ装丁となっています。

 

超アキバレッド

A7A8

左肩から右足にかけて装着された葵たんアーマーが痛々しさを倍加させてくる超アキバレッド。
基本的には前作アキバレッドと同じものになっています。

A09A10A11

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
基本構造は共通なので前作アキバレッドと同じではあるのですが、葵たんアーマーの左肩部分が非可動であることによって
左を向く首可動と左肩の可動に大幅な制限がかかるようになってしまっています。

A2

差替え手首は平手・貫手・銃持ち手・指差しが左右に、ムニュムニュズバーーン持ち右手と使途不明の左手2種
付属品はムニュムニュズバーーン剣形態・ムニュモレズバキューーン・差し替えマフラーに、
同スケールのズギューーン葵とズバーーン葵のフィギュア(武装のフィギュア形態と言った方が正確か?)となっています。
フィギュアはサイズの割にそこそこ頑張って塗装されていますが、非可動非変形ですのであしからず。

A3A4A5

付属品でポージング。
フィギュアの首から大腿までの部分がそのまま柄になるというムニュムニュズバーーンの仕様もあって
微妙に持ち手に持たせにくいのがちょっと困りどころ。
モエモエズギューーンは前作アキバレンジャーのものを頂戴して持たせてやりましょう。

A6

最後にムニュモエズバキューーン装備で一枚。
続けてドラゴンレンジャーへ。

 
 

ドラゴンレンジャー

D7D8

最初はジュウレンジャーと敵対していたものの、後に改心し6人目の戦士として助力するようになったドラゴンレンジャー。
追加戦士でありながら一般売りという成果は、メインの戦士が一人も出ていないのに商店売りながらリリースされた
「天装戦隊 ゴセイジャー」のゴセイナイトに匹敵する快挙ではないでしょうか。
(6/22 0:35 コメントでの不備のご指摘ありがとうございます)

D19D20D21

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・膝二重・足首三重・爪先
過去の戦隊同様シンプルなフォルムや腰の軟質素材製ホルダー等で可動面の阻害は少ないのですが、
ドラゴンアーマーにより肩回りの可動に制限が出てしまっています。

D2D3

差替え手首は構え・獣奏剣持ち手・魔剣ヘルフリード持ち手が左右に獣奏剣演奏ポーズ用手首左右
付属品は獣奏剣(鞘はベルトに付属)・魔剣ヘルフリードに、「シーズン痛」でのパワレン状態を再現するための
米国国旗風デザインが追加された首とベルトの差替えパーツがオマケとして備わっています。

D4D5D7_2

付属品でポージング少々。
肩回りの可動に制限があるとはいえ、獣奏剣を演奏するポーズは手首の保持力も上々でしっかり再現可能。
敵対時期に使用していた魔剣ヘルフリードが付属していることで、7月発売のティラノレンジャーと
共闘だけでなく対決としても飾れるようになっているのはファンには嬉しい所です。

 

D

正邪二刀流の構えで〆へ。

 
 
 
 
 
 

Photo_5

アキバレンジャー シーズン痛効果により、先述のティラノレンジャーに加え「五星戦隊 ダイレンジャー」のリュウレンジャーや
「忍風戦隊 ハリケンジャー」のハリケンレッドも作中限定の姿を再現可能なパーツを備えてのリリースが決定。
商店売りでも各種戦隊メンバーがリリースされており、再び戦隊アーツの風が吹くか?

そしてアキバレンジャーも、二代目アキバブルーに新アキバイエローも大それた力・痛を備えてのリリース間近。
そして・・・出来が良くても無謀の極みと言われたイタッシャーロボの後継としてイタッシャーボーイのリリースは成るのか?
その辺は大きなお友達の声援(現ナマ的な意味で)次第、といったところでしょうか・・・?

|

« Robot魂 セプター(三条菊乃機) | トップページ | Ultra Act ウルトラマンタロウ »

コメント

すみません.投稿が反映されずに二重投稿してしまいました.
まあアームドティラノがプレバンでも良いのですがそれなら鎧無しのドラゴンレンジャー用胴を付属させろと言いたい!
死に際にブライがゲキに鎧と獣奏剣を託すシーンが再現できんじゃないですか…バンダイは何もわかってない…

投稿: ななし | 2013年6月24日 (月) 20時34分

>ななし様 匿名様
当サイトをご覧頂き有難うございます。

ドラゴンアーマーについては、脇の下を通して前後が繋がっているため、残念ながらデフォルトでは外せないようになっています。
接着を剥がして腕を外して、強引に剥ぎ取る方法もあるそうですが・・・
ドラゴンとティラノのミキシングでも塗装スキルが無いと再現が難しいアームドティラノを商店売りにしてくる魂商店マジあざといですわ・・・。

投稿: ひまじん | 2013年6月24日 (月) 02時01分

ドラゴンアーマーは着脱不可なのでしょうか?

投稿: ななし | 2013年6月23日 (日) 17時57分

ドラゴンアーマーは着脱不可なのでしょうか
これによって来月のゲキを買うかどうか決めるので気になります

投稿: | 2013年6月23日 (日) 17時56分

>かかし様
当サイトをご覧頂き有難うございます。
また、誤記の御指摘有難う御座います。
 
言われて然り、五星と被るし何かおかしい、と考えるべきでしたね・・・申し訳ございませんでした。

投稿: ひまじん | 2013年6月22日 (土) 00時36分

ドラゴンレンジャーのレビューで『護星戦隊 ゴセイジャー』と書いていますが、『天装戦隊』の間違いではないでしょうか?

投稿: かかし | 2013年6月21日 (金) 17時38分

この記事へのコメントは終了しました。

« Robot魂 セプター(三条菊乃機) | トップページ | Ultra Act ウルトラマンタロウ »