« S.H.フィギュアーツ 超アキバレッド ドラゴンレンジャー | トップページ | D-Arts 葛葉ライドウ »

2013年6月27日 (木)

Ultra Act ウルトラマンタロウ

ウルアク2013・7か月連続リリースもいよいよ6か月目に至り、ウルトラの父が居てウルトラの母がウェブ限で来たということもあり、
ウルトラマン No.6ことウルトラマンタロウがついに登場となりました。

特徴的な頭部造形はもちろんのこと、プロテクターや左腕のブレス2種も精巧に再現。
前期後期の双方に対応可能となっているほか、付属品による劇中再現やマント装着によるプレイバリュー拡大など
ウルアクの楽しみ方が詰まったアイテムになっています。

 

パッケージ

123

パケはいつものウルアク装丁になっています。

 

ウルトラマンタロウ

45

引き締まったボディに左右にウルトラホーンがにょきっと伸びた特徴的な頭部を据えたタロウ。
そして今作もご覧の通り、ウルアクの鬼門のひとつである胸部プロテクター持ちです。

060910

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
今回もプロテクターの宿命から逃れることは出来ず、肩回りの可動に若干の制限が出るほか、
腕をまっすぐ上に持ち上げる時に上腕がプロテクターを押し上げ、弾みでカラータイマーが外れてしまう事があるので
取り扱いの際にはご注意を。

1_2
2_23_24_2

差し替え手首は平手と貫手が左右に、右のみパー・ブレスレットランサー持ち手・キングブレスレット大持ち手、
左のみにストリウム光線用
付属品は差し換え用左手首(タロウブレス・キングブレス・ブレス無し)、ブレスレットランサー・
キングブレスレット大、ポーズ用差し替えプロテクター・赤カラータイマー・スタンド取付アタッチメントとなっています。
ブレス装備状態を再現する手首の差替えは、ジャック同様に左手首を基部から外してのパーツ交換式。
そのため左手首ジョイントが前腕から抜けやすいのもジャック同様となってしまっています。

腰のパーツ交換でスタンド直刺し可能となる点とうなじのパーツを外してブラザーズマントを装備出来るのは
ウルトラマンVer2以降の兄弟アクトと同じ仕様です。

5_267

付属品でポージング少々。
ブレスレットランサー・キングブレスレット大とも専用手首の保持力は良好そのもの。
プロテクターをポージング用に交換することにより左腕を前に出してのポージング制限が大幅に緩和されるため、
ストリウム光線のポーズも難なく取らせることが出来るようになります。
 
また、ストリウム光線はエフェクト根元にキングブレスの受け皿となる穴が用意されているので、
キングブレスを装備したままでも何の問題も無く取付できるのは嬉しいところです。
 
 
 
  

 

Photo

父子揃い踏みで〆。
来月のジュネッスブルーで7か月連続リリースもようやく終着駅に到着。
そのあとには9月にセブンVer2のリリースが来て、マントを揃えればマント装備の6兄弟揃い踏みがいよいよ再現できることに。

また、冒頭でも触れたように商店売りにてウルトラの母がいよいよリリース・・・なぜにバケツを付けようと思った?
いやまぁタロウ劇中で使ってるからなんですけどね・・・。

|

« S.H.フィギュアーツ 超アキバレッド ドラゴンレンジャー | トップページ | D-Arts 葛葉ライドウ »

コメント

8月にウェブ限定でキンググリッドマンが出るんで、連続リリースは続きますよ~

投稿: | 2013年6月28日 (金) 20時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« S.H.フィギュアーツ 超アキバレッド ドラゴンレンジャー | トップページ | D-Arts 葛葉ライドウ »