« A.G.P. 凰 鈴音 × 甲龍 | トップページ | レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ(GSC) »

2013年7月11日 (木)

S.H.フィギュアーツ ティラノレンジャー

夏の初めの3週連続SHFの最初を務めるのは、先月発売のドラゴンレンジャーに続き「恐竜戦隊 ジュウレンジャー」より
リーダーたるレッド担当のティラノレンジャー。
戦隊アーツらしい取り扱いやすいフォルムに豊富な装備品、さらには「アキバレンジャー シーズン痛」に客演した際の
パワレン仕様も再現可能となっており、先月のドラゴンレンジャーと合わせて「ジュウレンジャー」の劇中再現、
超アキバレッドや来週の二代目アキバブルー・新アキバイエローと合わせて「アキバレンジャー」の劇中再現も
こなせてしまう、単体としての楽しさだけでなく揃えてさらに楽しくなるアイテムになっています。

 

パッケージ

123

パケはドラゴンレンジャーに準ずる装丁。
そういえば、先月から中身少な目タイプのブリスターの蓋が少し変わったようです。

 

ティラノレンジャー

45

基礎構造は当然ながらドラゴンレンジャーと同じですが、ドラゴンアーマーが無いぶん
上半身がすっきりした印象を受けるティラノレンジャー。
胸・肘下・膝下の特徴的な模様もしっかり塗装で再現されています。

678

可動部位は首三重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
肩以外はティラノレンジャーと同様の可動。アーマーが無い事で自由度が高まった肩は、デザインとディティールを
損なわないように取り付けられた関節隠しパーツのおかげもあって、真上に腕を振り上げても
違和感が少なくなるようになっています。

901_2
2_23_24_2

差し替え手首は持ち手3種(スティック&ソード用・ガン&スリンガー用・龍撃剣用)とポーズ手が左右
付属品はレンジャースティック・レンジャーソード・レンジャーガン・サンダースリンガー・レンジャースリンガー・
龍撃剣・パワレン仕様再現パーツ(首・ベルト)となっています。

小さすぎることも有り、スティックの各形態への変形やスリンガーとの合体といったギミックは無し。
左腰のホルスターにスティックを納めることが出来るようになっていまして、この手のタイプで気になるポロリも
保持力良好で気にせず遊べます・・・が、ホルスターとベルトの接合部がベルト差替えの都合もあって
緩みがちなので、ここは注意しておいたほうがいいかも。

個体差かも知れませんが、とにかく武器を手に持たせたときに赤色が手首に色移りしやすいのが気になるところ。
また、グリップの形状的な問題で、レンジャースティック・ソードがかなり持たせにくくなっています。

今回もドラゴンレンジャー同様、アキバレンジャー シーズン痛に客演した際に首とベルトに米国旗風デザインが追加された
パワレン仕様版をパーツ差し替えで再現することができるようになっています。

 
 
 

Photo

今週は仮面ライダー旧1号とショッカー戦闘員もリリースとなりますので、そちらもお忘れなきよう。
来週はアキバレンジャーより大それた力・痛を二人で3つ携えて二代目アキバブルー&新アキバイエローが、
再来週は日曜日の終わりを告げる某国民的長寿アニメと熱い戦いを繰り広げたキュアピースがリリース。

また、今週末にはライダーアーツオンリーイベントが開催されたり、フィギュアーツのムック本新刊表紙にて
仮面ライダーブレイド キングフォームがお披露目となるなど、話題には事欠かない様子。

イベントでは、過去ロボ魂ダブルオークアンタ・クアンタムバーストVerやユニコーンデストロイ緑Ver等の
限定品に使われていた特製ライト付きスタンドを使い、発光を受けてフォトンブラッドや目の部分が光る
特別な処理が施された仮面ライダー555が限定発売されるとのこと。こちらも要チェックですな!

|

« A.G.P. 凰 鈴音 × 甲龍 | トップページ | レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ(GSC) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。