« D-Arts フシギバナ | トップページ | 今日の更新予定8/29 »

2013年8月29日 (木)

LBX ドットブラスライザー

久々のご紹介となるダンプラニューカマーは、ウォータイムの真実、グルゼオン率いるバンデットの猛攻、
所属不明のファントムの暗躍に混迷する放課後の戦場に颯爽と現れたアラタの新機体、ドットブラスライザー。

ミリタリー路線とヒーロー路線が融合したいかにも「主人公機」らしいフォルムとカラーリングに仕上げられたこの機体には
高出力戦闘形態である「ラグナロクフェイズ」への変形機構も備わっていますが、今作は一部差替えで変形を再現。
新たなる局面を迎えるWARSを牽引するに相応しい、遊び応えのある内容になっています。

 

パッケージ

1
234

パケはいつものLBX装丁となっています。
発売日=アニメ登場日なので、ネタバレなんて怖くない!

 

LBX ドットブラスライザー

567

まずは通常形態の立ち姿から。
ドットフェイサーの後継機であることも意識した、トサカや両肩のシリンダー状のパーツが目を引くフォルム。
背中の荷物はマルチギミックサックになっており、ドットフェイサー、オーヴェイン、バル・スパロスのものと
交換することも出来るようになっています。

080910

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節・膝・足首
爪先と踵の可動は変形機構によるものなので割愛。
大腿のシリンダーと腰ブロックの干渉で股関節可動に若干の制限が出ますが、概ね昨今のダンプラ標準の可動となっています。

1_2

付属品はブラストマグナム2丁、ブラストガーダー、ブラストソード・デュアルブレード用ビーム刃2種4本、
ブラストガーダー用ビームシールドエフェクト、ラグナロクフェイズ用パーツとなっています。

ラグナロクフェイズに変形する際には、頭部のみ一部差替えとなります。

2_23_24_2

通常形態で付属品使ってポージング少々。
ドットフェイサーやオーヴェインのMGSと違い、砲身やらグリップやらあれこれ差替えせずに扱えるのは嬉しい所。
ブラストガーダーのシールドエフェクトは、本体を前後分割してエフェクトを挟み込む形で固定。
ブラストソード・デュアルブレードのビーム刃は取り付け部位・取り付け向きが固定されているので
取付の際には要注意。

 

1_32_33_3
4_35_2

ラグナロクフェイズへの変形はこんな感じ。
大腿のシリンダーと脹脛のフタ開閉が、恐らく個体差で位置をキープできないくらいユルユルで
開いたり閉まったりしてますが、何卒ご容赦下さい・・・。

01_4

パックリ割れたトサカを含め、各所から覗くクリアイエローのパーツがヒーロー路線と高出力具合を演出するラグナロクフェイズ。
手首から伸びるクローは手甲部の分離が出来るので、通常手首に移植することも可能です。

2_43_44_4

ラグナロクフェイズに変形しても可動面は変わらず。
重心が通常形態よりやや後方にズレるので、立たせるときはそれを意識して姿勢を決めるか
下側の羽を接地させて安定させると宜しいかと。
手首は発光エフェクト重視型で中にポリキャップは仕込まれていませんが、一応穴は開いているので
ブラストガーダー以外の装備をさせることは可能です。

 
 
 
 

Photo

先月リリースされたハルキの新機体トライヴァインに、来月発売予定のヒカルの新機体バル・ダイバーが揃えば
新生ジェノック第一小隊が勢揃い。また、無印のベストLBXチームセット、Wのパラダイス攻略セット同様に
新生ジェノック第一小隊3機のセットパッケージもリリースされる模様。
また、ヴァイオレットデビルことガウンタ・イゼルファーを操るムラクにも新機体マグナオルタスが用意されているそうで、
まだまだWARSリリースも熱いものになりそうです。

|

« D-Arts フシギバナ | トップページ | 今日の更新予定8/29 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。