« D-Arts アルティメットアーマー | トップページ | ねんどろいど セシリア・オルコット »

2013年8月29日 (木)

Robot魂 龍星丸

ロボ魂も今週2度目のリリースとなりますが、こちらも久方ぶりのSide Mashinより「魔神英雄伝ワタル2」にて
光龍剣の力で新星龍神丸が新たなる力を得て進化した姿である龍星丸が登場。

龍王丸で得た高評価ポイントをそのまま踏襲した出来栄えに、飛龍形態への変形も可能とした、
Side Mashinのポテンシャルを存分に楽しめる内容になっています。

 

パッケージ

1_72_73_6

パケ装丁はSide Mashin準拠。概ね龍王丸と同程度の箱サイズになっています。

 

龍星丸

4_65_4

左右にピンと伸びた肩アーマーが特徴的な龍星丸。
メタリックレッドの塗装がいい味出しています。

6_47_38_2

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘・手首・股関節・膝・足首・踵・爪先
肩の前後スイングや足首の引き出し機構など、龍王丸で高評価を得た要因の一つでもある
可動への配慮はもちろん今作も備えており、こんな体型でもかなり柔軟なアクションが可能となっています。

09_210_211

差し替え手首は平手と持ち手が左右
付属品は光龍剣・飛龍形態展示用スタンドアタッチメント・戦部ワタル(龍星丸搭乗Ver)フィギュアとなっています。
付属品はいたってシンプルですが、これだけでも存分に楽しめるところが今作の魅力を示している、とも言えます。

ワタルフィギュアはこれまでの付属フィギュア同様に非可動となっています。
土台が付いたことで安定的な展示が出来るようになりました。

 

2_83_74_7

光龍剣を構えてポージング少々。
可動性の高さのおかげで、踏ん張りを利かせたポーズや両手持ち上段の構えなども難なくこなせるのが実にうれしい所。
個体差があるところだと思いますが、手首が取れやすいのがちょっと気になる所ではあります。

 

1_82_93_8
4_85_5

飛龍形態への変形はざっとこんな感じ。手首の取り外し以外は完全変形となります。
特に引っかかるところや危なげな所は有りませんでしたが、龍頭のツノ等が引っかからないように
注意したいところではあります。

0_31_92_10

飛龍形態もコンパクトにまとまっていい感じの仕上がり。
アタッチメントを腹に取り付けて魂Stage等に取り付けることで浮遊展示も可能です。

3_9

飛龍の首は根元含め4か所で可動し、口の開閉も可能となっています。
目玉もしっかり色分けされています。

 
 
 

 
 
 

Photo_3

Side Mashinとしては10月に戦王丸がリリース確定。これが売れたら他の丸魔神もリリースされるかな?
個人的には剣王龍神丸と超魔神龍神丸が欲しい所ですが、「超」に辿り着くのはいつになるやら・・・。
来月にはテスタメントガンダムとベリアルが2週に分けてリリースされますので、お忘れなく。

 

・・・KAシグニチャーにて、ネットでカルト的な謎人気を誇るMSバーザムがついに登場とのこと。
もう何が出るか分からんな、Side MS・・・。

|

« D-Arts アルティメットアーマー | トップページ | ねんどろいど セシリア・オルコット »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。