« DX超合金 VF-27γルシファー スーパーパーツセット | トップページ | Robot魂 アレクサンダ(日向アキト機) »

2013年8月22日 (木)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイド

今月のフィギュアーツは、いよいよ登場となった「仮面ライダー剣」主役、仮面ライダーブレイド。

開封後遊ぶまでにちょっとだけ手間がかかりますが、それを乗り越えれば劇中数々のシーンを再現可能なオプションパーツと
高い可動性で思いっきり楽しむことが出来るアイテムとなっています。

 

パッケージ

234

パケは作品を反映したラウズカード風の装丁。

5_267

開封したら、まずブレイラウザーのカードトレイ展開状態パーツにラウズカードのシールを貼ることになります。
絵柄面については、スペード2~13のカードについて、アンデッド封印済みでイラストと効果が記載された状態と
未封印ブランク状態を選択して貼り付けることができるようになっています。
今回は総て封印済み状態のシールを使用しています。

 

仮面ライダーブレイド

8_29

独特の形状をした頭部や全身各所のスペード意匠もしっかり再現。
ブレイバックルも細かく塗装されていますが、可動ギミックはありません。

0_212_2

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
龍騎シリーズを踏襲した関節構造になっているようで、龍騎シリーズを手に取ったことがある方には
ほぼ同じ感覚で取扱いできるかと。
肩アーマーは胴ではなく上腕側についており、腕を動かした時に不自然に跳ね上げる必要がないのは好ポイント。
左腰に取り付けるブレイラウザーホルダーも、軟質素材かつ2ヶ所で可動するので、左足可動の邪魔にならないようになっています。

3_24_2

差し替え手首は持ち手・角度付き持ち手・平手が左右にカード摘み右手
付属品はブレイラウザー・ラウザーホルダー・ラウザー突き刺し用瓦礫・カードトレイ展開パーツ・
ライトニングソニックエフェクト・スペードのラウズカード8枚となっています。
カード構成は1・2・3・4・5・6・7・9となっています。

5_46_27_3
8_39_2

付属品でポージング少々。
可動面が優秀なこともあって、ポージングに困ることはほぼないかと。
ブレイラウザーについては、トレイ開閉は差替えとなりましたがスキャナ部にカードを通すことが
出来るようになっていたり、AP部にAP初期値5000が印刷されているなど芸コマ仕様。
形状的に展開トレイパーツは中央部に負荷がかかりやすいので、抜き差しするときには要注意。

瓦礫パーツにブレイラウザー先端を突き刺すことで、必殺技発動前の構えポーズを再現可能。
ライトニングソニックは足にはめ込んで取り付け。赤い衝撃波の裏から伸びている電撃部はボールジョイント接続になっており
ある程度の表情付けも可能となっています。

 
 
 
 
 

Photo

最終形態であるキングフォームは商店売りとなってしまいましたが、ブルースペイダーの一般発売やギャレンの可能性があり
剣シリーズもそこそこに充実しそうな気配が漂っています。
そんな中、12月にアギト バーニングフォームやデルタのリリースも決まり、忘れられ気味だったところに
光が当たるようになってきた感も出て来たので、長い事出ていなかったアレやコレも来るかも・・・?

|

« DX超合金 VF-27γルシファー スーパーパーツセット | トップページ | Robot魂 アレクサンダ(日向アキト機) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。