« ねんどろいど セシリア・オルコット | トップページ | スーパーロボット超合金 真ゲッター1 »

2013年8月29日 (木)

Valiable Action Hi-Spec ジャンブー・ガラット

1年ちょっとぶりとなるヴァリアブルアクション新作のご紹介は、ダイキャストも使って質感にもこだわった
さらにハイクオリティなVAである「VAハイスペック」の第三弾、「超力ロボ ガラット」に登場する、主人公マイケルの相棒ジャンブー。

侵略異星人と戦うために巨大化したジャンブー・クルットから、純戦闘形態であるジャンブー・ガラットへの変形を
ほぼ完全変形にて再現。
VAらしい側面もありはしますが、クルット回ってガラット変わる変形を存分に楽しめる内容になっています。

 

パッケージ

1_112_123_11
4_105_7

パケは通常VAと違ってオープンボックスタイプ。
裏面にはコクピット内部の様子が透かし彫りになっています。

 

ジャンブー・クルット

K6K7

人間大サイズのジャンブーが異星人と戦うために大きくなった、ジャンブー・クルット。
ガラット時に腕になる部分が脚部となり他全体を支える、かなりトップヘビーな作りになっていますが
そのせいで股関節部(ガラットの上腕部)にかなり負荷がかかります。

このフォルムに上下反転・・・覚醒人や凱号はガラットが着想の原点なんでしょうかね?

K8K09

可動部位は肩・上腕ロール・肘二重・手首・クロー付け根・股関節・膝二重・膝下ロール・爪先
変形の都合もあって接地性はかなり厳しく、スタンドなしでのポージングは保持力が心配。

K10K11K2
K4K3K5

クルット用の付属品をまずご紹介。
差し換え表情は通常・キリッ・ニッコリ・ゲンナリの4種
付属品はバンザイ剣(収納・バージョン1・バージョン2)・コンジョウブーメラン・スタンドとなっています。
スタンド支柱は根元のボタンを両側から押すことで支柱根元の角度を変えるタイプ。短い方がクルット用で
長い方がガラット用になります。どちらもバックパックの穴に支柱のピンを刺して接続・固定します。

差し換え表情は後述の変形工程1を参考に、トサカを上げてメットを後方に動かして、お面部分を差し替えて
切り替えることになります。
手持ち武器はグリップにあるピンをクロー内側の穴に差し込んで固定します。

 

チェンジング・ガラット!

やらいでかー!ってなわけで、ここからは変形シークエンスを紹介。
ガラットで梱包されている都合もあってクルットに戻す工程が説明書で紹介されているので、
ここでは逆にクルットからガラットに変形する工程をご紹介。

0102
030405

まずはクルット上半身をガラット下半身にするまでの工程。
今回はフェイスパーツを外して見栄え重視の腰後ろパーツに差し替えていますが、クルットの顔面が
後ろから覗くのが気にならなければ、差し替えずに変形させることも可能です。
工程3で腕部を上まで持ち上げた際、後頭部と胴体を繋ぐアームが移動するレールに固定フックがあるので
両側から力をかけてガッチリ固定してやりましょう。

次の工程に移る前に、自分の個体は膝がかなりユルユルで膝から後方にスコンと倒れるほどだったので
箱から取り出したときはまず膝のテンション具合を確認するのが宜しいかと。
変形工程でも、ここで上下ひっくり返してクルット下半身をガラット上半身に変形させる工程に入り
立たせておくことになるので、膝から崩れ落ちないように取扱いには注意したいところ。

060708_2

クルット脚部をガラット腕部に変形させる工程では、肩部分の回転軸可動が真横で止まらずに
下まで落ちてしまう事があるので、肩部の取り扱いには要注意。

09_4

最後に前腕内部の手首を引き出して。肘下ロールで向きを整えてやれば腕部変形完了。
手首収納のカバーの固定がかなり固いので、特にガラットからクルットにする時には手首を外して
作業したほうがとっつきやすいと思われます。

10_411_312

続いて胴体の変形。
バックパックと胸をがばっと開き、中にあるガラット頭部を出したらクルット頭部を仕舞い込んでふたを閉める、という工程。
説明書ではガラット頭部は正面向いたまま収納するようになっていますが、自分は額の擦れが怖いので
首を180度回転させて入れています。
なお、この作業がある都合で、側頭部のツノは軟質素材製となっています。

131415

最後に胴回りのディティールを整える作業をして変形工程完了。
工程14-2で閉めるフロントスカートの固定がタイトな個体があるようなので、個人の裁量で適宜調整すると宜しいかと。

 

ジャンブー・ガラット

J1J2

コミカルロボから一点、すらっとしたフォルムの戦闘形態となったジャンブー・ガラット。
VAお家芸のメタリック塗装やガンメタリック成形の味が良く効いています。

J3J4J5

可動部位は首・肩・上腕・肘二重・手首・股関節・膝二重・足首
変形の都合で腰が非可動だったり足首があまり大きく動かなかったりしますが、
変形ギミックとの兼ね合いなので痛しかゆしと言ったところ。

J6J0J1_2

差し替え手首は平手と持ち手が左右
付属品はガラットディバイザー・ガラットジャベリン・ガラットブラスター・収納用ガラットブラスター・ガラットボンバーとなっています。
収納用ガラットブラスターとガラットボンバーはバックパック内部に取り付けておくことが出来るようになっています。
収納用ガラットブラスターは納めたまま変形させることも可能です。

J7J8J9

付属品でポージング少々。
ポージングの要となる腰と足首に難を抱えていることも有り、外連味重視のポージングは苦手ですが、
スタンドもつかってやれば大胆なポージングも可能となります。

 
 
 
 
 
 

Photo_5

昨今あまり見ない大胆な変形を魅せてくれる今作。
取扱いに慎重を期す箇所もありますが、ロボトイとしても楽しめる物となっています。

VAでは9月以降に光武・さくら機、光武・大神機・ウィンザードの予定、
VAハイスペックではキングスカッシャーが10月の予定が組まれています。
なかなかフルアクション立体化に恵まれないところを突いてくるラインナップが続くだけに、
続報にも期待したいところです。

|

« ねんどろいど セシリア・オルコット | トップページ | スーパーロボット超合金 真ゲッター1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。