« スーパーロボット超合金 真ゲッター1 | トップページ | S.H.モンスターアーツ 3式機龍 »

2013年9月12日 (木)

Metal Build ガンダムエクシアリペア

年一回3月リリースで続いていくかと思われていたところ、今年になり突如リリース速度が加速したメタルビルド。
今回のリリースは、半年前にリリースされたガンダムエクシアの、1stシーズンで大破し2ndシーズンにて
応急修理のみで再登場した姿であるエクシアリペア。
激しくも孤独な闘いを物語る幾多の傷や汚れもリアリティ溢れる塗装とディティールで再現した、
唯独りとなっても世界の確変のため戦い続けた刹那の心身の有り様を体現したような珠玉の出来。

また、ボーナスパーツとしてMBエクシアをエクシアR2にするための追加パーツがボーナスパーツとして付属しており
2品揃えることで2ndシーズン最初のエクシアと最後のエクシアを揃い踏みさせることが出来るようになっています。

 

パッケージ

123
456

パケ表面は、エクシアのものを踏襲しつつも痛みの表現を追加したデザイン。
裏面はいつものMB装丁になっています。

 

GN-001RE ガンダムエクシアリペア

78

アルヴァアロン&アルヴァトーレ・GNフラッグとの連戦で武装の大半と左腕、頭部右半分を失い大破したエクシアを
ティエレンのセンサー等で応急修理したもの、ということもあってロボでありながらも痛々しさを感じずにはいられない
ダメージ表現が全身随所にちりばめられたエクシアリペア。
本体のダメージ表現もさることながら、エクシアでは綺麗に貼られていたコーションマークのプリントも
激戦の末に擦れ剥がれた状態になっているのが、さらにリアリティを高めています。
左腕の喪失をカモフラージュするために備えられたマントはPVC成型となっています。

091011

可動部位は首二重・肩二重・右肘上ロール・右肘二重・右手首二重・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先二重
左腕が無い事以外の可動性はエクシアと同等。首付け根や肩の引き出し機構、フロンロスカート基部の引き出しによる
足可動の阻害軽減ギミックは今回も健在です。

2_23_24_2

左腕の代わりに備えられたマントは前後2パーツに分割され、かつそれぞれが三点可動により
柔軟な表情付けが可能となっています。

5_29

差し替え手首は右のみ平手・持ち手2種・角度付き持ち手
付属品は折れたGNソード・軟質アンテナ・スタンド・R2換装用パーツとなっています。
スタンドはMB恒例の頑強支柱スタンド。土台のプリントはエクシアのものにダメージ表現を加えて
殴り書きのようなRE・REPAIRが追加されたものになっています。

6_28_29_2

付属品でポージング少々。
作中での登場時間は僅かな物でしたが、それでもこの衝撃的なフォルムでの登場から、機体の状態を差し引いても
GN-X3・アヘッドとエクシアの性能差を見せつけ、そして刹那の決意の叫びと共に起動、出撃するダブルオーという流れは
2ndシーズンの幕開けを強く印象付けてくれたものです。
高い可動性と表情性豊かなマントのおかげで、表現力の高いポージングが可能なのは流石と言ったところ。

 

GN-001REII ガンダムエクシアR2

ここからはボーナスパーツを使ったR2をご紹介。
R2を組み立てるには、別途MBエクシア1体が必要になりますのでご注意ください。

R2

R2への換装にあたっては、ノーマルの状態から
肩・脛・前腕肘側のパネルの3か所を取り外す
上腕・リアスカート・サイドスカート・大腿前面・脹脛をR3パーツに交換
GNソードの刀身を改に交換
の3点を行ったうえで、本品付属のR2用肩・前腕肘側パネル・脛パーツを装着させます。

R2_2R3

2ndシーズン最終決戦にて、予備機として改修されたところに大破したダブルオーライザーから
エクシア用GNドライブを再移植して復活、リボンズが駆るOガンダムとの一騎討ちに臨んだエクシアR2。
基本武装を絞り込んだことで、スッキリサッパリした仕上がりになっています。

R4R5R6

可動性は基となるMBエクシアに準じますので、MBエクシアの記事をご参照頂ければと思います。
サイドスカートが脚部可動の邪魔になるのはいつものことなので、邪魔であればGNビームサーベルの柄は仕舞って
収納状態パーツに差し替えてしまう事をお勧めします。
タケノコがにょきっと伸びてフライホイールが露出したオーバーブーストモードは、伸縮ギミックではなく
リペア付属のオーバーブースト状態GNドライブに差し替えることで再現となります。

 
 
 
 

Photo

最後はR&R2揃い踏みで〆。
異例の1年2品かと思ったらなんと3品目が来た!ってなわけで、年末商戦の代表選手に選ばれたMBは
SEED Destinyからデスティニーガンダムを送り出すことに。
これまでの立体化とは一線を画したデザインに様々な声が上がっておりますが、これまでのMBの出来からすれば
値段相応は保障されていると見てよさそうなので、安心して年末を待つと致しましょう。

|

« スーパーロボット超合金 真ゲッター1 | トップページ | S.H.モンスターアーツ 3式機龍 »

コメント

レビュー乙です。
リペアはエクシアの中で一番好きな形態なので届くのが一層、楽しみになりました。
前回のエクシアの時に話題になっていた腰の歪みも今回はなさそうですね。

投稿: アスラ | 2013年9月12日 (木) 19時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« スーパーロボット超合金 真ゲッター1 | トップページ | S.H.モンスターアーツ 3式機龍 »