« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード インフィニティースタイル & 仮面ライダーアビス | トップページ | HGBF ビルドストライクガンダム フルパッケージ & ザクアメイジング »

2013年9月26日 (木)

メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅣ 火ノ輪

13年度上四半期のアニメ業界をいろんな意味で席巻した「革命機 ヴァルヴレイヴ」、その1stシーズン終了直前にリリースされた
3号機以来、2ndシーズン開幕直前の今になってようやくの登場となったのが、今回ご紹介するヴァルヴレイヴ4号機火ノ輪。
専属パイロットのサキちゃんが「ダサい」という理由で却下した本名に代わりカーミラと命名されたこの機体ですが、
最大の特徴である腰部背面に設置されたマルチレッグ・スパインと固有武装スピンドル・ナックルの双方のギミックを値段相応に再現。
3号機火鳴神とは違った形でボリューミーなその姿、ご覧頂ければと思います。

 

パッケージ

1_22_23_2
4_25_26_2

パケは前二作(+今月頭に発売となった1号機の搭乗者未登録版イノセント・ゼロ)同様の装丁。
今回は二期冒頭のネタバラシやVVV特有のトンデモ設定追加もなく、普通の情報が載っています。

 

RM-047 ヴァルヴレイヴⅣ号機 火ノ輪(ヒノワ)/カーミラ

78

とにかく背面のマルチレッグ・スパインが目を引く独創的な緑のフォルム。
後方過重量気味なので足だけでの自立はかなり不安定ですが、スタンドを使用しないのであれば
MLSの爪先で接地バランスを取ってやると、いい具合に姿勢補助になります。

9

MLSの背面設置はこんな感じ。腰後ろに接続ユニットが設置されて、そこに足が6本取り付けられています。
なお、基部部分は可動しません。

01_32_3

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・腰・股関節・膝二重・足首
3号機と違い肩の荷物も重くないので、本体構成及び可動については1号機と同程度となります。
首を動かす際に、大きく横に張り出した頭部センシズ・ナーヴとスピンドル・ナックルの接触には気を付けたいところ。

3_34_35_3

差し替え手首は持ち手と左可動平手
持ち手はスピンドル・ナックルを装備するためのの本機用パーツで組み立てますが、ランナーの都合で1・3号機と同じ手首も
組めるので、組み替えてやることで余ったジー・エッジやフォルド・シックルを持たせてやることも出来ます。
付属品はスピンドル・ナックル回転&射出エフェクト、脚部硬質残光噴出エフェクト、射出ナックル保持スタンド、
本体用スタンド、1/144流木野サキ(制服)フィギュアとなっています。
ジー・エッジやら何やらも無く、4号機専用の1枚ランナーにまとまったおかげで、エフェクトパーツが
ようやく待望の色付きクリア成形となりました・・・今頃かよ!

6_37_2

両肩に設置されたスピンドル・ナックルは取り外して装備可能。
背部マルチレッグ・スパインは基部と脚部の付け根と爪先の2ヶ所で可動。
価格的な都合もあって、2本1セットとなっており膝部分は曲がりません。
構造的に根本からの大改造が必要なアームストロンガー・カノン4分割と違い、パーツ構造の補助もあり
うまくやれば分割して6本独立可動も出来なくはなさそうですが・・・それでもかなりのスキルが要りそうです。

181920

エフェクトパーツ等々使ってポージング。
回転エフェクトを付けた状態でグリップに取り付けるのは本来ならグリップカバーとエフェクトの都合で無理ですが
保持力を犠牲にナナメ刺しすればなんとか可能。
スピナー部分と基部を分離し射出エフェクトを噛ませることで、射出状態での展示も可能。
射出したスピナーを保持するスタンドは、ボールジョイントで接続かつ高さの調整も可能なので、
大体のポーズに対応できるものと思われます。
MLSからの硬質残光噴出エフェクトは、爪先のクリアパーツを外してエフェクトと付け替える形で取り付け。
2本1セットでの取付となります。

 
 
 
 

Photo_2

舐めたらあかんぜよ!ってな感じで〆。
10月から2ndシーズンが開幕ということでなのか、どうやら5号機火打羽と6号機火遊もキットリリースに向けて
改めて動き出した模様。恐らく2期でカインにより再建造されるであろう2号機鉄火も、本編に露出する頃には
キット化の動きが出てくれると嬉しいところ。

それはともかくとして、さて2期そのものは果たしてどうなるやら・・・。

|

« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード インフィニティースタイル & 仮面ライダーアビス | トップページ | HGBF ビルドストライクガンダム フルパッケージ & ザクアメイジング »

コメント

レビュー乙です。
マルチレッグスパインが動かないのが残念ですが硬質残光のエフェクトや武器に色がついたようにカラーリング再現って面ではかなり進歩したような感じがしますね。
5号機の盾や6号機の森羅万象とかもクリアパーツやシールで上手く再現してくれるかもしれません。

投稿: 名無し | 2013年9月28日 (土) 13時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード インフィニティースタイル & 仮面ライダーアビス | トップページ | HGBF ビルドストライクガンダム フルパッケージ & ザクアメイジング »