« S.H.モンスターアーツ 3式機龍 | トップページ | Ultra Act ウルトラセブン(Ver2013) »

2013年9月19日 (木)

Robot魂 ベリアル

今月のロボ魂一発目は、6月のセプターに続き登場となるSide ASから、本編の最終最後に登場した
チート機体がチート機体と言って憚らない最強のAS、アマルガム大幹部ミスタAgことレナード専用機であるベリアルが
待望のリリースとなりました。

魔王の名を冠するに相応しい漆黒のフォルムを業界初立体化し、特徴的武装である長弓型兵装アイザイアン・ボーン・ボウも
ほぼ差替え無しで変形・携行可能。さらには「ラムダ・ドライバの力を使って立体的な飛行が可能」という設定から
浮遊展示用のスタンドも付属した、フルメタ最強機体の威風を存分に感じられる一品となっています。

 

パッケージ

123

パケはロボ魂としては久々なんじゃないかと思われる、一昔前なら標準のサイズとなっています。

Plan1055 ベリアル

45

黒を基調に随所の銀がキラリと光る、初立体化でありながら高品質が続くSide ASの流れを汲む良造型となっています。

678

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
造型的な都合で腰の捻りは弱いですが、前屈・反り返りはかなりのもの。
下半身も股関節可動や優秀な足首可動による高い接地性もあり、飛行ポーズも地上でのポーズもお手の物。
腕を動かす時は、胴体側の肩への張り出しと肩アーマー上面の銀塗装が擦れないように注意したいところ。

01_29

差し替え手首は平手・開き手・持ち手が左右
付属品は40mm機関砲差替えパーツ、アイザイアン・ボーン・ボウ、スタンド取付アタッチメント、スタンドとなっています。
スタンドアタッチメントは背面中央部のパネルを差替えて取り付けとなります。

本体ギミックとしては、両脇及び背面に備えられたスラスターバインダーは前後に可動するようになっています。

2_23_24_2

付属品でポージング少々。
40mm機関砲パーツは前腕装甲と差し替えで取り付け。
アイザイアン・ボーン・ボウは差替え無しで携行状態と使用状態の切り替えが可能ですが、本体内側のグリップを
握らせるために、グリップガード部を取り外すことが出来るようになっています。
付属品はシンプルですが、柔軟な可動性のおかげでポージングで十分楽しめる内容。
アーバレストやレーバテインと対峙させて、いまだ映像化されていない終盤の展開を机上再現してみるのも面白いかと。

 
 
 
 
 

Photo

今月は来週にもテスタメントガンダムがリリースされるので、こちらも忘れずに。
この先は一般売りとして、戦王丸・デスサイズヘル・飛行リーオーが月イチリリース。
その分商店から届く分がハンパない分量になるわけですが・・・。

9/19 23:00追記
2ch玩具板ロボ魂スレにて、自分の浅学不勉強故の記載に気分を害された旨の記載を拝見いたしました。
同様の感情を抱いた方が居りましたら、お詫び申し上げます。大変申し訳御座いませんでした。

|

« S.H.モンスターアーツ 3式機龍 | トップページ | Ultra Act ウルトラセブン(Ver2013) »

コメント

レビュー乙です。
薄々わかってましたがやっぱり腰の回転は弱いんですね。そこはちょっと残念ですが、エッジききまくりでかなり格好良いプロポーションですね。届くのが楽しみです。
テスタメントガンダムのレビューも楽しみにしてます。

投稿: アスラ | 2013年9月20日 (金) 16時55分

掲示板の件は知りませんが、いつも最速でレビューを拝見できて、良いと思っていますよ

投稿: バクネツマルを指摘したもの | 2013年9月20日 (金) 00時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« S.H.モンスターアーツ 3式機龍 | トップページ | Ultra Act ウルトラセブン(Ver2013) »