« MG ウイングガンダム プロトゼロ(EW) | トップページ | HGBF ガンダムX魔王 »

2013年10月26日 (土)

メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅤ 火打羽

ヴァルヴレイヴ第二期放送記念3ヶ月連続メカコレリリース第二弾は、犬塚キューマが駆る青の5号機・火打羽(ひうちば)。
防御能力に特化した特能装備「IMP」の最大の特徴となる両肩のクリア・フォッシル製大型シールドの可動や
両腕に装備したボルト・ファランクスのギミック等々、既存の機体に負けない魅力を持った機体となっています。

 

パッケージ

1_72_93_10
4_105_96_9

パケはざっとこんな感じ。作品解説はまだ1期の初出撃時のもの。もう2期始まってるんですが・・・。

 

RM-056 ヴァルヴレイヴ5号機 火打羽(ヒウチバ)

7_78_6

両肩に装着された大型シールドが独特のフォルムを作り上げている5号機。
大型シールドはフレーム・クリアフォッシル部とも一発抜き成形となっており、さりげなくバンダイのプラモ成形技術の高さを
感じさせてくれます。わざわざパッケージでもアピールする位ですし。

今回も総数108枚というメカコレVVVでは標準的なシール枚数による色分けを補助していますが、
2期にてスポンサー料獲得のため大型シールドに施されたBHロゴマークは付属しておりません。

09_210_211_2

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首
同じく両肩に大荷物を背負った2号機と同様、腕回りの可動は苦手で腰関節は単軸接続に
切り替えられていますが、両肩の引き出し関節はこちらでは健在です。

2_103_11

両肩の追加装甲から大型シールド部にかけて、肩根元から5か所の可動部で繋がり柔軟に可動するようになっています。
主砲直撃を防御したときのように、両側の大型シールドを前面に重ねて配置することも可能です。

4

差し替え手首は持ち手左右と左平手(四指可動)
付属品はボルト・ファランクス射出エフェクト2対となっています。
御覧の通り携行火器が存在しないため、持ち手は完全にランナーの余剰扱い。使い所はVVV共通武装である
フォルド・シックルを流用で持たせるときくらいでしょうかね。
エフェクトパーツは根元の部分をボルト・ファランクスのギザギザの部分にはめ込んで固定します。

567

付属品でポージング少々。
肩回しのクリアランスにちょっと厳しいところはありますが、防御型射撃機という特性からすれば十分楽しめるレベルで動いてくれます。
なお、6号機に大型シールドを片方捥ぎ取られるシーンがありましたが、肩追加装甲部とシールド部の連結は
BJ接続なので取り外しは容易。ただ捥ぎ取っても5号機以外にはグリップを自作しないと取り付けたり持たせたり出来ないんですけどね・・・。

 
 
 
 
 

Photo

来月には味方側最後の1機となる6号機火遊(ヒアソビ)がリリース予定。全身にちりばめられたセンシブ・ナーヴと
可動をどう両立させてくるかが見所の一つでしょうか。
また、イベント等で展示された1号機にインパクト・ブースターなる追加武装を大量に装備させた強化形態フル・インパクトも
リリース確定との情報があり、今後の劇中での登場の仕方も含めて期待したいところです。

|

« MG ウイングガンダム プロトゼロ(EW) | トップページ | HGBF ガンダムX魔王 »

コメント

こんばんは

kuukouと申します。
ヴァルヴレイヴの2期も始まりましたね。

劇中でも火打羽はあまり動かず、どっしり構えている印象があります。

投稿: kuukou | 2013年10月27日 (日) 22時53分

この記事へのコメントは終了しました。

« MG ウイングガンダム プロトゼロ(EW) | トップページ | HGBF ガンダムX魔王 »