« S.H.フィギュアーツ バトルホッパー | トップページ | メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅤ 火打羽 »

2013年10月25日 (金)

MG ウイングガンダム プロトゼロ(EW)

今月のMG新商品は、近年のシリーズにより唯でさえ混迷を極めるWエンドレスワルツMS開発系譜を
さらにめんどくさいことにした存在、エンドレスワルツ版ガンダムの原点となるウイングガンダム プロトゼロ。

ガンダムA連載中の「敗者達の栄光」にて、いわゆるゼロカスタムに改修される前の姿として
登場するにあたり
TV版ウイングゼロにアーリー的アレンジを施したのがこの機体。
ウイングゼロの代名詞ツインバスターライフルの分離連結やネオバード形態への変形といったギミックを備え、
遊び甲斐のある内容となっています。

 


パッケージ

1_52_63_6
4_65_56_5

パケはMG Wシリーズの共通装丁となっています。

 

XXXG-00W0 ウイングガンダム プロトゼロ

7_48_3

背中のウイング型スラスターが特徴的なシルエットを形成している点は基となったTV版ゼロと共通。
ウイング・アーリーウイングやゼロ・ゼロカスタムのような劇的変化には至っていません。

091011

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・親指付け根・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首・爪先
変形機構の都合で足首がBJ単軸接続のため地上での激しいポージングは苦手ですが、スタンド付属のおかげで
浮遊展示が可能なのでさほど気にならないかも。
全体的な可動性はまずまず良好といったところです。

2_73_76_6

本体ギミックとしては、コクピットハッチ開閉・両肩バルカン開閉・両肩アーマーのビームサーベルラック開閉を搭載。
また、ネオバード向けギミックとして、肩アーマーの青い部分から持ち上げて内蔵ブースターを
露出させるギミックや、サイドスカートの小羽可動のギミックが備わっています。

内部フレーム露出については、可動や変形の都合で大腿と膝下両側面のみにメカモールドを確認できます。

MGお約束の付属品として、1/100ヒイロのフィギュアが付属しています。

 

4_75_66_7

差替え四指は平手・銃持ち・ビームサーベル持ちが左右
付属品はツインバスターライフル・シールド・ビームサーベル2本・ビーム刃2本・付属スタンド・
付属スタンド用アタッチメント2種(MS用・ネオバード用)・別売スタンド取付アタッチメントとなっています。

7_58_49_3

付属品でポージング少々。
四指交換手首なので付け替えが面倒ですが、装備との相性は良好。
シールドは前腕のスリットにピンを差し込んで取り付け。前腕部をすっぽり覆ってしまう形になる為、
装備させると腕の可動や肩アーマーとの干渉など様々な阻害が出ます。

ツインバスターライフルは差替え無しで分離・連結が可能。
上半身の可動が優秀なこともあり、ローリングバスターや最大出力射撃のポーズも難なく取らせてやることが出来ます。

 

続いてはネオバードへの変形を紹介。

1_62_83_8

まずは装備品の準備から。
ツインバスターライフルは分割してグリップと連結ジョイントを収納し、後端のシールド接続ジョイントを引き出します。
シールドは両脇の黄色い翼パーツを開き(両側連動)、ジョイントを収納して頭部カバーを起こしておきます。

シールドには伸縮ギミックが備わっていますが、変形等に使用する必要はありません。

4_85_7

頭と腰から下を180度回転させたら、肩アーマーを一度外側にスライドさせてから下に倒します。
サイドガード部を跳ね上げておくのを忘れずに。

6_87_6

脚部の変形は、まず脹脛を開き、足首から下を180度回転、スライド機構を使って足首関節ごと
脛の中に押し込みます。
続いて、膝関節を伸ばしたら、膝関節を持ち上げるように動かしてやります。

8_59_4A

翼の変形は、まずユニット本体を開き、平坦になるようにアームを動かし、バックパック内部から引き出した
2ヶ所の可動部を使って、アームが左右でWの字を描くように位置調整します。
外側ウイングユニットにある小羽を引き出してやれば翼の変形完了。

BCD

最後に、ツインバスターライフルを取り付けたシールドを本体バックパックに取り付け、頭部カバーをかぶせてやれば
変形工程完了となります。

3_94_95_8

ネオバード形態はこんな感じ。
こちらも概ねTVゼロのネオバードと同じですが、外側に小羽が1枚増えているのが違いと言えば違いでしょうか。
腰部分にアタッチメントを使うことで付属スタンドでの展示が可能。アタッチメントを使えば別売スタンドでも展示できますが
腰関節が重量を支えきれないのが困りどころです。

 
 
 
 
 

Photo_3

これまでMG WシリーズはEW仕様もTV仕様もそこそこ並行してリリースしてきているので、
TV版ゼロもいずれ出るのでしょうかねぇ・・・?

で、忘れかけていた夢が今動き出したかのように、ついにガンダムXが待望のMG化決定。
サテライトキャノンのギミックやリフレクターの表現など気になる所は多々ありますが、今は続報を待つのみですな。

|

« S.H.フィギュアーツ バトルホッパー | トップページ | メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅤ 火打羽 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。