« 聖闘士聖衣神話 ペガサス 光牙 | トップページ | S.H.フィギュアーツ オルタナティブ・ゼロ »

2013年11月28日 (木)

G.F.F.メタルコンポジット ユニコーンガンダム2号機 バンシィ

2年の沈黙を破りサイコMk2ネオジオン仕様で唐突に今年復活したGFF。GFF系ブランドの中でも
安心と信頼に定評のあるメタルコンポジットの本年第二弾として、黒と金のユニコーン、2号機バンシィが
1号機から3年半以上の歳月を経てついに登場となりました。

1号機譲りのユニコーンモードからデストロイモードへの変形機構に加え、OVA版にて追加された
アームド・アーマーも完全変形で搭載。
プレイバリューの高さと美麗出来で迫る、秀逸な内容となっています。

 

123

金の箔押しがキラリと光るメタコン装丁。
中身は見えませんがメタコンの品質はピカイチなので特段問題ないですな。

 

RX-0-2 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ

U4U5

全身をガンメタリックな装甲で覆ったユニコーンモードからご紹介。
黒の全身に襟周りとトサカの金メッキがきらりと光る、なかなかに渋い外観となっています。

U6U7U8

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘(一応二重)・手首二重・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首
本体部分は1号機そのままなので、造形的な都合で引き出しギミックを使っても90度が限界の膝や
変形用のギミック詰め過ぎでどちらの形態でもあまり動かない足首はそのまま引き継いでいます。

U1U2U3

差し替え手首は平手・持ち手・銃持ち手が左右に、開き左手
付属品は可変アンテナ・固定アンテナ(U・D各形態用)・ビームマグナム・ハイパーバズーカ・シールド・
マグナム用カードリッジ3束(1つだけカードリッジ数調整可)・バズーカ用カードリッジ・ビーム刃2本・
シールド左腕装備用アタッチメント・シールド背面懸架用アタッチメント・スタンドとなっています。
スタンドはGFFおなじみの、土台にマシンスペックが印刷された直立補助専用となっています。

予備カードリッジのリアスカート取付・バックパックへの装備懸架・マグナム及びバズーカの
カードリッジ脱着・
バズーカの砲身伸縮といったギミックは1号機同様に備わっています。

なお、今作では両腕のアームド・アーマーの脱着を行う事は出来ません。

 

2_23_24
56

ユニコーンモードからデストロイモードへの変形、本体部分は1号機とまったく同じ。

Aa7Aa8

両腕のアームド・アーマーも完全変形。

D1_2D2

ユニコーンモードから容姿一変、サイコフレームの輝きが黒のボディに眩しいデストロイモード。

D1_3D2_2D3

変形前後で可動面に特段の変化がないのも1号機同様。

D4D5D6

付属品も使ってポージング少々。
左腕のアームド・アーマーVNは上側が根元から2ヶ所可動・下側が根元から4か所可動となっており
上下から鷲掴みにする・鉤爪状にして引き裂くのどちらの使い方も出来るようになっています。

 
 
 
 
 

Photo

久方ぶりのGFFメタコンでしたが、元が良かったアイテムのリデコ品でもあるので信頼性は十分。
大きく動かしてアクロバティックに楽しむのはロボ魂に任せて、巨躯と煌びやかさを生かしたディスプレイモデルとして
豪華に飾ってあげるのが実に宜しいかと思われます。

 

来月には、兄弟分というか枝分かれ的なブランドとしての印象が強いメタルビルドから、デスティニーガンダムが登場。
また、ガンダムの枠を飛び越えてフルメタよりレーバテイン、コードギアスからランスロット・アルビオンが登場予定だとか。
スーパーロボット系・ガンダム・バルキリー以外で出来に信頼がおける超合金ロボトイは数が少ない印象があるので、
MBの新たな展開に期待したいところですな。

|

« 聖闘士聖衣神話 ペガサス 光牙 | トップページ | S.H.フィギュアーツ オルタナティブ・ゼロ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。